【書評:1401冊目】本気で変わりたい人の行動イノベーション[文庫版](大平信孝)

【1日1分の継続が人生を変える!】
目標実現の専門家・大平信孝氏が、本気で変わりたい人の行動イノベーションと題して、アドラー心理学にもとづく行動革命メソッドを解説する一冊。毎日実行で、本当の夢が叶う!

■書籍の紹介文

「なんで計画通りに行動できないんだろうか?」
「どうすれば計画通りに行動できるんだろうか?」
あなたは、どちらのパターンで物事を考えていますか。

 

本書は、アドラー心理学にもとづく、「たった1分間で、あなたの未来を変える」行動イノベーションメソッドを解説する一冊。

 

アドラー心理学が支持される理由。
それは、「原因論(=なぜダメなのか?どこがダメなのか?)」ではなく、「目的論(=どうすれば今よりもっとうまくいくのか?)」を考え実行する心理学だからです。

 

原因論で物事を考えると、どんどん「自分はできない」という刷り込みがされてしまいます。
目的論で物事を考えると、あれかな?これかな?と次々と行動が浮かんできます。

 

当然ながら、行動をしなければ、今も未来もなにも変わりません。
つまり、すこしでも行動を起こすように自分をコントロールしなければいけないのです。

 

このコントロールに、アドラー心理学がマッチしているのです。
だから、アドラー心理学は支持されているのです。

 

本書で学ぶ「行動イノベーションメソッド」は、「アドラー心理学の考え方」と「コーチングスキル」を融合させたメソッド。
習得することで、自分の本当の欲望に気づき、その実現のために行動を起こせるようになっていきます。

 

そして、習得の要となるのが「1分間行動イノベーション」。
「50秒セルフトーク」と「10秒アクション」の組み合わせからなる1分間の行動習慣です。

 

この「ひとりで行え」「1分間で行える」コーチングのエッセンスを凝縮した習慣プログラムを継続する。
結果、自分が本当に望む夢に向かってイキイキと生きることができるようになります。

 

必要なのは、1日1分間(できれば朝晩1分ずつ)。
この継続で、人生の歯車がかみ合っていくのです。

 

◆[単行本]版の紹介記事はコチラ!
【書評:415冊目】本気で変わりたい人の 行動イノベーション(大平信孝)
※2014年9月29日公開の記事になります。

 

◆1分間の継続が人生を変える!

本気で変わりたい人の行動イノベーション[文庫版]
大平信孝 大和書房 2019-2-9
売上ランキング(公開時):23,704
Amazon 楽天

■【要約】15個の抜粋ポイント

「何のために仕事がうまくいくようになりたいのか?」「どうしたら仕事がうまくいくようになるのか?」を考えたほうが、より早く人を幸せにするのです。

 

●心と体の声を聞く4つの質問
(1)あなたの「体の声」は今なんと言っていますか?
(2)あなたの「体の声」に従って、この後どんなことをしたらさらに楽しくなりますか?
(3)あなたの「心の声」は今なんと言っていますか?今、どんな気持ちですか?
(4)あなたの「心の声」に従って、この後どんなことをしたらさらに楽しくなりますか?

 

行動したいなら、感情と行動を司る古い脳にアプローチする必要があります。
「欲望」という自分の情動を使えば、いつでも自在に自分の脳にアプローチができます。
だからこそ、まずは「自分の『欲望』が何なのか?」を知ることから始めるべきなのです。

 

「欲望」を洗いざらい挙げていく。
そして、どんどんつなげていく。
すると、自然とビジョンができ上がっていきます。

 

●アドラーの「幸福の3条件」
①自分を受け入れていること
②他者を信頼していること
③他者に貢献していること

 

これからみなさんに行ってもらいたい「1分間行動イノベーション」は、毎日ほんの少しでもいいので、とにかく毎日続けてほしい習慣化プログラムです。

 

「50秒セルフトーク」で、いったい何をするのか?
それは、たった1つです。
「本当はどうしたい?」
これだけを、自分に問いかけるのです。

 

気づきを得た、答えを見つけた直後に「動き出す」ということが大事なのです。

 

「10秒アクション」の中で行うこと。
これも、基本的にはたった1つです。
それは「自分の望む姿に近づくためのアクションを取る」ということです。

 

●自分との仲良し度セルフチェック
□ありのままの自分にOKを出している
□できない自分にもOKを出している
□欠点だらけの自分でも愛せるか?
□どんな状況になっても自分の味方でいられるか?
□自分にできることと自分にはできないことを見極められるか?
(診断結果は、P.160を!)

 

「与えられたものはすでにたくさんある」
「与えられたものをどう使うかを考える」

 

できてもできなくても、「ありのままの今の自分」を受け入れることが自己受容です。

 

いいセルフイメージを持つと、いい「欲望」やいい「ビジョン」を持つことができ、さらに「自分にはできる」という感情に満たされますから、行動がどんどん加速していきます。

 

つまり、あなたが「自分自身のことをどう思っているのか?」が、あなたの思考・選択・決断・行動に大きな影響を与えるのです。

 

情熱をともなった行動こそが、あなたの人生の新しい扉を開くのです。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1401-1】寝起きにカーテンを開けたら、1分間行動イノベーションを行う

【1401-2】就寝の10分前になったら、1分間行動イノベーションを行う

【1401-3】「10秒アクション」でやると良さそうな行動を書き出す

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】本気で変わりたい人の行動イノベーション[文庫版]
【著者名】大平信孝著者情報
出版社大和書房
【出版日】2019/2/9
オススメ度★★★★☆
こんな時に生き方に迷ったときに
キーワード最高の自分習慣術自己対話
【頁 数】232ページ
【目 次】
第1章 「原因」を知るより「欲望」を知る
第2章 「欲望」からビジョンが生まれる
第3章 「1分間行動イノベーション」1 セルフトーク
第4章 「1分間行動イノベーション」2 アクション
第5章 自分と仲良くなるための「1分間アドラーエクササイズ」
第6章 成功者に学ぶ、「行動」を加速させる方法

 

この本が、あなたを変える!

本気で変わりたい人の行動イノベーション[文庫版]
大平信孝 大和書房 2019-2-9
売上ランキング(公開時):23,704
Amazon 楽天

大平信孝さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1401冊目】本気で変わりたい人の行動イノベーション[文庫版](大平信孝)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る