【シェア読書:1136冊目】生活の発見(ローマン・クルツナリック)

【歴史の中に、新たな生活の発見がある?】
文化思想家・ローマン・クルツナリック氏が、愛・仕事・金銭など誰もが悩む人生のテーマに、歴史を紐解きながら解決のヒントを示す一冊。大半の問題の答えは歴史にある!

■この本の紹介文

あなたの人生。
いま、どんなことに悩んでいますか?

 

本書は、愛や仕事、金銭から死生観まで、誰もがぶつかる人生の12の問題に対して、解決のヒントやアイデアを歴史に学ぶことの重要性を指し示す一冊。

 

生活をより豊かにしたい。
抱えている問題を解決したい。
あなたは、そのときどうしますか?

 

多くの人が、宗教や哲学、心理学などにその答えを求めます。
新しい理論であったり、心の支えになる教えがそこにあるからです。

 

この本は、その答えを「歴史」に求めます。
異なる時代や文化の中で、どのように人々は困難を乗り越えて、今日の世界の礎を築いてきたのか。
これを探求することで、新しい”生活の発見”があると主張します。

 

この主張に対して、読みはじめ、正直「?」となりました。
ですが、我慢して読み進めていくうちに、グイグイと引き込まれている自分に気づきます。

 

歴史という時間によって濾過された観点から、現代社会の生活の常識を見つめ直す。
すると、多くの矛盾点や誤りが次々に浮かび上がっていく様は、なんとも言えない気持ちにさせてくれます。

 

あらゆるものは、歴史の中に生まれました。
ならば、多くの問題の解決のヒントも、歴史の中に生まれるのです。

 

歴史書にようであり、哲学書のようであり、教養書のようであり・・・。
なんとも不思議な世界が、この本の中に広がっています。

 

脳が活性化される。
この本を読み終わったときのことを、言うのだと思います。

 

◆骨太な良書。必読です!

■本がわかる!15の要約ポイント

私たちがやらなければならないのは、古代ギリシャ人が提起してくれた愛に新しい言葉を与えることだ。
愛にはいくつもの形があることを知ったが、その考えを心の奥にまで浸透させ、話をするときにも留意し、それにのっとって行動しよう。

 

男性の家庭内で果たす役割が大きくなれば、人間としての成長も期待できるだろう。

 

歴史から得られるもっとも大切な教訓は、仮面を取り去ることを忘れてはならないということかもしれない。
心を開き、垣根を取り払って話をしないかぎり、家族の会話は豊かにならない。

 

他者の生活へと旅をし、相手にも自分の生活を見てもらうことで、心は広く豊かになり、もっとずっと楽しい経験ができる。
「次はどこへ行く?」ではなく、「次はどんな人の立場に身を置く?」と問いかけるべきなのだ。

 

自分が引きつけられるのはどれかを考えることが、仕事を選ぶ際の混乱状態を乗り切って、しっかりと進むための指針となるのだ。

 

自分には具体的な任務があるだろうか、と自問してみよう。

 

歴史は、時計の支配に抵抗するための四つの考えを教えてくれる。
すなわち、時間についての話し方を変えること、ゆったりとした日々を歓迎すること、時間の代わりとなる文化を学ぶこと、そして長期的なものの見方を身につけることだ。

 

消費・物質主義が個人の幸福のレベルを上げることに失敗しているのだから、コミュニティの生活に立ち返るのは賢明な方策だろう。

 

私たちがすべきことは手をポケットから出し、全感覚を働かせることだ。
そうすれば、心を成長させ、最終的に人生経験を深めることができるかもしれない。

 

旅はみずからの偏狭な世界観に対する解毒剤

 

過酷な自然環境に挑む人々の心情を理解することができれば、心と体を養う自然の役割や、自分の感覚の限界もわかってくる。

 

歴史の価値は、信念の中身はこうあるべきだと示すことより、情報に基づいた聡明な信念を持つよう促すことにある。
これにより、内面の一貫性を保ちながら生き方を追求することができるだろう。

 

歴史は信念に犠牲が伴うことを教えてくれる。
どのくらいあきらめられるかが、私たちの本気の度合いを示す。

 

創造性には才能の贈り物も遺伝も必要ないのだ。
なにより必要なのは、自信を持って、独自性を表現する方法を見つけることができると信じることである。

 

今日私たちが直面している課題は、恐怖を増やすことなく死の意味を深めて、人生に身近なものにすることである。
社会でも個人でも、死について大胆な会話をし、活気あるデススタイルの文化を作り出さなければならない。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1136-1】興味のある人の自叙伝や自伝を読む

【1136-2】旅に出る

【1136-3】どういう風に死を迎えたいか書き出してみる

 

■ひと言まとめ

人間の問題は、歴史が解決する!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】生活の発見 場所と時代をめぐる驚くべき歴史の旅
【著者名】ローマン・クルツナリック
出版社フィルムアート社
【出版日】2018/1/26
オススメ度★★★★★
こんな時に生き方に迷ったときに
キーワード教養人生問題解決
【頁 数】464ページ
【目 次】
Part 1 関係を育てる
Part 2 生活を形づくる
Part 3 世界を見つける
Part 4 因習を打破する

 

この本で、あなたは変わる!

 

ローマン・クルツナリックさん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

 

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

 

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【シェア読書:1136冊目】生活の発見(ローマン・クルツナリック)
Author Rating
51star1star1star1star1star

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る