【シェア読書:481冊目】点をつなぐ(加藤千恵)

b481
【人生は選択の繰り返し】若手注目の女流作家・加藤千恵氏が「自分が選んだものを信じられますか?」と問いかける長編小説。28歳の主人公が織りなすリアルな心情描写が、ココロを揺さぶられ引き込まれる喜び。





===================
書籍情報
===================
【書籍名】点をつなぐ
【著者名】加藤千恵
【出版社】角川春樹事務所
【出版日】2015/1/15
【推薦度】★★★★☆
【頁 数】187ページ



===================
本書を読む理由
===================

・TBS「王様のブランチ」の書籍紹介コーナーで見て、惹き込まれたから

・自分の感情を揺らしてくれそうだったから



===================
1分間紹介文
===================

 

あなたは、満足、していますか?

 

仕事に、満足、していますか?
恋愛に、満足、していますか?
友達に、満足、していますか?
住居に、満足、していますか?
食事に、満足、していますか?
服装に、満足、していますか?

 

生きるとは「選択すること」
過去のあの時、今この時、未来のその時、あなたの人生には選択肢という「点」が無数に存在している。その中で、あなたは選択という「線」を引いて進んでいく。

 

「線」を引いていくと徐々に「形」が露わになってくる。それが理想の形なのか、違うのか、そもそも理想の形って何か、「形」は永遠に見えず完成しない。それが人生なのだと悟らされる。

 

この瞬間に引いた「線」を、あなたはどこまで信じられるのか?
考えることで「満足」に対する答えが少しはわかるのかもしれない。

 

一人の女性が巡る、日常のリアルな心情描写に触れることで、あなたの心をかき乱し、あなたの「点」を顕在化させる長編小説。

 

あなたは、満足、していますか?

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

こんなの違うじゃんとか、余計なことしないでとか、思いをそのまま口に出せたのは、親の老いや弱さについて考えることなんてなかったからだ。今とは違う

 

知らないうちに慣れていく

 

点である選択肢をつないでいけば、きっと何かが浮かび上がる。それが何なのかは自分自身にもわかっていないまま、時々イメージだけを広げている

 

Aにつづく道を選んだ瞬間、Bにつづく道は崩れ落ちる。歩きはじめたあとで、険しい道だとわかっても、戻って選びなおすことはできない

 

目の前にある状況は、一つずつ選択して、まぎれもなく自分で築きあげてきたものなのに、どうしてこんなにも迷ったり揺らいだりしてしまうのだろう。なぜ自信を持って言い切ることができずにいるのだろう

 

満足ってなんだろう

 

ここが中途半端な場所じゃないなんて、誰にも言い切れない。どこだって、中途半端といえば中途半端だ。何でもある場所は、何でも手に入る場所とイコールじゃない

 

「全員に好かれるなんて、無理だと思うんです」

 

今の自分が、あの頃の自分と、どれくらい変わっているのか、あるいは変わっていないのか、見えないものに試されているのかもしれない

 

親の記憶というのは、途中で一度保存されてしまえば、その後に上書きされることはないものなのかもしれない

 

考えをとりとめもなく広げていっても、結局は自分自身にたどりついていく。(中略)全部、わたし自身の問題だ

 

わたしは自分の人生を悪くないと思っている。ただ、満足感は、他の人たちの言動でいとも簡単に左右されてしまうほど、もろくてたやすく崩れてしまう

 

選ばなかった道の向こうに広がっていた景色を、わたしは知らない。それらは選ばなかった、選べなかった先にあるものだからだ。ただここにいる、ここからの景色しか、わたしには見ることができない

 

「点つなぎと同じだなって思うんです。自分が選んでいったものを順番につなげていったら、何か形が浮かび上がるんじゃないかなって。それがどんな形なのか、いまだによくわかってないし、いつになったらわかるのかもわからないんですけど」

 

「選びつづけたいんです。苦しいけど、しんどいけど、でも選びつづけたいんです」

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【15-0066】「今の自分は今この景色からしか見れない」と割り切る

 

【15-0065】選択を意識して日記をつける

 

【15-0064】すべては「自分自身の問題なのだ」と意識する

 

===================
今日の一言
===================

次の一本。どこに向かって線を引きますか?

 

===================
編集後記
===================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

どうすればできるのか?と考えがちですが、
結局は、やるか!やらないか!でしかない。
ということに、改めて気づく今日この頃。
明日、横浜、雪みたいです。

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

感謝!米山智裕

 

===================
今回紹介した本
===================
点をつなぐ
b481

加藤千恵さん、感情を揺さぶる一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

02時間15分。
移動時間+カフェにて。

 




 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る