【シェア読書:815冊目】ゼロから1を生む思考法(中尾政之)

【発想を変える16のスイッチ】
東大工学部教授・中尾政之氏が、アイデアの出し方・情報の整理法・問題解決の技術など、思考を変える方法を指南。読み終わる頃、あなたはゼロから1を自在に生む楽しさの虜になる!

==================
1分間紹介文
==================

いつも現状を打破しようと必死に考えている。
なのに、出てくる考えはいつも似たり寄ったり…。
こんな悩みを感じているときに、本書を開きたい。

 

著者は、中尾政之さん。
東京大学大学院工学系研究科教授・博士(工学)。
「失敗学」「創造学」のエキスパートとして企業研修やテレビ、新聞などのメディアでも活躍している。

 

本書は、あなたが”ゼロから1を生む”ような新しい変化を起こせるようになる、「思考モード」を変える16の方法を紹介した一冊

 

【発散思考】
【連想ゲーム思考】
【ビジュアライズ思考】
【マイスター思考】
【デザイナー思考】
【Why not思考】
【1対1対応思考】
【抽象化思考】
あなたは、これらの思考方法を学びます。

 

学んだ上で、どう考え、どう発想すれば、「ゼロから1」を生み出せるようになるのかを、失敗学と創造学のエキスパートであり著者が、指南する。

 

目の前に解決すべき問題がないとムズムズする。
そんな状態に、あなたはこれからなる。

b816

==================
本がわかる!15の要約ポイント
==================

日本では、未だに「いい大学に入り、いい会社に入れば勝ち組」という考え方

 

現代のように、チームを組んで開発分野で世界に抜きん出た商品を作ることや、世界中のビジネスパーソンを相手に交渉したりするとなると、コミュニケーション能力も必要

 

一つの仕事を追っている最中も、あちこちへ思考を飛ばし“脱線”するところから、たくさんのアイデアを生み出す

 

私たちは学校のテストによって「答えは一つ」と叩き込まれている。
その制約を超え「答えが一つであるかのような問題」に、たくさんの答えを想像してみる

 

「効率」を度外視して、とにかく試行錯誤を繰り返すこと。
「これではダメだ」と悩んだり、やり直したりした経験が、思考力を鍛える

 

本来、学問・研究という分野は、誰も解けなかった問題を解いた人間が成功者になる世界

 

新しい挑戦のほとんどは失敗する。
それでも、さらに行動し、また失敗する。
そうして失敗を繰り返すことのできた人間だけが、後に成功者と呼ばれるようになる

 

論理的つながりはまったく無視して、直観的に思考をジャンプアップさせる

 

石ころ一つからでも、さまざまな連想が浮かんでくる。
こうして、一つの物事に様々な「連想ゲーム」を楽しみながら、常に仕事上の課題や、決断すべき事柄を頭の片隅に置いておく

 

普段から様々な連想をしていれば、閃きは唐突に訪れるはず

 

本を読んだり、成功者の話を聞いたりして、勉強し“先人の脳の動き”を自分の脳に「コピー」することが大事

 

五感を使った“体験”を伴いながらインプットすること

 

困って頭が真っ白になるくらい考え尽くした状況にならないと、脳は活性化しない。
普段は、いつも使う記憶だけが出てくる。
困って初めて、それより深層にある記憶が掘り起こせる

 

ヘンリー・フォードは「顧客に何を望むかを尋ねれば、もっと速い馬車が欲しいと答えただろう」と述べている。
自動車が無ければ「自動車が欲しい」と思う人はいない

 

日本は現在、低迷に真っ最中
だが、その流れは、一人一人の思考で、変えられるはず

 

==================
これをやろう!3つの実践ポイント
==================

【815-1】「答えが一つであるかのような問題」に、たくさんの答えを想像してみる

【815-2】お題を決めて「連想ゲーム」を行う

【815-3】”先人の脳の動きをコピー”するという視点で読書する

 

==================
今回のまとめ
==================

もう一歩、深く考えてみよう!

 

==================
本日紹介した書籍情報
==================
【書籍名】ゼロから1を生む思考法
【著者名】中尾政之
出版社三笠書房
【出版日】2016/8/24
オススメ度★★☆☆☆
【こんな時に】考える力を身につけたいときに
【キーワード】発想力問題解決アイデア
【頁 数】237ページ
【目 次】
1章 アイデアを“四方八方”に飛ばせ
2章 「新しいものを生む」発想のヒント
3章 もっと頭の中に「絵」を描こう
4章 成功は、「シンプルな疑問」から始まる
5章 できる人は、「ゼロベース」で考える

 

気になったら、今すぐお手元に!
b816

 

中尾政之さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】
メルマガの配信を開始しました!■

登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る