【シェア読書:756冊目】自分を操る超集中力(DaiGo)

【集中力は操れる!】メンタリスト・DaiGo氏が、あなたの集中力を劇的にアップさせる、特に即効性の高い18の方法を紹介。自分を自在に操り、必要なときに集中力を発揮できる一生モノの武器を受け取ろう!

===================
1分間紹介文
===================

 

「よし!集中してやるぞ!!」
・・・(数分後)、ギブアップ。。。
こんなことを、もしあなたがくり返しているのなら、とても役立つ一冊。

 

著者は、DaiGoさん。
人の心を読み、操る技術“メンタリズム”を駆使する日本唯一のメンタリスト。
テレビ番組への出演多数。外資系企業の研修やコンサル、教育誌への連載なども手掛けている。
オフィシャルサイト

 

本書は、著者の実体験と最新の研究結果をもとに、自分の心を操る「行動と集中力の絶対法則」を紹介した一冊。集中力は生まれながらの才能ではなく、トレーニングすることで誰でも強化できることを知る

 

誰もが欲する”集中力”を高める方法を、食事・睡眠・場所・運動・時間など、著者が日々実践しているなかで即効性の高い18のメンタリズムとして公開している。それぞれに、すぐに実践できる「知識」やすぐに効果が現れる「ワーク」を収録し、読者がその効果を実感しやすい構成になっている点は秀逸。

 

集中力が高い状態の自分の姿を、あなたは知っているはずだ。
あの自分を、いつでも引き出せる方法が本書には書かれている。

 

集中力が、気まぐれに現れるのを待つか?
集中力が、いつでも必要なときに発揮できる術を身につけるか?
あなたはどちらを選択するだろうか。

 

集中力は、人生すら思い通りにコントロールできる一生モノの武器である
ぜひこの機会に、集中力を高める方法を習得したい。

 

B756

 

===================
本のエッセンスがわかる15のポイント
===================

 

後ろ向きになる必要も、不安がることもありません。集中力のある人、ない人の差は、その仕組みを知り、トレーニングを積んでいるかどうかの違いだけです。

 

集中力が湧き出す泉は、あなたの額から2〜3センチ奥、前頭葉にあります。
(略)
私たちは進化の過程で前頭葉を大きくし、他の動物にはない力を獲得しました。それが思考や感情をコントロールする力です。
この力は「ウィルパワー」と呼ばれています。

 

集中力の高め方は、
「①ウィルパワーを増やす」
「②ウィルパワーを節約する」
の2通りしかない。

 

●集中力を操る7つのエンジン
・場所
・姿勢
・食事
・感情
・習慣
・運動
・瞑想

 

集中したい対象以外、「なにもない場所」をつくることで自然と集中力は高まり、勉強も仕事も捗っていきます。

 

姿勢が良くなると、前頭葉の機能が活性化される効果があります。

 

低GI食品を3度の食事にうまく盛り込み、血糖値の変動をおだやかな状態に保ちつつ、ウィルパワーの燃料であるブドウ糖を脳へ送り届けること。これが集中力を高める食事の基本となります。

 

どうすれば集中力を高める「習慣」が身につくのか?
コツは、判断や決断を減らすこと。つまり、ウィルパワーをなるべく使わずに判断や決断ができる「仕組み」をつくることにあります。

 

「集中する」とは、何か1つにフォーカスすることです。集中しようと思うよりも、「他のことをしない」。これが集中力を上げる一番の方法です。

 

●セロトニンを増やす習慣
1.青魚、バナナ、卵、鶏肉、ひじき等の食品を摂る
2.午前中に陽の光を浴びる
3.リズム運動(階段昇降やスクワットなど)
4.「笑う」「泣く」などの豊かな感情表現
5.音読法

 

目の疲れを取ることで、集中力を取り戻すことができる

 

自分の不安な気持ちを書き出すことには頭のなかをスッキリさせ、集中力を高める働きがあるのです。

 

●集中力を自動でつくり出す5つの時間術
・超早起き
・ポモドーロ・テクニック
・ウルトラディアンリズム
・アイ・ビーリー・メソッド
・スケジュールに余白をつくる

 

集中力を存分に活用した1日の使い方は、次の3つのステップです。
・朝はインプットの時間
・昼はアウトプットの時間
・夜は復習し、定着させる時間
以上です。これを毎日くり返し、仕組み化していきましょう。

 

「今日もしっかり怠けた」という実感が得られ、「また明日もがんばろう」と気持ちを切り替えることができます。つまり、あえてサボる時間をつくり、リラックスする習慣を持つことで、結果的に翌日以降の集中力を高めることができるわけです。

 

===================
これをやってみよう!3つの実践ポイント
===================

 

【756-1】集中するときは環境つくりにこだわる

 

【756-2】目をリフレッシュする時間を予定に組み込む

 

【756-3】自分の「不」の感情を、週に1回書き出す

 

===================
今回のまとめ
===================

仕組みを知れば、集中力はコントロールできる!

 

===================
本日紹介した書籍情報
===================
【書籍名】自分を操る超集中力
【著者名】DaiGo
【出版社】かんき出版
【出版日】2016/5/31
オススメ度★★★★☆
【こんな時に】自分を変えたいと思ったときに
【キーワード】メンタル行動科学習慣術
【頁 数】256ページ
【目 次】
第1章 集中力を自在に操る3つのルール
第2章 高い集中力を生み出す7つのエンジン
第3章 疲れをリセットする3つの回復法
第4章 集中力を自動でつくり出す時間術

 

気になった時が読むとき!
b756

 

DaiGoさん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】メルマガの配信を開始しました!■
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力をお願いします。
携帯アドレスだと届かないことがございます。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る