【書評:1489冊目】金運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい(丸井章夫)

【神さまと交換ノートをしよう!】
運命カウンセラー・丸井章夫氏が、『金運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい』と題して、ノートに自分の才能や夢を書き出し、金運を引き寄せる方法を解説する一冊。

■書籍の紹介文

あなたはいつまでにいくら欲しいですか?
この質問にパッと答えられるでしょうか。

 

本書は、3つのメモをノートに書き出すことで金運は引き寄せられると提起し、ガイドに従ってノートに書き出すことで金運を引き寄せる方法を解説する一冊。

 

冒頭の質問に、パッと答えられたでしょうか。
答えられなかったのであれば、紹介されている方法は大きな力を発揮することでしょう。

 

「お金にこだわる人は卑しい」
「お金儲けをしている人は裏でズルをしている」
「お金は汗水流して苦労しないとやってこない」

 

わたし達日本人は、お金に対してネガティブな意識をもつ人の割合が多いです。
しかも、お金の良い面すらみようとしないくらい、強力な”感情のブロック”がかかっている人も少なくありません。

 

ところが、こうした状態にも関わらず、金運アップを願ったりお金を欲したりする人もまた、非常に多くいるのです。
まさに、ブレーキを全力で踏みながら、アクセルも踏み込んでいる状態です。

 

これでは、金運も近づきたくても近づけずに去っていってしまいます。
この状況を打破するためには、3つのメモをノートに書き出すだけでできますよ、と提唱するのが本書です。

 

「ドリームメモ」「ギフトメモ」「ソリューションメモ」の3つをノートにくり返しくり返し書き出す。
これによって、つぎの3つの効果が得られます。
(1)お金に対する”感情のブロック”が外れる
(2)自己肯定感が高まる
(3)自分の才能を発掘できる

 

メモの書き方もとても平易で、専門的に学ぶ必要のあるテクニックはなにもありません。
本書のガイドに沿って、1日目、2日目…、と夏休みの宿題のように進めていくだけです。

 

書き出す効果と占いなどの精神的効果が、とてもうまく融合した方法だと感じました。
ノートが完成したら、お参りに行きたくなる、そんな一冊です。

 

◆神さまは、あなたのノートを待っている!

金運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい
丸井章夫 サンライズパブリッシング 2019-8-7
売上ランキング(公開時):31,054
Amazon

■【要約】15個の抜粋ポイント

お金が素晴らしいものだと盲信せず、また、必要以上に見下しもせず、お金は「優れた交換機能をもった便利なツール」であると客観的に認識することが、お金とフラットな関係を築くことになるでしょう。

 

どんな過去だったかにまったく関係なく、人は自分の意志で、自分の好きなように「現在=今」をコントロールできるのです。

 

なぜ、ノートを書くとみるみる運がよくなるのかというと、実は、願い事を決めたら「願望脳」にスイッチが入るからです。
古今東西のお金持ち達は、この仕組みに気づいて実践したからこそ、お金が湯水のように入ってきたのです。
その仕組みとは、
「ノートに願い事を書く」
 ↓
「それを意識し始める」
 ↓
「これまで見えなかったものが見えてくる」
というものです。

 

早速ノートを取り出して、
「お金にまつわる不都合を書き出す」
「100個の好きを書き出してみる」
この2つのことにトライしましょう。

 

「人間の成功はセルフイメージですべて決まる」

 

●ドリームメモ
1日目:欲しい金額を具体的に、期限付きで書く
2日目:何のためにそのお金が欲しいのかを書く
3日目:お金持ちや金運がいい友達の名前を5人書く
4日目:そのお金を稼ぐための詳細な計画を書く
5日目:障害になるものをできるだけ詳しく書く
6日目:願い事は「三方よし」で書く
7日目:ノートで神社参拝をしてご利益を得る

 

人はよくも悪くも、自分がイメージできることしか実現できません。

 

自分の願いとは、人の失敗や競争の上に成り立つものではなく、自分の心が純粋にこうなりたいというものです。
だから、不純物が混ざった願い事は叶わないのです。

 

お金の入出金だけでなく、人やモノについても振り返ってみることをお勧めします。
どの時期に、誰と知り合って何をしたか。
どの時期に、何を買ったか。
「人・モノ・カネ」は基本的に「財」と考えて間違いありません。

 

毎日書くというと大変に思うかもしれませんが、書くことは何でもOKです。
願い事を繰り返し書くのも効果的ですし、そのとき思いついたこと、ひらめいたアイデア、不安に思っていること、不満なことなど何でも。
それは、一日3行でもかまいません。
とにかく大事なのは、書き続けることです。

 

願い事を早く叶えるためには、具体的な行動をとっていくことにプラスして、ひとつの願いにつき、毎日15回ノートに書くことをお勧めしています。

 

これはノートを書く秘訣ではありませんが、「ノートに書いた内容を、みだりに話さない」というのも大事なポイントです。

 

●7つの天国言葉
「ついている」
「嬉しい」
「楽しい」
「幸せ」
「許します」
「愛しています」
「感謝しています」

 

人生は、自分の「好き」を自由に追求するためにあります。

 

お金の価値を決めるのは、あなた自身。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1489-1】お金にまつわる不都合を書き出す

【1489-2】100個の好きを書き出す

【1489-3】ドリームメモから3つのノートを作成する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】金運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい
【著者名】丸井章夫著者情報
出版社サンライズパブリッシング
【出版日】2019/8/7
オススメ度★★★☆☆
こんな時に自分を見つめ直したいときに
キーワード引き寄せ自己対話ことばのチカラ
【頁 数】236ページ
【目 次】
第1章 ノートを書くだけで、金運がアップする秘密
第2章 「ドリームメモ」で金運を呼び寄せる
第3章 「ギフトメモ」で才能を発掘&開花させる
第4章 願いがみるみる叶うノートの書き方7つの約束
第5章 金運がアップし続ける人の7つの習慣

 

この本が、あなたを変える!

金運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい
丸井章夫 サンライズパブリッシング 2019-8-7
売上ランキング(公開時):31,054
Amazon

丸井章夫さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1489冊目】金運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい(丸井章夫)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る