【127冊目】1歩を踏み出す50のコトバ(吉岡秀人)

b127

”傍観者ではなく、プレイヤーになることで、楽しさ1000倍!”TBS『情熱大陸』が大反響のドクターが送る、人生を楽しむコトバ集!!







==================
■本の概要
==================
【書籍名】1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ
【著者名】吉岡秀人
【出版社】すばる舎
【出版日】2012/11/21
【推薦度】★★☆☆☆
【目 次】
PROLOGUE
CHAPTER1 STEP01→STEP10
CHAPTER2 STEP11→STEP20
CHAPTER3 STEP21→STEP30
CHAPTER4 STEP31→STEP40
CHAPTER5 STEP41→STEP50
EPILOGUE

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

本日ご紹介するのは、「後悔しないための人生の歩み方」に関する一冊。

著者は、吉岡秀人さん。
単身ミャンマーに飛び、そこを皮きりに、東南アジアを中心に海外での無償医療活動に従事されているドクターであり、ジャパンハート の代表も務められています。

本書は、自らの経験の中で得てきた様々な教訓をまとめたものです。

単身で飛び込み自らの道を切り拓いてきた著者が、その途中にいかに数々のコトバに支えられてきたがひしひしと伝わる一冊です。

いつの時代も『コトバは人を強くする』ということを再確認しました。

困難に立ち向かうとき、自分には無理と思えるような壁にぶつかったとき、ふと目にすると熱が戻ってくる、そんなコトバばかりが厳選されていて、オススメ!!

諦めて後悔することがない人生を送るために、是非お読みになってください。

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
人生は観客でいるより、プレイヤーになったほうが楽しい。他人が敷いたレールを歩くよりも、自分でレールをつくって歩いたほうがエキサイティングだ。

 
行動こそが、不安への良薬だ。【ジョーン・バエズ(歌手・作詞家)】

 
人間は「あれも、これも」と選ぶ癖がある。「これも、あれも、それも」と、この条件を全部満たしているものと。僕は常に、一番欲しいものだけにフォーカスして選んできた。あとのものは、とにかく削ぎ落としてきた。

 
自分を変えたかった、自分を豊かにしたかったの。それ以外にはもう何もいらなかったわ。男も、お金も、愛も。欲しかったのは演技力だけ(マリリン・モンロー(女優))

 
「やりきった」と思った瞬間が、その場所を離れる時期

 
動けば、次のものが自然と目に入ってくる。

 
人は、成功体験があると努力する。成功体験がないと、努力も何もしなくなる。成功体験をするかどうかは、弾をどれだけ撃ったかにかかっている。

 
成功だけにフォーカスすることで、失敗は成功への糧になる。

 
わたしは天才ではありません。ただ、人より長くひとつのこととつき合ってきただけです(アインシュタイン(物理学者))

 
非効率でもいいから、質の高いもの。人生の質を上げられるかどうかは、その過程にかかっている。

 
歳を取って、自分のまわりに若い人がいないという人がいる。なぜかというと、彼には若い人に与えるべきものがないからだ。

 

==================
■実践ポイント
==================

●自分が一番欲しいものフォーカスすること、そして、それ以外は可能な限り削ぎ落とすこと

●行動することで、様々な視点が得られると心得ること

●違う世代から声がかかる存在であるか、定期的に周りを見渡してみる

 

==================
■まとめ
==================

あなたが今立っているその場所。昨日と同じではありませんか?

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

師走に入っていかがお過ごしですか?
寒さは増してきましたが、街が華やかに装飾されて気分はルンルンです♪
クリスマス飾りをそろそろ部屋しないとな~と思いました(笑)

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る