【書評:046冊目】しつもんマーケティング(マツダミヒロ)

【質問が、ファンを育てる!】
質問家・マツダミヒロ氏が、『しつもんマーケティング』と題して、あなたのファンが1000人に増える5ステップを説きながら、仕事に人生に活きる、さまざまな質問を投げかける一冊。

■書籍の紹介文

あなたのファン。
何人いますか?

 

本書は、『あなたのファンが1,000人いれば一生食うに困らない』と提起し、それを実現するのに役立つ、さまざまな質問を投げかける一冊。

 

ブログを開設したけどアクセスが増えない…。
起業したけどお客さまが増えない…。
人付き合いが苦手な自分が嫌い…。
たくさんの悩みを抱えながら、人は生きています。

 

こうした悩みを、「質問の力」を使って解決していく。
それが本書のコンセプトです。

 

質問にはどんな効果があるのか。
質問をどう投げかければいいのか。
質問に対する答えをどう捉えればいいのか。

 

あなたを、”質問の世界”へとどっぷりと引きずり込みます。
問いが変われば人生が変わる、そんな風に思える一冊です。

 

ビジネスがテーマですが、その応用範囲は無限です。
しつもんの力を身につけましょう!

 

◆質問が、道をひらく。

しつもんマーケティング
マツダミヒロ 角川学芸出版 2013-6-22
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】14個の抜粋ポイント

●ファンとは
⇒ファンをつくることが、マーケティングの真の目的
⇒ファンが1000人いたら、あなたは一生食べていくのに困らない
⇒自分のファンは、商品がなくても、独立する前にもつくれる

 

●ファンづくりで大切な7つの法則
(1)ご縁の法則
(2)ゴリヤクの法則
(3)分かち合いの法則
(4)おすそわけの法則
(5)ありがとうの法則
(6)引き寄せの法則
(7)宇宙の法則

 

【ご縁の法則】
「出会った方との関わりを大切にするには、何ができますか?」
⇒人生で出会える人の数には限りがあるからこそ、出会いを大事に!

 

【ゴリヤクの法則】
「自分と関わると、相手にどんなゴリヤクがあるだろうか?」
⇒まずは相手を心から認めてあげる存在になってみよう!

 

【分かち合いの法則】
「相手は、何を求めていて、何に困っているのかな?」
⇒「何」に対する解決策を自分が持っているなら、どんどんマッチングして分かち合おう!

 

【おすそわけの法則】
「自分ができることで、役立ちそうなことは何かな?」
⇒自分の器以上のものを持ってしまったら、それを分け与えよう!

 

【ありがとうの法則】
「ありがとうと言ってもらうには、自分は何ができるだろうか?」
⇒まずは自分でありがとう!を積極的に投げかけ、相手の反応を観察しよう!

 

【引き寄せの法則】
「自分がやりたいことを実現するのに、必要な知識・情報は何ですか?」
⇒常に自分に問いかけることで、実現スピードが加速する!

 

【宇宙の法則】
「不自然に思っていることは何ですか?」
⇒世の中はバランスが取れている。不自然と感じた時は要注意!

 

●ファンを増やすために実践すること
⇒小さくても自分で何か会を開いてみる(最初は3人でもOK!)
⇒ニュースレターを書いてみる(メルマガではない)
⇒7つの法則を実践する(←ここは絶対!)

 

●自分のやりたいことを見つける質問
⇒「朝から晩まで、寝食を忘れるくらい熱中できることは何ですか?」
⇒「自分が、今までにいちばん時間とお金をかけてきたものは何ですか?」
⇒「人から褒められたことは何ですか?」
⇒「5年前に比べて、どれくらい成長しましたか?」
⇒「何でも叶うなら、何をかなえたいですか?」
⇒「10年後の今日、1日のスケジュールはどうなっていますか?」

 

●自分のお客様(ファン)を見つける質問
⇒「あなたが理想するお客様は、どんな人ですか?」
⇒「あなたは、理想のお客様に、何が提供できますか?」
⇒「提供する商品、サービスはいくらにしますか?」
⇒「小さくお客様を集め続けるポイントは何ですか?」
⇒「あなたは、どんな人を応援したいですか?」

 

●仕事を仕組み化する質問
⇒「100年後、どんな世の中にしたいだろうか?」
⇒「何のために私は存在しているのだろうか?」
⇒「何のためにその仕事をやるのだろうか?」
⇒「あなたはどんなストーリーを見たら、いいね!しますか?」
⇒「あなたが提供できるものの中で、もっとも利益を生むのは何ですか?」
⇒「どんな流れがお客様を呼び込みますか?」
⇒「分かち合いで何かつくれませんか?」
⇒「あなたにとってのキーマンは誰ですか?」
⇒「誰に何を報告しますか?」

 

●ファンを継続的に増やす質問
⇒「自分のコミュニティーをつくるとしたら、どのようなものにしたいですか?」
⇒「自分が提供できるゴリヤクを、レシピ化するにはどうしたらいいですか?」
⇒「レシピを一緒に拡げてくれる仲間は、どこにいますか?」
⇒「仲間同士をつなげるには、どうしたらいいですか?」
⇒「あなたを知ってもらうために、何ができますか?」

 

■【実践】3個の行動ポイント

【046-1】Wishlist(やりたいことリスト)を作成する(100個!)

【046-2】10年後の今日のスケジュールを作成する

【046-3】自分のファンを育てる

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】しつもんマーケティング
【著者名】マツダミヒロ著者情報
出版社角川学芸出版
【出版日】2013/6/22
オススメ度★★★★★
こんな時に自分を変えたいと思ったときに
キーワード自己対話ことばのチカラ発想力
【頁 数】181ページ
【目 次】
第1章 パッキングステージ
第2章 パスポートステージ
第3章 エコノミークラスステージ
第4章 プレミアムエコノミークラスステージ
第5章 ビジネスクラスステージ

 

この本が、あなたを変える!

しつもんマーケティング
マツダミヒロ 角川学芸出版 2013-6-22
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

マツダミヒロさん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る