【シェア読書:495冊目】30代で人生を逆転させる残業0の時間術(石川和男)

b495
【時間密度を濃く生きる!】5つの仕事をこなす現役サラリーマン・石川和男氏が、日々実践している時間活用術を、1日の流れに沿って30のテクニックでまとめた一冊。あなたは、この瞬間にどれだけ真剣ですか?








===================
書籍情報
===================
【書籍名】30代で人生を逆転させる残業0の時間術
【著者名】石川和男
【出版社】CCCメディアハウス
【出版日】2015/2/19
【推薦度】★★★★★
【頁 数】224ページ
【目 次】
Chapter 1 [起床]
Chapter 2 [通勤準備]
Chapter 3 [通勤中]
Chapter 4 [始業前]
Chapter 5 [始業]
Chapter 6 [午前中]
Chapter 7 [ランチ]
Chapter 8 [午後]
Chapter 9 [帰宅]
Chapter 10 [就寝]

 

===================
本書を読む理由
===================

・石川和男さんからの献本

・石川さんの本を毎回楽しみにしているため

 

===================
本書から得たいもの
===================

・1日の過ごし方の改善のヒント

・継続できる仕組みのヒント

 

===================
1分間紹介文
===================

 

時間
1日24時間、365日、生まれてから死ぬまで、すべての人間に等しく分配されているもの。
この時間に対して「どこまで真剣に生きているか」「どこまで密度を濃く生きているのか」を読み進めるうちに考えさせられる一冊

 

著者は、石川和男さん。
建設会社の総務経理、大原簿記学校の人気講師、税理士、セミナー講師、プレゼン力養成学校主宰の5つの仕事をしながらも、プライベートも充実した生活をおくる現役サラリーマン。お話が面白く、人を惹きつける魅力溢れる方です。

 

本書は、起床から就寝まで、タイムスケジュールに沿って、各時間帯ごとに「何をすべきか」を明らかにしているのが最大の特徴。石川さんが長年のトライ&エラーで洗礼させてきた1日の流れを疑似体験することで、今まで自分がどの時間帯が活用できていなかったか、きっと気づきを与えてくれます。

 

目次をご覧頂ければ分かるが、タイムスケジュールに沿った構成になっているので、取り入れやすい点も嬉しい魅力だ。
 ー 自分の苦手な時間帯だけを参考にする
 ー 本書の通りに生活してみて体感する
 ー 使えそうだなと思った部分だけ活用する
このように、読み手それぞれの立場で、自由に活用できる。

 

「失ったお金はまた稼げば戻ってくる。でも今この瞬間に過ぎた時間は永遠に戻らない。」
この節が一番の気づきであり、手帳に早速書き込みました。

 

自分がなりたいもの、達成したものを決めて、逆算して今何をするべきなのか。やりたいことをやるために、日々の生活をどのようなサイクルで回せば、じぶんにとって一番良い流れをつくれるのか。

 

3月。新しい生活サイクルが始まる人が多い、来る新年度の4月に向けたこの時期。
自分の時間密度をより濃くするための参考に、ぜひオススメしたい一冊。

 

30代で人生を逆転させる残業0の時間術

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

記憶は次々と新しいものに塗り替えられていきます。起きて寝ぼけて何もしないよりも、明るく元気になる曲を聴いて悪い夢の記憶を塗り替えましょう

 

お金だったら使った分、もう一度稼げば戻ってきます。時間は何があっても絶対に取り戻せません。今この瞬間より以前の時間を取り戻す手段はないのです

 

どんな通勤手段であれ、2つの種類に分けられます。
それは、本を読めるか、読めないか。
本を読める環境にいる方は、迷わず本を読んで下さい。
読めない環境にいる方は、オーディオブックを聴いてください。
もちろん仕事か勉強に関するものだけです

 

勉強に飽きたら、無意識にスマホを取り出してLINEやネットを見てしまうものです。電源が入っていると一連の動作を無意識に行ってしまいます。電源を切っておけば、電源が入る何秒かの間に、本当にLINEやネットを見る必要があるのか冷静な判断ができるのです

 

早起きにはさまざまなメリットがありますが、最大のメリットは「せっかく早起きしたのに時間を無駄にしたくない」という気持ちが働くことです

 

思いつくまま、なりたい、やりたい、手に入れたい、実行したい、何でもいいから思い浮かんだものを、まず書くのです

 

(仕事は)1カ所にまとめることは作業効率的に無駄です。無理やり1カ所にまとめるよりも、3カ所で管理したほうが効率的なのです。その3カ所とは、ノート、書類箱、そして日常業務(ルーチンワーク)を書いた用紙のコピーです

 

優先順位1位から4時間分の仕事を意識する

 

優先順位1位の仕事を集中力の高い午前中にガムシャラに行う

 

●優先順位の高い仕事をやる4つの方法
・期限を決める
・仕事を細分化する
・ホラー映画仕事術
・仕事をゲームに変えてみる

 

昼休みの時間には、寝ても食べても勉強してもランチ会に行っても構いません。
(中略)
ただし、唯一してはいけないことがあります。
それは仕事。仕事だけはしないで下さい。
しかも緊急かつ重要な仕事こそ行わないで下さい。

 

自分の勤務時間は5時までと決めて段取りをつけないと、同じ内容の仕事でも、多くの時間をかけて行うようになってしまいます

 

●明日に差をつける退社前の習慣
(1)今日の振り返り
(2)机の上を片づけて帰ること

 

帰りの電車の利用方法は、行きの利用方法とまったく同じ

 

眠る前にマイナスになるようなことは考えない。
達成した仕事だけにフォーカスして満足顔で眠る

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【15-0108】今日1日良かったことを思い出して寝る

 

【15-0107】寝起きに元気がでる曲をかける

 

【15-0106】「今この瞬間の時間は永遠に戻らない」と意識する

 

===================
今日の一言
===================

時は金なり。言うだけになっていないか?

 

===================
編集後記
===================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

新たな一週間の始まりですね。
昨日の自分を一歩でも超える自分に今日もなりましょう!!
今週も宜しくお願いします(^^)

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

30代で人生を逆転させる残業0の時間術

b495

石川和男さん、献本ありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

01時間24分。
カフェでじっくり笑いながら♪

 








 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る