【シェア読書:663冊目】言葉って不思議だと思いませんか?(晴香葉子)

b663

【あの発言の意味が分かる】心理学者・晴香葉子氏が、人が自然に使う33の言葉をテーマに、その言葉を発する前提や抱きがちな心理を見ていくことで、言葉は不思議な存在であることを理解することで心が軽くなる。

===================
書籍情報
===================
【書籍名】言葉って不思議だと思いませんか?
【著者名】晴香葉子
【出版社】彩雲出版
【出版日】2015/12/25
【オススメ度】★★★★☆
【こんな時に】人をもっと好きになりたいときに
【キーワード】心理学メンタルことばのチカラ人間関係
【頁 数】182ページ
【目 次】
第一章  会話の言葉
第二章  恋愛の言葉
第三章  人間関係の言葉
第四章  在り方
第五章  人生を彩る言葉

 

===================
1分間紹介文
===================

 

ちょっとした発言が引っかかっていること、ありませんか?
どうしても気になっている発言がある。そんな人にオススメな一冊。

 

著者は、晴香葉子さん。
作家・心理学者・心理コンサルタント。
テレビ、ラジオ、雑誌など、メディアでの心理解説実績多数。心理学・コミュニケーション学について、様々な角度から情報を提供している。
公式サイトはこちらをクリック

 

本書は、人が自然に使う33の言葉をテーマに、その言葉が使われる深層心理を多角的に探りながら、不確実な言葉の機能を考察することで、明日からの言葉の接し方を楽にしていく一冊

 

あなたやわたしが見ている世界は、すべて”言葉”によって成り立っています。しかし、”言葉”は人それぞれによって捉え方が違うもの。だから、誤解やトラブルを生む。この、すべてを形成しているのに、それを構成しているのは”不確実”な言葉という矛盾。

 

心理学というフィルターを通して言葉を考えることで、言葉は人それぞれで捉え方が違うんだということを改めて理解でき、合わせて、言葉は不確実だからこそ面白く人間が人間でいられるのだと思えるようになる

 

明日から、言葉に接するのがすこし楽しくなる。そんな一冊だ。

 

B663

 

===================
押さえておきたい15のポイント
===================

 

「信じているよ」
と言われたときは、
「信じていてね」
と言うよりも
「○日までにやっておくから、任せておいて」
など、具体的な行動をはっきりと示したほうが、安心してもらえます。

 

「できない」
と言われたときは、まずは
「気がすすまないのかな?」
と考えて、動機づけがアップするような言葉かけをしてみることをおすすめします。

 

忙しい人と、あわてんぼうさんの「わかった」は、ちょっと怪しいもの。
大切なポイントは、メモで添えましょうか。

 

「運命」って”さだめ”と読むこともありますが、その言葉が持ち出されるとき、決定事項ではないことが多いのです。

 

「人間関係」という言葉は、まず問題なくうまくいっているときには、あまり口にされることはありません。また、この先ほとんど関わる必要のない相手との関係においても、ほぼ使われない言葉です。

 

「もうちょっとこうしてほしいのに、してもらえない」という思いがあるときに、「人間関係」という言葉が聞かれます。
ですから、それは”相手の問題”というよりも、実は”自分自身の問題”であることも多いのです。

 

「ここだけの話」をされたら、やんわりと、その話には乗らないようにするのが賢明です。
くれぐれも、うっかりと自分の秘密を話したりもしないように!
「ここだけの話」をする人は、基本的に口が軽いです。

 

私たちが「愛」という言葉を使うとき、実は他の犠牲の上に成り立っていることも多く、「愛」というのはつまり、「My」の付くものを守るという大義を掲げての究極エゴイズムでもあるのです。

 

自分の怠け心に対して甘いところがあるので、
「続かなかった」
と言われたら、こうしたら?ああしたら?とあれこれ助言するよりも
「続いた試し、ないじゃない!」
くらい言ってみても大丈夫です。

 

「やる気出ないな〜」
と言われたら、
「まぁ、そんなときもあるよ」
と、”相手の問題”ということにしておきましょう。

 

「決められない」
と言われたら、
「私だったら、Aにするけど」
と、「私なら」の意見を示すことは有効です。
あなたの意見を聞くことで、判断がしやすくなりますし、後々あなたのせいにされることもありません。

 

「情熱」と聞くと、それだけで、つい心が動かされてしまいますが、その言葉には明確な実体がなく、何かを淡々とやり続けることができる人にとっては、必要性を感じない言葉でもあります。
「情熱」という言葉は、発する人次第。
「誰が、何を目的に使っているのか」を見極めることにしましょう。

 

「幸せ」とは、あるといえばある、ないといえばない概念ですから、その実体を明確に示さないと、いいようにはぐらかされてしまう言葉でもあるのです。

 

大切なのは、
「言葉は、相手に取りたいように取られてしまうのだ」ということを知っておくこと。
そして、
「自分も、言葉とは別の意図があって、その言葉を用いることがある」ということを知っておくこと。

 

===================
これをやってみよう!3つの実践ポイント
===================

 

【663-1】「なんでその言葉を使うんだろう?」反射的に反応する前に自分に問いかける

 

===================
今回のまとめ
===================

発せられる言葉の裏側に、本当の言葉が隠れている!

 

===================
今回紹介した本
===================

言葉って不思議だと思いませんか?

b663

晴香葉子さん、感慨深い一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

興味をお持ちいただけましたら、ぜひあなたの自身で本を体感してくださいね(^^)
少しでも参考になれたら、嬉しいです。ありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】メルマガの配信を開始しました!■
登録はこちらから
※注意※
登録は携帯アドレス以外が配信未着になりません。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る