【229冊目】ヤンキー経済(原田曜平)

b229
【次世代の消費の主役はヤンキー?】「モノを買わない若者」と言われて久しいが、その中で唯一消費旺盛な層がヤンキー層という視点が面白い。次世代の消費動向を探る一助になる一冊。

 

 

==================
■本の概要
==================
【書籍名】ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体
【著者名】原田曜平
【出版社】幻冬舎
【出版日】2014/1/30
【推薦度】★★☆☆☆
【目 次】
序章 マイルド化するヤンキー
第2章 マイルドヤンキーの成立
第3章 ヤンキー135人徹底調査
第4章 これからの消費の主役に何を売るのか
特別収録 東京都北区の残存ヤンキーに聞く

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介するのは、「消費動向」に関する一冊。

 

著者は、原田曜平さん。
博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー。若者向けマーケティングのプロ。

 

あなたへ質問です。
「最近、街中で気になる消費活動をしている人は、いますか?」

 

本書は、「さとり世代」などの流行語を生み出し著者が、若者世代(マイルドヤンキー)の消費動向を明らかにした一冊。

 

「マイルドヤンキー」というラベル貼りの是非はさておき、若者の消費動向を分析している点は、押さえておいて損はない。

 

調査の割にサンプル数が少ない気もしましたが、数を質でカバーするように綿密に議論している点は信頼を置けるのではないだろうか。

 

「給料が上がっても絶対地元を離れたくない」
「家を建ててはじめて一人前」
「スポーツカーより仲間と乗れるミニバンが最高」
など、生の声を拾いつつ、この新しい消費層へ受け入れられそうなサービスを大胆に提案している点が、面白い。

 

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
中学校時代などの少人数の地元友達とつるむ、といった点は昔のヤンキーと同じですが、パッと見では、今どきの普通の若者と大差がありません。地元のファミレスや居酒屋や仲間の家でダラダラ過ごすのが大好きです。しかし、内心ではEXILEの放つ多少のヤンキー性には憧れを持っていたりする

 

マイルドヤンキーの彼らは、「地元を出たくても出られない」のではなく、「絶対に地元を出たくない」

 

彼らは、大人数が快適に乗車することのできるミニバンを好みます。高級志向はあっても、それは車のスピードやブランド感ではなく、広さや快適さに向かっています。なぜなら、自分の大切な地元友達や家族に示すことができるホスピタリティの方が、彼らにとっては大事だからです。

 

「嘘」「約束破棄」「遅刻」「ドタキャン」「空気が読めないこと」は、マイルドヤンキーにとって最大の悪行

 

車と違って電車内は公共の場所です。視界は見知らぬ他人で埋めつくされており、空間を親しい友人同士だけで専有することはできません。マイルドヤンキーにとってそれは耐え難いものであり、電車のなかではリラックスすることができないのです。

 

「自分が好きなブランドを子供にも着せてお揃いにしたい」

 

「周囲に恥ずかしくない服を着せたい」

 

●マイルドヤンキーに受け入れられそうなビジネス
・親子おそろいの「ニコイチ・サンコイチ高級ブランド」
・車の高級チャイルドシート
・ハロウィン用の仮装グッズやパーティプラン
・高級外車のカーシェアリング
・ワンストップ型の口座管理サービス

 

==================
■実践ポイント
==================

●自分の消費行動を書き出し、同世代の友達とディスカッションしてみる

●自分の世代について、自分なりに分析してみる

 

==================
■まとめ
==================

気になることは、調べてみるべし。

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

 

ふと気付いたのですが、最近新書の紹介割合が多いですね。
特に意味はありませんが、新書がお好きでない方がいましたら、すいません(^^ゞ
さぁ、明日は速読セミナーに行ってきます!
わくわく(*^_^*)

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
b229

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る