【シェア読書:791冊目】成功している人は、なぜ神社に行くのか?(八木龍平)

【神社というすごい!システム】科学者×霊能者・八木龍平(リュウ博士)氏が、誰も知らなかった「神社」に隠されたパワーを明らかにする。歴代の成功している人は、なぜ神社に行くのか?その真相をあなたは知る。

===================
1分間紹介文
===================

 

日々の生活のなかでチラチラ視界に入る神社。
大切なものであり、敬うべき存在だということはわかっている。
しかし、どう自分の人生に取りこんでいいのかわからない。
そんな時に読みたい。

 

著者は、八木龍平さん。
Ph.D.の学位をもつ科学者にして、触覚型の霊能者。
青山学院大学でインターネットマーケティングの教鞭をとる。
リュウ博士」として、ブログやセミナーで見えない世界について、心理学・統計学の視点と、自身の霊能力の視点を合わせたいままでにない解説が好評をえている。

 

本書は、日本古来の願いをかなえる「すごいシステム」である「神社」のパワーを、現代人がいかに捉えどう付き合っていけばよいのか、おもしろくユーモアたっぷりに解説した一冊

 

誰もが知っている「成功者」「天下人」は、必ずといっていいほど神社を「特別な場所」として信仰し、参拝してきた。
これは、あなたにも感覚として理解できることだろう。

 

はたして、神社は「成功者」や「天下人」などのひと握りの人のためだけに存在しているのでしょうか?
違いますよね。
なぜなら、神社は日本中の至るところにあるのですから、みんなのために存在しているという方が自然だ。

 

では、みんなのために存在している神社を、現代人である私たちはどのように付き合っていけば、そのパワーを自分の中に取りこむことができるのか。

 

本当におもしろい一冊なので、リラックスして楽しみながら学べる。
読み終わったら、神社に行きたくなる。きっと。

 

栞がおみくじになっていました♪
B791-2

 

===================
本のエッセンスがわかる15のポイント
===================

 

神さまとの交流は、「スキマをつくること」がポイントです。
なにせ空気ですから(笑)。
たとえば祈るときに、あなたの心が悩みや雑念や頼みごとでいっぱいだと、神さまが入り込む「スキマ」がありません。
しかし、「無心に近づくほど」そこに神さまが入ってきます。
同時に、願いごとがあれば、その意思を伝えることも大切です。
祈りは、もともとは「意(い)宣(の)り」。
意思を宣言する行為だからです。

 

神社の神さまとは、「意思と目的をもった知的生命体」

 

神さまとは人間の創造物なのです。
人間がなにかに名前(ご神名)をつけて祈ると、神さまと呼ばれるスピリット(意思と目的をもった意識)が誕生します。
神さまは人々の祈りを集約するシンボルやフォルダとして機能し、僕たちの意識に働きかけることができるようになるのです。

 

どの仕事にも、根底には「祈り」があります。
「大丈夫かな」という心配、心配ごとが起きなかったときの「よかった」「ありがとう」という安心と感謝。
科学技術が発展すればするほど、「人間にしかできないことはなにか?」をつきつめていくことになります。
その究極が「祈り」なのですね。

 

ご神体の多くは「鏡」です。
鏡であることが、じつは深い意味をもっています。
(略)
ご神体の鏡にうつるのは「生まれる前の私」です。
産道をたどることで、生まれる前の自分に戻り、そしてその姿を鏡にうつす。
これが神社という宗教の本質です。
神社の神さまは「あの世の私」なのです。

 

神さまに愛されるには、神さまを知ることです。
知ると知られます。
知れば知るほど神さまに愛情がわいてきます。
あなたも神さまに愛されます。

 

手を洗うと罪悪感が減る

 

産土神は、僕たちが生まれたときに住んでいた土地を守る神社の神さまです。
その神社は産土神社といいます。
神社本庁に問い合わせて、その土地の住所を言えば、どこが自分の産土神社なのか教えてくれますよ。

 

寝る前にお風呂に入り、10分ほど瞑想する。
そうして、身体と心の祓いをした「神聖な自分」になってから眠りにつきましょう。

 

自分で自分を卑下すると、ろくな結果になりません。
自分自身に対しても「敬意」って必要

 

「問い」をもつと、答えが「世の中から」「偶然のタイミング」で返ってくる

 

●人の神性を引き出す3つのステップ
(1)印象に残っているポジティブなエピソードを2つ、3つ聞く
(2)エピソードの前とあとを比較して、どのような変化が起こったのかたずねる
(3)その変化を起こしたエネルギー源をたずねる

 

●あなたの身体にある7つの神社(チャクラ)
第7チャクラ:高次元の理性、霊的覚醒、無分別・無境界
第6チャクラ:先見性、インスピレーション、ここぞというときの集中力
第5チャクラ:自己表現、コミュニケーション、創造
第4チャクラ:心を開く、他者を理解する、受けとる
第3チャクラ:自信、情緒の安定、分析的思考
第2チャクラ:本気、決断、勇気
第1チャクラ:元気、タフ、生命力

 

神社に参拝すると、これまで参拝してきた人々の祈りの集合体とシンクロします。
神社の集合意識と、自分の意識が重なって、意識の拡大が起きるわけですね。
意識の拡大とは、「私」の範囲が、組織や社会、国、さらには地球や宇宙へと、広がっていくこと。
意識の拡大は、エネルギー体の拡大も意味します。

 

悟りというのはシンプルなもの。
神社に参拝していれば、自然と悟っていくでしょう。

 

===================
これをやってみよう!3つの実践ポイント
===================

 

【791-1】自分の産土神社を調べる

 

【791-2】調べた産土神社を訪れてみる

 

【791-3】心が荒れているときは、ゆっくりと手を洗う

 

===================
今回のまとめ
===================

神社は、あなたの訪れを待っている!

 

===================
本日紹介した書籍情報
===================
【書籍名】成功している人は、なぜ神社に行くのか?
【著者名】八木龍平
【出版社】サンマーク出版
【出版日】2016/7/11
オススメ度★★★★☆
【こんな時に】心の平穏や導きがほしいときに
【キーワード】引き寄せ次元上昇教養
【頁 数】341ページ
【目 次】
1章 成功している人は知っていた、神社に仕組まれた秘密の力
2章 知らなきゃもったいない!神さまとご縁が深まる祈り方のルール
3章 世界を動かす見えない仕組み
4章 神社式コミュニケーションで仕事も人間関係もうまくいく
5章 人生を加速させる次元上昇を起こそう

 

気になったら、今すぐお手元に!
b791

 

八木龍平さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】メルマガの配信を開始しました!■
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力をお願いします。
携帯アドレスだと届かないことがございます。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る