【書評:1267冊目】最強の暗記術(本山勝寛)

【暗記の力を、人生に応用しよう!】
学びのエバンジェリスト・本山勝寛氏が、「暗記力」はすべてを制する一生モノのスキルだと提起し、あなたの暗記力を最大限に引き出していく”最強の暗記術”を解説する一冊。

■この本の紹介文

なにかを暗記する。
あなたは得意ですか?苦手ですか?

 

本書は、暗記を活用した独学で東大・ハーバード大に合格した著者が、人生のあらゆる場面で使える”汎用性の高い一生モノのスキル”である暗記力を解説する一冊。

 

暗記=試験勉強、多くの人がこうイメージされると思います。
学生時代の記憶が色濃く残っているのでしょう。

 

くり返しくり返し、英語単語を覚えていましたよね。
そう、この「くり返しくり返し」が暗記の肝です(ご存知のように)。

 

暗記を極めてきた著者は、「暗記は7回くり返そう!」と提唱しています。
これだけくり返せば、脳の長期記憶に定着するとのこと。

 

その上で、この暗記のメカニズムを、人生のあらゆる場面で活用しましょう!というのが本書のメッセージ。
仕事はもとより、座右の銘になりうる名言など、さまざまな情報を脳内に定着させることで、それが「知見」として蓄積されます。

 

すると、いざという時に引き出せる”引き出しの数”が増えていくことになります。
これは、人生を切り拓いていく上で強い武器になると著者は力説します。

 

このような「暗記のチカラ」を最大限に引き出すテクニックが、数多く収録されています。
方法がわかれば、誰でも暗記力は磨けるのです。

 

◆引き出せ、暗記力!

■本がわかる!15の要約ポイント

暗記の目的を明確にしてすることで、より効果的な暗記戦略とプランニングが可能になる。
まずは戦略と計画をしっかりと立てることが、暗記を成功させるための大事な基本なのだ。

 

一度で完璧に覚えようと、1回で暗記作業を終わるより、すぐに忘れてもよいという感覚で7回くらいを目安に何度も繰り返すほうが自然に長期記憶に残る。

 

明確な暗記目標と達成期日が設定できれば、あとは時間配分の問題だ。
7回繰り返しを実践できる計画を立てさえすればいいのだ。
計画を立て、7回繰り返せば、誰でも覚えられるはずだ。

 

暗記の際は五感をフル活用させる。
目で見て、口でしゃべって、耳で聞いて、手で書いて、イメージを想起させながら覚えると、記憶に定着しやすくなる。

 

情報化時代においては、ネットワーク上に保存されている無数の情報から、有用な情報を検索して探し出す「検索力」がより求められる武器になる。

 

暗記力を引き出しの多さに応用させることで、ビジネスや実務、様々なアウトプットに役立つ力になる。
情報化時代における新しい時代の暗記術が<暗記2.0>だ。

 

暗記と創造性と言うと、極と極のように思えるかもしれない。
だが、そうではない。
実は、暗記による基礎知識や使える情報量、引き出しの多さが、創造性を生み出す重要な材料になるのだ。

 

自分のことを暗記してもらうには、SNSを活用することだ。
暗記のパターンを応用して、SNS上での発信やつながりを行っていくと、多くの人に自分のことを覚えてもらうことが可能になる。

 

暗記においては、五感とイメージと重複がポイントだ。
SNSでも、そのことを意識してアウトプットを行う。
プロフィールには顔写真を入れたほうが覚えてもらいやすい。

 

また、SNSで人気があり、印象に残るのは、絵になるいい写真だ。
風景や食べ物の写真でもいいが、自分のことを覚えてもらうなら、自分の顔が入った写真が効果的だ。

 

偉人の生涯に焦点をあてた伝記マンガは、人生訓が凝縮した最高の教材だ。
脳に刻み込まれた偉人たちの生き様は、人生にとって大きな糧になる。

 

偉人の生涯を暗記することが役立つのは、いざ困難に直面したときや、判断に悩んだりした時だ。
偉人の生涯を思い出し、ヒントにするには「座右の銘」として短文で暗記しておくことだ。

 

自分なりの人生50年計画を持ち、それを自分で暗記するくらい強烈に脳にインプットする。
これが夢を実現する一歩だ。細かくなくてもいいから、明確に人生を区切り、50年計画を立てる。

 

それを紙に書いた後には、諳んじて話せるように暗記してみるべきだ。
その計画は、机上の空論ではなく、自分の信念となり、人生の指針となるはずだ。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1267-1】暗記は、7回繰り返すことを意識する

【1267-2】暗記のメカニズムを、SNS発信にも活用する

【1267-3】人生計画を定めて、それを暗記する

 

■ひと言まとめ

暗記は、自分を動かすプログラム。

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】最強の暗記術
【著者名】本山勝寛著者情報
出版社大和書房
【出版日】2018/7/21
オススメ度★★☆☆☆
こんな時に学ぶ力を身につけたいときに
キーワード記憶法インプット脳科学
【頁 数】216ページ
【目 次】
第1章 <暗記1.0>あらゆる試験を突破する最強の暗記術
第2章 <暗記2.0>どんなビジネスにも効く最強のアウトプット型暗記術
第3章 <暗記3.0>夢を叶える最強の長期的暗記術

 

この本が、あなたを変える!

 

本山勝寛さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1267冊目】最強の暗記術(本山勝寛)
Author Rating
21star1stargraygraygray

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る