【シェア読書:1102冊目】THE END OF JOBS 僕たちの20年戦略(テイラー・ピアソン)

【労働から起業への変革期】
起業家テイラー・ピアソン氏が、雇われ仕事は終焉を迎え(THE END OF JOBS)、起業家の時代が到来したと提唱する。新時代を生き残る”僕たちの20年戦略”を提示!

■この本の紹介文

起業家精神。
あなたの中にあると思いますか?

 

本書は、”仕事”の時代は終焉を迎え”起業”の時代が幕を開けたと提起し、世界を席巻する変化の波と後悔しない生き方をするための秘訣を紐解いていく一冊。

 

人類の歴史上もっとも簡単に、安全に、儲けることができる時代がきた。
インターネットの時代となり、さまざまなところでこのように言われるようになりました。

 

「そうは言っても、どうやって歩んでいけばいいの?」
この本は、こうした疑問を解き明かしながら、起業家精神の「真実」と「成功法則」を浮き上がらせていきます。

 

時代は変わったということは、肌感覚ではわかっていると思います。
しかし、変わった時代を生きていくための”精神”が圧倒的に不足していると著者は主張します。

 

”起業”の時代が到来した今、時代に即した「究極の働き方と新常識」が必要とされています。
これをこの本では、詳しく徹底的に解説しています。

 

滅びゆくモノと新しく芽吹くモノ。
客観的に時代の流れをあぶり出しながら、あなたの中に不足する「起業家精神」を活性化させるためのヒントを示していきます。

 

働き方改革が叫ばれている昨今、この本は働くすべての人が一読しておくべきでしょう。
明日から生き方が、少なくない変化を起こしはじめます。!

 

◆労働から起業へ。

■本がわかる!15の要約ポイント

”起業家的な働き方”とは、ビジネスや人、アイデア、プロセスからなるシステムを、結びつけ、創造し、発明することである。
”仕事(ジョブ)”とは、ほかの誰かがつくったシステムの通りに働くことである。

 

あなたの仕事が不当かつ不公平な形で海外に持っていかれたとしても不思議ではない。
僕はこの現実を受け入れ、状況を改善するために行動することの方が、ただ状況を傍観して嘆いているよりもはるかに有益だと思う。

 

僕たちは、今自分たちが、以前とはまったく別の世界に住んでいるということを認識しなければならない。

 

「制約条件の理論」のフレームワークを何らかのシステムに当てはめる際には、次の3つを明確にする必要がある。
(1)対象となるシステムは何か?
(2)現状の制約は何か?
(3)その制約を改善する方法は何か?
システムを隅々まで理解し、「制約」が何かを明らかにすれば、改善策を見つけやすくなる。

 

起業家意識を持って働くことは、自分の起業家精神への投資になる。
この投資は、”人生の決断”という形をとる。

 

今がこれまでで一番安泰だと思っている瞬間こそが、実は一番大きな危険にさらされている可能性が高いのだ。

 

過去に興隆した仕事にしがみつき、「煩雑系」の領域で働き続けようとする人のキャリアは、重大な危機にさらされることになる。
逆に「複合系」の領域にいる起業家にとっては、この変化は大きなチャンスになる。

 

インターネットによって、一昔前ならニッチすぎた分野も、市場として成立するようになった。

 

多くの仕事が、ソフトウェアに置き換えられようとしている。
それは、ソフトウェア側から見れば新しい市場をつくるチャンスだ。
仕事を失う側ではなく、ソフトウェアを所有する側になるという感覚でいればいいのだ。

 

参入障壁はもはや資本力でも学歴でもないということだ。
ビジネスを始めるのに必要なものは、インターネットで無料または低価格で手に入る経営資源と、ハードワークだけだ。

 

自分の金ではなく、人の金を使って学びの場を得る

 

起業には極めて重要な特性がある。
得られる利益に制限がないことだ。

 

期待値を見極めながらチャンスを体系的に追求していくことで、長期的には成功を手に入れやすくなる。

 

今日の僕たちの世代は、既得権益を持つ人たちからそれらを公平に分配してもらうことを要求する必要などなく、新しいシステムそのものをつくり出して、既存の体制から権力を奪い取ることのできるチャンスに恵まれているということだ。

 

人類史上初めて、目標の達成を目指したい、成長したいという人間の本能的な欲求と、ビジネス的な成功が一致する時代が到来した。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1102-1】安泰だと思う時こそ危機であると意識する

【1102-2】変化をしなければ生き残れないと心構えをもつ

【1102-3】期待値を頭に入れながら、選択をしていく

 

■ひと言まとめ

労働は終わり、起業が幕をあける!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】THE END OF JOBS 僕たちの20年戦略
【著者名】テイラー・ピアソン
出版社TAC出版
【出版日】2017/12/13
オススメ度★★★★☆
こんな時に明日の起業力を磨きたいときに
キーワードフリーランス稼ぐ力思考
【頁 数】324ページ
【目 次】
PART1 雇われが破たんする時代が到来した
PART2 起業家精神を持つ人だけが突出する時代が来た
PART3 起業はかつてないほど簡単になった
PART4 起業家は学歴がなくても富を手にできる
PART5 起業はかつてないほど儲かるようになった
結論 僕たちがこれから20年後、生き残るための究極の働き方とマインド

 

この本で、あなたは変わる!

 

テイラー・ピアソンさん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

 

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

 

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【シェア読書:1102冊目】THE END OF JOBS 僕たちの20年戦略(テイラー・ピアソン)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る