【週刊】書評アクセスランキング(2017.06.05〜2017.06.11)

書評ブログ「Share読書.Com」で、現在公開している書評記事は994冊を突破。この一週間で、もっとも読まれた10冊をランキングで紹介します!今週の第1位は『多動力(堀江貴文)』が獲得しました。

■今週のアクセストップ10

第1位:多動力(堀江貴文)
第2位:2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方(藤野貴教)
第3位:傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考(枡野俊明)
第4位:マンガでわかる グーグルのマインドフルネス革命(方喰正彰)
第5位:100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減(高橋幸枝)
第6位:1日10分「じぶん会議」のすすめ(鈴木進介)
第7位:「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(汐街コナ)
第8位:語彙力がないまま社会人になってしまった人へ(山口謠司)
第9位:「いまの説明、わかりやすいね!」と言われるコツ(浅田すぐる)
第10位:ルール・オブ・スリー(高田圭悟)

 

■トップ10のご紹介

■第1位:
多動力(堀江貴文)

【肩書きを掛け合わせるほど価値は上がる!】
実業家・堀江貴文氏が、この時代に必須のスキルを、「多動力」というキーワードで提示する。業界・業種の間を軽やかに飛び越え、多数の仕事を同時に動かす働き方とは?
<紹介記事>
【シェア読書:991冊目】多動力(堀江貴文)

 

■第2位:
2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方(藤野貴教)

【人工知能時代の処世訓】
働きごこち研究所代表・藤野貴教氏が、加速し始めた人工知能時代を生きるあなたへ、2020年に向けて考えるべき”幸せな働き方”を提案する一冊。AIで何が変わり何が変わらないのか?
<紹介記事>
【シェア読書:990冊目】2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方(藤野貴教)

 

■第3位:
傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考(枡野俊明)

【禅即行動で、図太くなれる!】
曹洞宗徳雄山建功寺住職・枡野俊明氏が、無神経でも図々しくもない、たくましく、おおらかな、真の「図太さ」が身につく禅思考を紹介する。誰でも実践できる行動で図太くなれる。
<紹介記事>
【シェア読書:978冊目】傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考(枡野俊明)

 

■第4位:
マンガでわかる グーグルのマインドフルネス革命(方喰正彰)

【どうやればいいのか?がわかる!】
ビジネスコンサルタント・方喰正彰氏が、話題の「マインドフルネス」について、どういうものでどのように日常生活に活かせるのかを、マンガ形式でイメージしやすく解説する。
<紹介記事>
【シェア読書:987冊目】マンガでわかる グーグルのマインドフルネス革命(方喰正彰)

 

■第5位:
100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減(高橋幸枝)

【100年のときが紡ぐ言葉】
精神科医・高橋幸枝氏が、生きることは、匙加減を見極めていく営みであると語りかける。100歳になった人が辿りついたこころの匙加減に触れることで、あなたのこころは癒される。
<紹介記事>
【シェア読書:822冊目】100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減(高橋幸枝)

 

■第6位:
1日10分「じぶん会議」のすすめ(鈴木進介)

【1日10分の人生革命!】
思考の整理家・鈴木進介氏が、自分と向き合い思考を整理する1日10分の「じぶん会議」をすすめる。じぶん会議を開催し、頭の中のノイズを除去することで、仕事も人生も劇的に変わる!
<紹介記事>
【シェア読書:937冊目】1日10分 「じぶん会議」のすすめ(鈴木進介)

 

■第7位:
「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(汐街コナ)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る