【書評:1263冊目】最高の時短(米山彩香)

【時短したければ目標を定めよ!】
起業コンサルタント・米山彩香氏が、自分の大事な時間をより大事なことのために使う「最高の時短」術を指南する一冊。少ない時間で充分な収入を望むなら、ここまで貪欲になれ!

■この本の紹介文

「今日1日でどれだけ目標に近づきましたか?」
こう聞かれて、あなたはなんと答えますか。

 

本書は、1日わずか2時間の労働で月収1000万円を稼ぐという著者が、仕事と時間に関する思考をオープンにしながら、独自の時短メソッドを指南する一冊。

 

「効率」ではなく「幸率」。
著者の”独自の”の部分は、この表現に集約されています。

 

すなわち、仕事をどれだけたくさんこなすかという視点(効率)ではなく、幸せを感じる生き方をするには今をどう使うべきかという視点(幸率)で時間を捉えるということです。

 

そして、「幸率」を考える上で一番大切なこと。
それが「大きな目標(ゴール)」の設定です。

 

「大きな目標(ゴール)」とは、そのまま、「どう生きたいか」に直結していきます。
それを実現するために、どういう計画を立て、今この時間をどうするかを考えて、必要な行動に集中していくことが、著者のいう”最高の時短”です。

 

したがって、根底に流れているのは、いわゆる「逆算思考」と呼ばれる原則です。
この原則を、著者のストーリーや思考の視点からまとめあげています

 

装丁と同じように、貪欲な空気を感じる一冊。
「分かっている」で止まっている人のカンフル剤にオススメです。

 

◆やるべきことはシンプル!

■本がわかる!15の要約ポイント

人生を変えるなら「どう生きたいのか?」という観点から考えることだ。
それだけで、働き方のスタイルや時間の使い方が、まったく違ったものになるはずだ。

 

目標さえ見つかれば、後は「先の目標にたどり着くために目先の目標をクリアする」という思考が生まれる。
そうなれば、自ずと効率化を図る気持ちが生まれ、ムダのない行動を促すようになるはずだ。

 

大きなゴールがない状態では、小さなゴールでの「達成感」「自己効力感」は、単なる「満足感」になる。
「もうこれで十分」になり、そこで行動は終わる。
これは「諦め」だ。

 

小さなゴールの積み重ねの先に大きなゴールがある。
大きなゴールとなる「生き方」が明確なら、小さなゴールをクリアした際の達成感は、目標達成の最高の武器になる。

 

重要なことは、ゴールに「数値」目標を入れることだ。
「月収150万円」が目標なら、それは何年後の目標にするか、そのためには、1週間に必要な売上がわかる。

 

どんな目標でも、それを達成する作業は、苦しいこと、つらいことではない。
楽しいことだ。
そう捉えることができれば、作業の効率はグンとアップするはずだ。

 

苦手なことを上手に回避するコツがある。
まず大前提は「完璧を求めない」ことだ。
この前提のもとに「他の手法で代用する」という方法がある。

 

「なぜ」という問いかけを飛ばして、すぐに「どうしようか」と解決策を導き出そうとするのは良い方法ではない。
答えを導き出す手順を知らなければ、いつまでも悩んで時間を使うだけだからだ。

 

常に「なぜ?」を持つことで、先読み思考で物事を考えることができるようになる。
これが、ビジネスにおいても成功の秘訣、第一条件と言える。

 

先読みせずに行き当たりばったりでトラブルに見舞われたら、そのつど、計画変更が必要になる。
そうならないように、自分の計画のハードルになりそうなものは、先に見つけてしまうべきなのだ。

 

行動が速い人の特徴は「時間をしっかり区切る」ことだ。
飲み会や食事会などでも、終わりの時間を自分の中でしっかり決めている。
その後にも予定を入れている。

 

まずは、すべての常識を疑ってみる。
会社のやり方をすぐに変えることは難しいが、少なくとも自分がどれだけの時間と労力をムダにしているかは、すぐに自覚できるはずだ。

 

自分の時間は自分のものだ。
嫌々と人に付き合う必要はない。
明らかにムダな時間だとわかっていることや、自分の大切な時間を脅かす依頼や誘いは、きちんと断るべきだ。

 

メリハリのある仕事をして、自分の時間を守るための最も有効な施策は、ずばり「自分でやらなくていいことは人に任せる」ということだ。

 

売上が下がったり、時間をロスしたりするかもしれないが、どこかでリカバリーできるようにしておけば大事故にならない。
それより、「人に任せる」スタイルをとれるようになることが大事なのだ。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1263-1】「どんな生き方をしたいか?」を書き出す

【1263-2】理想の生き方を手にするために必要な目標を、数値を入れて作成する

【1263-3】何事も完璧を求めない

 

■ひと言まとめ

今、どこに向かっているか把握していますか。

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】お金と時間の悩みが消えてなくなる 最高の時短
【著者名】米山彩香
出版社KADOKAWA
【出版日】2018/7/27
オススメ度★★☆☆☆
こんな時に時間力を身につけたいときに
キーワード時間術働き方思考
【頁 数】240ページ
【目 次】
第1章 最高の目標設定
第2章 「努力しない」勇気
第3章 「先を読む力」を鍛える
第4章 「1週間に14時間」だけ働く
第5章 誰からも時間を奪われてはいけない

 

この本が、あなたを変える!

 

米山彩香さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1263冊目】最高の時短(米山彩香)
Author Rating
21star1stargraygraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る