【書評:1294冊目】ゼロイチ起業(深作浩一郎)

【0を1にすることに命をかけろ!】
ゼロイチ起業家・深作浩一郎氏が、現状を打破したいなら「100人に好かれるコミュニティ」を作ることだと提起し、スモールコミュニティを構築する実用的方法を解説する一冊。

■この本の紹介文

自分にとっての理想郷。
そこには、どんな光景が広がっていますか?

 

本書は、「ゼロ」から始めて確実に「イチ」になる方法を確立することこそ起業の要諦だと指摘し、その基礎となるスモールコミュニティの構築方法を解説する一冊。

 

自分のことを信頼し好いてくれる人が100人いれば、起業して自分の望むように生きられる
自己啓発や起業関連本で、たびたび目にする表現です。

 

少なくても、この表現が意味するところは真実なのでしょう。
多くの人が言葉にして文章にして語っているわけですから。

 

はたして、それを自分がどう実現していくのか。
ここが、あたり前にしてほとんどの人が挫折してしまう大きな壁です。

 

著者は、この挫折理由を「情報に踊らされて、いきなり0→100を目指すからだ」と端的に指摘します。
確かに、ゼロの状態からいきなり100になるなんて、宝くじに当選するようなものだと想像できます。

 

そうではなく、「ゼロ」から「イチ」にする方法の構築こそが成功への決め手だと著者は語ります。
その上で、この「ゼロイチ」の構築さえきちんとできれば、さまざまな展開が可能だと示していきます。

 

あなたが「ゼロイチ」構築のために何をやるべきかは、順を追って、1つ1つ丁寧にまとめ上げています。
”マニュアル”と呼んでもいいほど、再現性を意識して書かれています。

 

ただし、1つだけ注意が必要です。
それは、あなたの『覚悟』次第でこの本の価値は、0にも100にもなり得るということです。

 

やり方は書いてありますが、答えは書いてありません。
やり方は書いてありますが、やるのは自分自身です。

 

起業・複業ブームの昨今。
その『覚悟』が試される一冊だと思います。

 

◆”ゼロからイチへ”産みの苦しみ。

■本がわかる!15の要約ポイント

まずは、ゼロに戻りましょう。
つまり、過去の自分を捨てることから始めようということなのです。

 

「月収150万円」が「ゼロイチ起業」の目指すべき数値目標です。

 

●「ゼロイチ起業」10の鉄則
鉄則1:設備投資は原則禁止
鉄則2:変動費も限りなくゼロにする
鉄則3:会議費・交際費はいらない
鉄則4:成果報告で講師に覚えてもらう
鉄則5:自分だけの実績づくりをする
鉄則6:スマホ、インターネット、パソコンの知識に精通する
鉄則7:アフィリエイトビジネスで修行する
鉄則8:アフィリエイターになってはいけない
鉄則9:「誰もあなたの意見に興味はない」ことを前提に
鉄則10:自分の知識・技術を売る

 

●勝ち続けるビジネスの必要条件
①利益率が高い
②在庫がいらない
③継続的に収入がある
④初期費用がかからない

 

「ゼロイチ起業」の第一歩として、まず初月月商3万円を目指してください。
3万円を達成する具体的な手法は、ここでは問題にしません。
アフィリエイトでもなんでも結構です。

 

誰もが知っているような知識や技術、ノウハウなどは高い値段では売れないかもしれません。
それでも、「いまさら聞けない◯◯の知識1000」だったらどうでしょうか。
それが3000円で買えるとしたら、ひとつひとつの知識はたった3円で手に入るのです。

 

ほかの誰かではなく、あなただけのテーマ、あなただけの世界を広げていくのがブログの役割です。
しかも、あなたが伝えたいことではなく、読者が知りたいこと、読者の役に立つことを記事として書いていってください。

 

メルマガで最も大切なことは、
・読者さんを集めること
・稼げる文章を書けること
というシンプルなふたつのことです。

 

自分が自ら選択し、所属するスモールコミュニティこそ、自分が唯一信じられる最も大切で最も安全で最も快適な世界に違いありません。
あなたには、そのスモールコミュニティのリーダーになることで、あなただけの新しいビジネスを作り上げていただきたいのです。

 

コミュニティを核にした、新時代のビジネスの第1の条件は、限られたパイを奪いあうのではなく、新しいパイを焼くこと。

 

ひとつだけ心がけているのは、ビジネスのときも、遊びのときも、テンションが変わらない等身大の自分でいることです。

 

ある専門分野に一番精通している人が「これオススメだよ」と言ったら、たぶん買ってくれるでしょう。
そういう関係になるための自分の価値観と相手の価値観のすりあわせとか信頼を日々積み重ねていくこと。
それがメルマガや動画、セミナーで僕がやっていることなのです。

 

それ以上できないくらい極端なことをしてみると、自分にとって一番心地良いことがわかってくる。

 

最初に仕事があるのではなく、最初に遊びがあるのも「ゼロイチ」の鉄則のひとつです。

 

変わっていける方と変わっていけない人の違い。
第1に、自分がどうなりたいかという未来像を作れているかどうか。
第2に、正しく指導してくれるか、背中を見せてくれるか、どちらかの先生を見つけられるかどうか。
そして第3として、素直に聞いて実行できるかどうか
この3つができれば成果は必ず出るはずなんです。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1294-1】自分がどうなりたいかという未来像を作る

【1294-2】未来像を実現するの先生を見つける

【1294-3】教えやアドバイスは素直に実行する

 

■ひと言まとめ

1を積み上げ続けることが、万にも千万にもなる!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】ゼロイチ起業
【著者名】深作浩一郎著者情報
出版社サンライズパブリッシング
【出版日】2018/9/27
オススメ度★★★☆☆
こんな時に稼ぐ力を身につけたいときに
キーワードフリーランス稼ぐ力決断
【頁 数】217ページ
【目 次】
第0章 すべてはゼロから始まる
第1章 「ゼロイチ起業」で年収2000万円に到達するための基本鉄則10
第2章 年収2000万円ビジネスへの具体的10ステップ
第3章 「100人に好かれるコミュニティ」が作る新しいビジネスのカタチ
第4章 背中を見せると濃い100人がついてくる
第5章 世界を旅しながら働いた1年間の記録

 

この本が、あなたを変える!

 

深作浩一郎さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1294冊目】ゼロイチ起業(深作浩一郎)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る