【書評:1581冊目】銀座のママが惚れる 一流の男(日高利美)

【やるべきことを徹底するからこそ一流!】
銀座ルナピエーナオーナーママ・日高利美氏が、『銀座のママが惚れる 一流の男』と題して、おもわず心惹かれる男性の共通点を示しながら、一流の人生哲学を指南する一冊。

■書籍の紹介文

銀座のママに認められる男性の共通点。
どんなものがあるとおもいますか?

 

本書は、銀座で見続けてきた一流の男性の共通点を示しながら、成功を引き寄せる人生哲学と習慣を指南する一冊。

 

本書で示される、銀座のママが認める”一流の姿”。
それは、自己啓発書やビジネス書を読んだことがある人なら、よく目にする”あたりまえの姿”です。

 

◎人に気軽に話しかける
◎人に好かれようとしない
◎小さな約束を守る


 

このように、一流の男性に共通する人生哲学は、いわゆる、あたりまえのことばかりです。
つまり、あたりまえのことを徹底的にやっているからこそ、一流と認められるということです。

 

では、どうすれば”徹底”できるのでしょうか。
この点を、銀座のママのするどい観察眼を通して、学ぶことができます。

 

夜の社交場ならではのエピソードを通して、”徹底”するためのヒントをつかみ取る。
昼間の鎧を脱いだ一流の人の姿には、本当の意味で大切にしている人生哲学が滲み出ます。

 

これこそが、普通と一流を分ける”差”なのです。
自分に何が足りないのか、何が必要なのか、しっかりと学び取りましょう!

 

◆基本の徹底こそ、一流の証。

銀座のママが惚れる 一流の男
日高利美 クロスメディア・パブリッシング 2019-11-22
売上ランキング(公開時):888
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

成功者は、人の良いところを見つけるのがうまい。
相手から好かれるより相手を好きになるから、良い人間関係が作れるのだ。

 

誰とした、どんな小さな約束も、約束したからには守ることだ。
むしろ、相手が忘れてしまうほど小さな約束や、社交辞令として言った程度の言葉を守り続けることで信頼されるのだ。

 

人それぞれ、様々な考え方や意見があるのは当然のことだ。
成功している人たちは、自分の考え方や意見とは違う人のことを受け止めることが出来るものだ。

 

一流の人たちは普段からよく学び準備している。
学ぶことに貪欲で、一生学び続けたいと思っている人ばかりだ。
学ぶことで自身の成長、会社の人を含めた自身の周りの人たちの成長を願っているのだ。

 

一流の人たちは、読書家だ。
読むジャンルも雑誌や小説から専門書まで、幅広く読んでいる。
中でも、必ず読んでいるのが、中国の古典だ。
『論語』『孫子の兵法』『老子』『菜根譚』などだ。

 

起きている今の環境は「すべて自分が創り出している」「すべての結果には原因がある」そう考えるべきだ。
そして「自分に悪いところはなかったか」「出来ることはなかったか」と、自問するのだ。

 

待っているだけでは何も変わらない。
まずは、自分の考え方や行動、言葉を変えるのだ。
人のせいにすると成長しない。
そればかりか信用も無くしてしまう。

 

一流の人たちは、お礼やお詫びが早い。
お礼を言われて嬉しくない人はいない。
しかも、それを早く伝えるだけで相手からの評価が変わってくるものだ。

 

一流の人たちは、感謝の心を大切にしている。
成功している一流の人たちは「ありがとう」という言葉をよく言う。
どんなことに対しても感謝する心を持っているのだ。

 

どんな時でも良いところを見つけることができ、感謝することができるのは、すべての出来事には意味があると受け止めているからだ。
すべての出来事の責任を取る覚悟を持っているからだ。

 

居心地の良い現状に満足するのでなく、自分より「すごい」と思える人と「つるむ」ようにすることだ。
そうすることで、出会いが変わったり、入ってくる情報が変わるものだ。

 

既に出会っている目の前にいる人たちを大切にすることが一番だ。

 

自然と相手のパーソナルスペースに入り込むために大切なことは、第一印象を良くする努力だ。
清潔感はもちろん、親しくなりたい、仲良くなりたいと思われる第一印象が必要だ。

 

自分自身は、人を見た目で判断するべきではない。
だが、実際には、相手は自分を見た目で判断しているものだ。
このことは、しっかりと意識しておくべきだ。

 

社会的地位の高い人たちは、お礼を伝えられることが多く、慣れている。
その中で良い印象を持たれるには「お礼を三回言う」ことだ。
それだけで良い人間関係が築けるはずだ。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1581-1】中国の古典を読む

【1581-2】目の前にいる人を大切にする

【1581-3】「ありがとう」を積極的に伝える

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】銀座のママが惚れる 一流の男
【著者名】日高利美著者情報
出版社クロスメディア・パブリッシング
【出版日】2019/11/22
オススメ度★★☆☆☆
こんな時に他人の生き方に触れたいときに
キーワード生き方マインド人間関係
【頁 数】256ページ
【目 次】
第1章 一流から学んだ人生哲学
第2章 一流の人付き合い
第3章 夜の銀座の暗黙のルール

 

この本が、あなたを変える!

銀座のママが惚れる 一流の男
日高利美 クロスメディア・パブリッシング 2019-11-22
売上ランキング(公開時):888
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

日高利美さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る