【2017年07月】月間書評記事アクセスランキング

書評記事数1025冊を数える書評ブログ「Share読書.Com」で、この一ヶ月間にもっとも読まれた10冊をランキングで紹介。今月の第1位は『先延ばしは1冊のノートでなくなる』が見事獲得しました!

■今月のアクセストップ10

第1位:先延ばしは1冊のノートでなくなる(大平信孝)
第2位:傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考(枡野俊明)
第3位:一瞬で「自分の答え」を知る法(ゼン・クライア・デブラック)
第4位:科学的に元気になる方法集めました(堀田秀吾)
第5位:お金に支配されない13の真実(クラウディア・ハモンド)
第6位:人生を変える習慣のつくり方(グレッチェン・ルービン)
第7位:未来を動かす(ダリル・アンカ×安藤美冬)
第8位:幸福の「資本」論(橘玲)
第9位:残念ながら、その文章では伝わりません(山口拓朗)
第10位:いつも「結果」を出す人のアウトプット習慣(藤由達藏)

 

■トップ10のご紹介

■第1位:
先延ばしは1冊のノートでなくなる(大平信孝)

【先延ばしよ、さようなら!】
目標実現の専門家・大平信孝氏が、やりたいことを先延ばししない、「ぶっ飛んだ目標」と「10秒アクション」を活用した行動イノベーションメソッドを公開。1冊のノートで覚醒する!
<紹介記事>
【シェア読書:1007冊目】先延ばしは1冊のノートでなくなる(大平信孝)

 

■第2位:
傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考(枡野俊明)

【禅即行動で、図太くなれる!】
曹洞宗徳雄山建功寺住職・枡野俊明氏が、無神経でも図々しくもない、たくましく、おおらかな、真の「図太さ」が身につく禅思考を紹介する。誰でも実践できる行動で図太くなれる。
<紹介記事>
【シェア読書:978冊目】傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考(枡野俊明)

 

■第3位:
一瞬で「自分の答え」を知る法(ゼン・クライア・デブラック)

【内なるガイドを呼び覚まそう!】
インスピレーションコーチ、ゼン・クライア・デブラック氏が、自分の答えを一瞬で知る方法を紹介する。思い込みや感情に流されず、進むべき道を示す内なるガイドを知る。
<紹介記事>
【シェア読書:1010冊目】一瞬で「自分の答え」を知る法(ゼン・クライア・デブラック)

 

■第4位:
科学的に元気になる方法集めました(堀田秀吾)

【読むほどに元気になる日めくり本!】
明治大学教授・堀田秀吾氏が、世界の研究結果から、科学的に誰もが『元気になる』方法を集めた一冊。全部で38のアクションを日めくりしていくことで、どんどん元気が湧く!
<紹介記事>
【シェア読書:914冊目】科学的に元気になる方法集めました(堀田秀吾)

 

■第5位:
お金に支配されない13の真実(クラウディア・ハモンド)

【お金の手綱を締めていますか?】
心理学者クラウディア・ハモンド氏が、193の心理研究から解き明かした、「お金に支配されない13の真実」を解説していく。お金を理解すれば、お金の使い方がわかる一冊。
<紹介記事>
【シェア読書:1015冊目】お金に支配されない13の真実(クラウディア・ハモンド)

 

■第6位:
人生を変える習慣のつくり方(グレッチェン・ルービン)

【自分だけの習慣化の「型」づくり】
ミリオンセラー作家・グレッチェン・ルービン氏が、「自分の傾向」に合わせた習慣のつくり方を体系的に紹介する一冊。自分の傾向を知り、即した習慣化で、人生を変える!
<紹介記事>
人生を変える習慣のつくり方(グレッチェン・ルービン)

 

■第7位:
未来を動かす(ダリル・アンカ×安藤美冬)

【未来を動かすためには、今を動かす!】
フリーランサー・安藤美冬氏とバシャール(ダリル・アンカ)の対談セッションを収録した一冊。変容期の今、「最高の人生」にシフトするための歩み方を示唆していきます。
<紹介記事>
【シェア読書:1008冊目】未来を動かす(ダリル・アンカ×安藤美冬)

 

■第8位:
幸福の「資本」論(橘玲)

【どうすれば「幸福」を得られるのか?】
社会評論家・橘玲氏が、”3つの資本”と”8つの人生パターン”から、自分に合った「幸福」のカタチを選択するヒントを指南する。自分の人生の設計方法が身につく一冊。
<紹介記事>
【シェア読書:1014冊目】幸福の「資本」論(橘玲)

 

■第9位:
残念ながら、その文章では伝わりません(山口拓朗)

【文章力は学べるスキル!】
伝える力【話す・書く】研究所所長・山口拓朗氏が、「わかりやすい」といわれる、書き方の基本とコツを解説。「残念ながら、その文章では伝わりません」という反応がなくなっていく。
<紹介記事>
【シェア読書:1020冊目】残念ながら、その文章では伝わりません(山口拓朗)

 

■第10位:
いつも「結果」を出す人のアウトプット習慣(藤由達藏)

【なんのために学ぶのですか?】
夢実現応援家・藤由達藏氏が、いつも「結果」を出す人はアウトプットを前提に学んでいると提起し、「学び」を「行動」に変えられる人が実践するアウトプット習慣を指南した一冊。
<紹介記事>
【シェア読書:1012冊目】いつも「結果」を出す人のアウトプット習慣(藤由達藏)

 

■編集後記

日本テレビの「世界一受けたい授業」に出演された堀田秀吾さんの「科学的に元気になる方法集めました」が急上昇し、4位にランキング入り!

 

そして、公開から高いアクセス数で閲覧され続けている大平信孝さんの「先延ばしは1冊のノートでなくなる」が月間ランキングでも1位を獲得されました。

 

その他の本もオススメ本ばかりです。
興味がある本がありましたら、ぜひこの機会にチェックしてみてください\(^o^)/

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

【仲間大募集中!】101年倶楽部
大人の学び合いの場としてのコミュニティを運営しています(^^)
『学び』をキーワードに、お互い高め合いませんか?

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る