【書評:1220冊目】未来を変える「外見戦略」(川園樹)

【外見とは、内面をうつす鏡!】
国際イメージコンサルタント・川園樹氏が、そもそも外見とは何なのかを明らかにしながら、未来を変える「外見戦略」を解説する一冊。外見を正しく理解することで、魅力は開花する!

■この本の紹介文

外見にコンプレックスがありますか?
もし「はい」と答えるなら、外見の意味を誤認識しているかもしれません。

 

本書は、外見”戦略”の意義と方法を、多くの学術的根拠に基づきながら具体的に解説する一冊。

 

この本を読んだ最大の価値は、「外見と内面のバランスの取り方」が学べるということです。
内面だけ重視しても、外見だけ重視しても、どちらも損をしてしまうのです。

 

このことを、顔の印象づくりからコンプレックスの克服方法まで網羅的に解説していきます。
「ファッション誌にプラスαした本かな?」と思って開いた気持ちを、見事に裏切ってくれます。

 

外見を整えることで、内面を引き出すという戦略。
内面を整えることで、外見を引き出すという戦略。

 

この2つの戦略をバランスよく使いこなせるようになるのが、外見戦略の目的です。
そして、その時こそ、誰から見ても魅力的なあなたが完成するときなのです。

 

小手先だけの外見テクニックからはこれで卒業です。
内面と外見のバランス感覚を養いましょう!

 

◆未来は外見で変わる!

■本がわかる!15の要約ポイント

外見で未来は変わる。
ビジネスの成功確率が上がり、成果までのスピードは早くなる。
外見を気にせずに成功することは難しい。
「外見戦略」は、ビジネスで成功する上で重要な意味を持つのだ。

 

重要なことは「自分は何ができるのか」「どのような人なのか」「何を目指しているのか」が相手に伝わることだ。
そして「信頼」「安心」「親近感」を相手に感じてもらうことなのだ。

 

人は、自分が信じたいものを信じるのだ。
第一印象が正しかったと思い込みたいのだ。
「こういう人」とラベルを貼った瞬間「本当にそうなのか」ということを考えなくなるのだ。

 

結果が出るまでには「状態」「行動」「結果」という流れがある。
現在の「状態」が次の「行動」を決め、その「行動」によって「結果」が決まるのだ。

 

「状態」を変えるには「外見」を変えることだ。
「状態」が変われば、それに連動して「行動」「結果」も変わるのだ。
シンプルだが、効果は絶大だ。

 

「外見を考えること」は「自分を考えること」だ。
「どんな仕事をして、どう評価されたいか」「どんな人に囲まれていたいか」など、「なりたい自分」を考え、それに合わせて外見も変えるのだ。

 

自分の人生を思い通りに生きていくには、セルフイメージを強化することが大切だ。
「自分はこういう人間だ」という強い思いから、意思決定と行動の質が上がり、人生や仕事の成果が上がるのだ。

 

外見の魅力が高まると、自己評価も高まるものだ。
ある研究では、外見の魅力の高い人は、普通の人に比べて「性格がよく」「社会的に成功を収めやすく」「幸福度も高い」と思われやすい。

 

人は自分の評価を、周りの人との外見的魅力の差で比べて判断する。
それが、苦しさや自分らしさを失うことに繋がる。
だから「外見戦略」では、コンプレックスを解消して、良いところを引き出す。

 

「外見戦略」を行うことで「自分らしくいることが一番」ということに気付くことができる。
そう考えるようになると、比較の対象は自分しかいなくなるはずだ。

 

「過去の自分」と「今の自分」を比べた時「ここが以前よりも良くなってきた」と思えるようになれば、自分の成長が感じられるようになる。
自分こそが比較の対象であるべきなのだ。

 

「外見を変える」というと、スーツを買う、ネクタイを買うなど、「足し算」をしがちだ。
だが、最初にすべきことは「個性」や「伝えたいこと」を伝えにくくしているものを「引く」ことだ。

 

相手の目標を「自分」に向けることだ。
特に「顔の印象」を伝えることだ。
情報として伝わりやすく残りやすいため、人の判断や評価に直結するからだ。

 

たとえば「ブランドもののネクタイの人」を見れば「虚栄心が強い人」と判断しがちだ。
ノイズを消せば、相手の視線は「顔の印象」に集まる。
ノイズに気を取られることなく、顔を見てもらえる。

 

「外見戦略」には、インカンテーションと同じ力がある。
自分がエネルギッシュになるのはもちろん、内面のパワーがどんどん溢れ出ている状態を作る。
周囲の人たちも、パワフルにするはずだ。

 

人は、自分らしさに気づくと、他人と比較することがなくなり、持てる力をフルに発揮できるようになる。
結果、成果が出るようになり、自分のやるべきことに集中できるようになるはずだ。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1220-1】「なりたい自分」を考える

【1220-2】「なりたい自分はどういう外見であるべきか」を書き出す

【1220-3】自分らしく生きられたか、日々振り返りをする

 

■ひと言まとめ

外見と内面のバランスがとれた時、魅力は爆発する!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】未来を変える「外見戦略」
【著者名】川園樹
出版社KADOKAWA
【出版日】2018/5/25
オススメ度★★★☆☆
こんな時に自分を見つめ直したいときに
キーワード引き寄せ最高の自分メンタル
【頁 数】192ページ
【目 次】
第一章 「外見戦略」とは何か
第二章 なぜ「外見戦略」が大切なのか
第三章 「外見戦略」のやり方

 

この本が、あなたを変える!

 

川園樹さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1220冊目】未来を変える「外見戦略」(川園樹)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る