【書評:536冊目】“仕事で損をしない人”になるための48の行動改善(長谷川孝幸)

【行動4原則を規範に!】
風土刷新コンサルタント・長谷川孝幸氏が、社会人として正しく評価を受けるために必要な、“仕事で損をしない人”になるための48の行動改善を解説する一冊。社会人の骨格を形成しよう!

■この本の紹介文

日々の行動。
その行動を律する規範をもっていますか?

 

本書は、「周囲からの評価を変えたければ行動を変えなさい」と提起し、評価の改善に役立つ48の行動を解説する一冊。

 

●行動四原則
一.大きな声で
ニ.きびきび行動
三.自分から挨拶
四.明るい笑顔

 

この四原則こそ、真っ先に身につけるべきであると、著者は強調します。
四原則を身につけることで、ほかの行動改善が活きてくるのです。

 

人は人を「見た目」で判断します。
つまり、見た目=「行動の美しさ」を磨かなければ損をしてしまうのです。

 

「行動の美しさ」とは、容姿の美しさとは異なります。
1つ1つの所作を美しくしていくということです。

 

その美しさに相手が触れるごとに、あなたへの信頼は増します。
この信頼が、評価につながっていくのです。

 

評価は求めるものではなく、与えられるものです。
評価が欲しければ、それにふさわしい行動をとる必要があるのです。

 

◆評価が欲しければ、ふさわしい行動を。

■本がわかる!15の要約ポイント

厳しいようですが、私は仕事、あるいは組織で求められる能力が発揮できない人、あるいはその能力を身につける努力をしていない人は、職場で冷遇されても仕方ないと思っています。
(中略)
能力、努力、心根が充分でない人はプロとして問題があります。

 

相手があなたに、もしくはあなたの話にさほど興味がない場合は、相手の耳に届くような声を出さないと聞こえない

 

「腕を伸ばして手のひらに息をぶつけるようにイメージして話す」。
これを日頃から意識するだけで、あなたの声はしっかり聞こえるようになります。

 

声を強く出すためには、舌の付け根に力を入れて、舌全体で、発する言葉を唇の外側三センチの位置に押し出すように意識して話します。

 

まず、第一声を大きくはっきり出すこと。
そしてこちらに注目を集めること。
これを実践するだけであなたの提案は確実に通りやすくなり、あなたの評価も格段にあがります。

 

歩くのが遅いというのは、「やる気がありません」「やりたくない」という直接的なボディランゲージ

 

「時間も経費である」ことを忘れてはなりません。

 

一つひとつの作業の時間を計りましょう。
そして何回か計れば、適正な所要時間が見えてくるはずです。
これを「標準作業時間」とします。
標準作業時間より作業に時間がかかる場合は、あなたのやる気が落ちてスピードが下がっているか、段取りその他の要因に問題があるということです。
(中略)
ストップウォッチは、自分の改善の目安となるだけではなく、他者に指摘する際にも有用です。

 

(作業が遅い)こういう自覚、あるいは指摘がある人は、「月に最低三冊の読書」「毎日手書きで日記を書く」「毎日計算ドリルを五十問解く」ということを続けてください。
そうすると頭は四週間で活性化してきます。
自分でもはっきりわかるくらい、頭が回っているのを感じ取ることができます。

 

挨拶をしないということは、「私はあなたに関心がありません」「私はあなたと協調しようとは思いません」「私はあなたをそんなに好きではありません」という、直接的な意思表示です。
したがって、挨拶をしない人は好感を持たれることはありません。

 

笑って挨拶をするということは、「この人は心を開いている」「この人は自分に好意を持って接している」ということを相手に感じさせる行為

 

挨拶をする人は安心できる

 

つまらないとき、悲しいとき、苦しいとき、気がくさくさするときにも、ニコッと笑って仕事ができてこそ、プロなのです。
本当は、第三者に顔を見てもらってトレーニングするのがもっとも効果的なのですが、これは誰にでも実践できることではありません。
しかし、鏡を見て自分で自分の笑顔を覚えこむことは誰にでもできます。

 

笑ってしまうと、なかなか気持ちを後ろ向きにすることができません。

 

●行動改善目標(グタイテキニ)
グ:具現化する
タ:達成可能
イ:意欲が湧く
テ:定量化
キ:期限を決める
ニ:日課にする

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【536-1】挨拶を意識してきちんと行う

【536-2】腕を前に伸ばし、その掌に息をぶつけるように話す

【536-3】ストップウォッチで「標準作業時間」を測り把握する

 

■ひと言まとめ

You cannot make an omelet without breaking eggs!!
(卵は割らなければオムレツは作れない!!)

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】“仕事で損をしない人”になるための48の行動改善
【著者名】長谷川孝幸
出版社同文館出版
【出版日】2013/3/13
オススメ度★★★★☆
こんな時に明日の仕事力を磨きたいときに
キーワードマインド働き方信用残高
【頁 数】224ページ
【目 次】
1章 「大きな声で」
2章 「きびきび行動」
3章 「自分から挨拶」
4章 「明るい笑顔」

 

この本が、あなたを変える!

 

長谷川孝幸さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:536冊目】“仕事で損をしない人”になるための48の行動改善(長谷川孝幸)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る