【シェア読書:289冊目】やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方(午堂登紀雄)

【今の働き方に不安を持つ人向け】
依存しない・頑張らない・努力しないの3ナイで、30代で5億円の資産を築いた午堂登紀雄さんが、その成功法則を誰でも使える武器として、その作り方・磨き方を伝授する一冊。

==================
1分間紹介文
==================

 

本日ご紹介するのは「収入の複線化」に関する一冊。

 

著者は、午堂登紀雄さん。
戦略ファームのコンサルタントを経て、現在はスモールカンパニーを複数所有するビジネスオーナー兼個人投資家としての活動のほか、出版や講演などでも活躍。公式サイト

 

あなたへの質問です。
「日々の生活の中で、正直やりたくないなと思う行動っていくつありますか?」

 

本書は、会計事務所・大手流通企業・外資系戦略ファームと歩んできた経験からノウハウ化した「自分にあった働き方・稼ぎ方」を、あなたにも使える武器にして紹介した一冊

 

まずは書店に行き、3ページを見てほしい。
本書の肝である『だれでもできる人生を複線化するお金と時間の仕組みの構築法』の現時点での結果が書かれている。

 

読んでみて、ポジティブな感情をもったら、この本はあなたの役に立つことでしょう。
本気で現状を変えたい、変えたいけどどこから手をつけるべき悩んでいる人にオススメ。

 

b289

==================
本がわかる!15の要約ポイント
==================

 

やりたいことは全部やりたいし、欲しいものは全部手に入れたい。
自由も収入もあきらめたくない。
そんな欲張りな生活を手に入れることは不可能ではない。

 

自分の可能性を広げる働き方のひとつとして、ぜひ提唱したいのが「マルチプルワーク」という働き方だ。
一つの仕事を軸に、関連する他の仕事へと派生させるのだ。

 

「めんどくさいなあ」とか「ニーズがあるのかな」と感じても、少しだけやってみるべきだ。
それが、思いのほか広がってお金になり、人生を変えてしまうようなことは少なくないのだ。

 

人生一度きりだ。
やりたいことを諦めず、全部やってみるべきだ。
仕事も、趣味も、ひとつでなければならないという決まりはない。
これらを色々持っていることは、幸せなことだ。

 

人生を複線化させるなら「この仕事に賭ける」という意識や覚悟を捨ててしまうことだ。
依存しない、頑張らない、努力しないという「ゆるさ」を持つことだ。

 

●ビジネスを始める際、4つのフィルター
1つ目:おもしろそうか・やってみたいか・自分が欲しいと思うか
2つ目:儲かりそうか
3つ目:仕組み化・自動化できるかどうか
4つ目:使命を感じる事業

 

「自分がやらなくても、誰かがやる」ビジネスでなく「自分がやらねば、誰がやるのだ」と感じられるビジネスこそ、手がけるべきだ。
これこそが、やりたいことだけやって働き続けるコツなのだ。

 

新しいビジネスは「仮にうまくいかなくても、再起不能にならない」レベルから始めるべきだ。
いきなり全財産を突っ込んで始めてしまうと、もはやそれに賭けるしかなくなるからだ。

 

特にスタートアップの段階では、軌道修正やスクラップ&ビルドに備え、お金や時間をかけるべきでない。
スモールスタート、クイックスタートを目指すべきだ。

 

思い立ったら、すぐ始めることだ。
今すぐ始めるのだ。
1回のプロジェクトのサイクルを短くすればするほど、検証によって経験値を高めるスピードが上がるからだ。

 

新しい事業を思いついたら、まずネットで検索して同業者の調査をする。
他社のサービスを研究すれば、それを上回るサービスを考え出すことは、難しくないはずだ。

 

ビジネスがダメならどうするべきか。
そんなことは心配しなくていい。
あっさりやめればいいだけだ。
ダメならものは止めて、別のことをやればいいのだ。
それだけのことだ。

 

失敗は、次の成功につながる。
なぜなら、失敗を分析すれば、次からは、より適切な意志決定が、より速いスピードでできるようになるからだ。

 

世界は、個人を自由にさせてくれる方向へ向かいつつある。
サービスも技術も、どんどん進化している。

 

くれぐれも「自分には無理」とは思わないことだ。
我々は、それほど多くの世界を知っているわけではない。
「ありえない」ということも、自分の中でありえないだけで、十分「ありえる」のだ。

 

==================
これをやろう!3つの実践ポイント
==================

【289-1】自分が不満に思っているサービス・ビジネスを書き出す

【289-2】書き出した不満を元に、自分が欲しいサービス・ビジネスを書き出す

【289-3】4つのフィルターをもとに、やってみたいビジネスを考える

 

==================
今回のまとめ
==================

自分で自分を縛っていませんか?

 

==================
本日紹介した書籍情報
==================
【書籍名】やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方
【著者名】午堂登紀雄
出版社徳間書店
【出版日】2014/4/16
オススメ度★★☆☆☆
【こんな時に】明日の仕事力を磨きたいときに
【キーワード】稼ぐ力働き方生き方
【頁 数】223ページ
【目 次】
第1章 僕はこうして会社に頼らない生き方を作ってきた
第2章 「やりたいことでは食べていけない」はウソである理由
第3章 人生を複線化するお金と時間の仕組み
第4章 ビジネスを立ち上げ自動化するまでにすべきこと
第5章 ライフスタイルを軽量化する

 

気になったら、今すぐお手元に!
b289

 

午堂登紀雄さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】
メルマガの配信を開始しました!■

登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る