【シェア読書:250冊目】人に強くなる極意(佐藤優)

【もっと”図太く”生きよう!】
元外務省主任分析官の作家・佐藤優氏が、どんな相手と対しても最高のパフォーマンスが発揮できる方法を伝授する一冊。
びびらず、ぶれず、人に強くなる極意は、最高の処世術となる。

■この本の紹介文

「あなたは、感情をコントロールできていますか?」
「あなたは、感情に流されやすいですか?」
こう聞かれたら、あなたはなんと答えますか。

 

本書は、どんな相手に対してもビビらずブレずに渡り合う、そんな人に強くなるための極意を紹介した一冊。

 

人と相対したときにどう振る舞えるかは、とても重要です。
人生の中で、一番重要といってもいいくらいに。

 

いつでもどんなときでも、自分らしく、自分のパフォーマンスを発揮する方法なんてあるのか?
そんな疑問に答えてくれるのが、この本です。

 

外国要人・日本国首相・特捜検察などに対してギリギリの交渉力を発揮してきた著者が、現代を“図太く”生き残るための処世術を伝授します。

 

◆人にもっと強くなれる!

■本がわかる!15の要約ポイント

こういう大きな時代状況の変化について、「私とは関係ないことだ」と思ってはならない。
大きな与件の変化は、一人ひとりの日常生活に必ず影響を与える。

 

びびらないためには相手や対象を知り、相手の本質や意図を見極めることが重要です。
外交の世界では「相手の内在的論理を知る」という表現をします。
相手の価値観はどのようなもので、どんな意図と論理で行動しているのか。
それがわかれば、相手が何をいおうがどんな威圧をしてこようが、冷静に対応できる。

 

びびってはいけないものとびびるべきものを仕分けるには、前提として自分の力を知っておく必要があります。

 

結局は本当のことをいわないで曖昧にする。
本音をあからさまにいわないということは、すなわち「飾る」ということにつながってくるわけです。

 

ポイントは、自分を大きく見せたい、飾りたいという意識が強い人ほど、このカラクリにすっかりはまってしまうことです。
コントロールする側が仕掛けた評価制度や競争原理によって、まるで車輪の中のモルモットのように延々と走らされ続ける。

 

約束事やルールを少なくすること、シンプルにすること。
ビジネスにおいてはそれが自分を飾らず、嘘をつかず、心地よいリズムで仕事をするための必須条件です。

 

意外にも、僕らは得意な分野でこそ躓くことが多いんじゃないでしょうか。なぜか?
得意であるということで、そこに「油断」や「侮り」が生じる。その瞬間が危ない。
思いがけない躓きや失敗にあわないためにも「侮らない力」をどうつけるかがポイントです。

 

何かに対して「ちょろい」と感じた瞬間があったら気をつけた方がいいです。
「ちょろい」っていうのはすなわち油断であり、侮りですから。

 

僕がおすすめるのは「内省ノート」です。
人から忠告や批判を受けた時、その瞬間は感情的に腹も立つし、その言葉を受け入れることが難しいでしょう。
ですが家に帰って一人になった時、ノートに相手の言葉を書き出してみる。
書き出す行為自体で事態を客観的に、冷静にとらえる準備が整います。

 

「断らない力」で膨大な仕事をこなすスーパービジネスパーソンになるために、どうしても必要なのが仕事の要領と上手な手の抜き方。
そのためには、仕事で何を求められているのか、そのポイントをつかむことが必要です。

 

たくさんの仕事をこなすうえで大切なのが、「明日できることは今日やらない」という原則に立つこと。

 

「あきらめない」という気持ちがそうした客観的な判断力を失わせ、かたくなになり、「執着」になると、自分にとって決してプラスになりません。
いまの自分の頑張り、「あきらめない」気持ちを冷静に見つめ直して、それが執着になっていないか、まずは見極めることが大切です。

 

何か目標設定をする時は、完成形がイメージできるもの、実現可能なものにすることが大切です。

 

仕事というのはつねに時間軸とセットで考えなければいけません。
1週間、1カ月の時間の流れの中で、どの仕事をいつまでにこなすか。
逆にいつから手をつければ大丈夫なのか、はっきりつかんでおくのです。

 

じっさい、現実はかなりフレキシブルなところがあります。
一つが上手くいっていなくても、別のところで補えば全体として何ら問題がないことのほうが多い。
そう考えられれば、何か不足の事態が起きても「だったらこう対応すれば何とかなる」「こうやれば取り戻せる」と柔軟に考えることができます。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【250-1】世の中の変化が、自分に与える影響を考える癖をつける

【250-2】相手の価値観・意図・論理の把握に集中する

【250-3】内省ノートを作成する

 

■ひと言まとめ

感情ではなく、理性を。

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】人に強くなる極意
【著者名】佐藤優
出版社青春出版社
【出版日】2013/10/2
オススメ度★★★☆☆
【こんな時に】明日の仕事力を磨きたいときに
【キーワード】交渉術人間関係心理学
【頁 数】216ページ
【目 次】
第1章 怒らない
第2章 びびらない
第3章 飾らない
第4章 侮らない
第5章 断らない
第6章 お金に振り回されない
第7章 あきらめない
第8章 先送りしない

 

気になったら、今すぐお手元に!

 

佐藤優さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

【仲間大募集中!】101年倶楽部
大人の学び合いの場としてのコミュニティを運営しています(^^)
『学び』をキーワードに、お互い高め合いませんか?

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る