【シェア読書:1135冊目】日本再興戦略(落合陽一)

【長き停滞から今こそ抜け出せ!】
世界が注目する科学者・落合陽一氏が、過去の繁栄・現在の停滞を検証することから、これからの日本のグランドデザインとなる「日本再興戦略」を提起する一冊。絶望せず生きよう!

■この本の紹介文

これからの日本。
どうすれば、再び熱気を帯びると思いますか?

 

本書は、風が止み空気が淀みきった日本に、ふたたび活気溢れる風を吹かせるための戦略を、気鋭の科学者がまとめ上げた一冊。

 

戦略を練る上で一番重要なことは、
過去において日本は何が機能していたのか、何が時代と合わなくなったのか
これを検証することだと著者はいいます。

 

これなら、過去の文献や情報をあたれば、おおよそできそうですよね?
そう、できることをやってこなかった結果が、いまの日本なのです。

 

このことに対する著者の”歯痒さ”が、この本から感じられます。
その上で、「ポジションを取れ!手を動かせ!」と熱いメッセージを突きつけてきます。

 

誰もが鬱屈とした生活を送りたいとは思っていません。
ならば、誰もが状況を好転させるために、考えて行動するべきなのです。

 

鬱屈とした生活は遠慮したいですよね?
この本から、好転への第一歩を踏み出しましょう。

 

◆諦めたら、そこで終了。

■本がわかる!15の要約ポイント

日本が自信を取り戻すためにまず大事なことは、「過去において日本は根本的に何がすごかったのか、何がすごくなかったのか」について我々の常識を更新しながら考えることです。

 

具体例がなく、普段、何気なく使っているくせに意味を言えない単語が我々の言葉には多すぎる。
それは、近代日本語もまた、即席作りの言語だからです。

 

これからの日本に大事なのは、いろんなコミュニティがあって、複数のコミュニティに所属しつつ、そのコミュニティを自由に変えられることです。

 

とくにこれから重要になるのが、「百姓的な」生き方です。
百の生業を成すことを目指したほうがいいのです。
そうすれば、いろんな仕事をポートフォリオマネジメントしているので、コモディティになる余地がありません。

 

日本が文化の価値を取り戻すためには、学ぶべきは江戸以前の文化です。
日本人は本質的には文化価値や職人芸を認める伝統があります。

 

「最適化を目指せる」それこそが、これからテクノロジーによって起こる社会変化の本質なのです。

 

「こんなサービスはなじめない」と言う人がいますが、頭ごなしに否定するのではなくて、むしろ「自分のマインドセットが今風ではないのではないか」と疑ったほうがいい。
そういう新しい価値観を受け入れていくほうが生きやすい。

 

今後の日本では機械化と省人化が肝なのです。

 

トークンエコノミーとは、いわば、将来価値を現在価値に転換する仕組みです。
沖縄トークンを例にすれば、「みなさんのお金を使って、沖縄をこんなふうにつくり変えて、こんなふうに経済を成長させます」という説得力のあるビジョンを描ければ、その期待に対してお金を集めることができるようになります。

 

地方自治を許容すれば、日本の未来は明るくなります。

 

●リーダー2.0時代のリーダーの条件
(1)弱さ
(2)意思決定の象徴と実務権限の象徴は別でいい
(3)後継者ではなく後発を育てる

 

これまでの常識を捨てて、新しい時代を生きるための能力を育む必要があります。
では、新しい時代に磨くべき能力とは何でしょうか。
それは、ポートフォリオマネジメントと金融的投資能力です。

 

アートを学ばないと、ものの複雑性を理解できません。
生涯教育というのであれば、アートも組み込んでいくべきでしょう。

 

運動も含めて、自らのストレスをマネジメントできるかどうかが、クリエイティビティと生産性を決定づけるのです。
残業禁止などは本質ではないのです。

 

サイエンス、テクノロジーアート、エンジニアリング、デザイン、フィロソフィー・・・人の培ってきた営みに敬意を払いながら、要素を時代に合わせて更新していく。
自分のバックグラウンドとコミュニティに対する帰属意識、そして、時代に対しての貢献があることが、文化やモチベーションといった文化的資本の原動力になるはずです。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1135-1】意味を理解していない言葉は使わない

【1135-2】ポートフォリオマネジメントを磨く

【1135-3】金融的投資能力を磨く

 

■ひと言まとめ

動いた分だけ、世界は変わる!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】日本再興戦略
【著者名】落合陽一
出版社幻冬舎
【出版日】2018/1/31
オススメ度★★★★☆
こんな時に社会貢献を考えるきっかけに
キーワード問題解決発想力決断
【頁 数】254ページ
【目 次】
はじめに なぜ今、僕は日本再興戦略を語るのか?
第1章 欧米とは何か
第2章 日本とは何か
第3章 テクノロジーは世界をどう変えるか
第4章 日本再興のグランドデザイン
第5章 政治(国防・外交・民主主義・リーダー)
第6章 教育
第7章 会社・仕事・コミュニティ
おわりに 日本再興は教育から始まる

 

この本で、あなたは変わる!

 

落合陽一さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

 

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

 

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【シェア読書:1135冊目】日本再興戦略(落合陽一)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る