【書評:1163冊目】ラクして速いが一番すごい(松本利明)

【1秒でも早く、結果につなげるために】
人事・戦略コンサルタント・松本利明氏が、「ラクして速い」をモットーに、ズバ抜けた成果を出す人が実践する、56の仕事のコツを紹介する一冊。仕事のスピードが上がる!

■この本の紹介文

自分の仕事のスピード。
早いと思いますか?遅いと思いますか?

 

本書は、著者が関わった「リストラされた5万人」と「選抜された6千人」を対比させながら、ズバ抜けた成果を出す人材となるために身につけるべき、具体的な仕事のコツを紹介する一冊。

 

タイトルにある「ラクして速い」は、いうまでもなく「手抜きをする」ということではありません。
徹底的に「ムダな仕事を減らす」ということです。

 

まず考えたいのが、”ムダな仕事”とはなんでしょうか。
そもそも、仕事にムダなものなど、あるのでしょうか。

 

著者は「ラクして速い」を、このように定義しています。
集中すべきものと、捨てるべきものを正しく取捨選択すること

 

すなわち、集中すべきものとは、自分がやることで他の人よりも生産性が高くなる部類の仕事(=自分の得意な仕事)のことです。
反対に、捨てるべきものとは、自分がやるよりも他の人に任せた方が生産性が高くなる部類の仕事のことです(他人に押しつけろ!という意味ではありません)。

 

この取捨選択をする力を磨き上げることで、「ラクして速い」仕事ができるようになると、著者は述べています。
そのために必要なコツを、徹底的に解説しています。

 

コツをつかみ、取捨選択する力が高まるに連れて、力の入れ所と抜き所がわかるようになっていきます。
そこまでになれれば、結果は出やすくなり、様々な選択肢が増えるのです。

 

人は、1日24時間集中し続けることは不可能です。
しかし、結果は常に求められています。

 

この折り合いをつけるのに、「力の入れ所と抜き所」を選択する力は強力だと感じます。
ぜひ、この機会に磨いていきましょう!

 

◆もっとラクしよう!

■本がわかる!15の要約ポイント

やり直しは、生産性とモチベーションを一気に下げます。
ではどうすればいいか。
実は簡単。
確認やチェックの回数を増やせばいいのです。

 

「空(ソラ)を見ると曇ってきた(事実)。雨(アメ)が降りそうだから(洞察)、傘(カサ)を持っていこう(打ち手)」と覚えてください。
事実を伝えるとき(ソラ)に、「どうなりそうか?」(アメ)、「ゆえに、どんな打ち手や行動をすればいいか」(カサ)の3つをセットにして伝えるのです。
すると、認識のズレなく、上司に正しく判断してもらえます。

 

速く確実に文章のミスをチェックするにはどうすればいいか?
声に出して読み上げればいいのです。

 

自分の持ち味を知るのは簡単です。
仕事上の「ありがとうの声」を知ればいいのです。
この「ありがとうの声」があなたの「提供価値」です。

 

「相手がいる仕事」から着手すれば、横やりを防げるだけでなく、相手からは感謝され、あなたの評判も上がります。

 

「今、あなたの頭の中の悩みや問題がすべて解決したとしたら、どうなりますか?」

 

「ありがとうございます」は具体的に、何の、どこが、どうよかったのかをハッキリ言葉にしないと伝わりません。

 

週に1回は時間を決めて資料やデータを整理しましょう。

 

提案を通すだけでなく、通した後にいかに自分が動きやすくなるかをしっかり見据えましょう。

 

相手に気持ちよく動いてもらうにはどうすればいいか?
相手の「欲」をダイレクトに刺激するひと言を最初に言いましょう。
「自分が得をするか」「自分にとっての不利益を避けられるか」という欲が刺激されるからです。

 

根回しの真髄は、相手を抑え込むことではなく、相手も勝たせ、さらに味方になってもらうことです。
そんな夢みたいなことができるのでしょうか?
はい、簡単にできます。
「共通の敵は何か?」を探り、見つければいいのです。

 

まわりの100人に感謝すれば、その同じ100人分の感謝があなた1人に集まります。

 

異業種のビジネスモデル、サービスや商品をパクると、「今までの当たり前」が当たり前ではなくなり、新しい視点や気づきが得られます。

 

勇気を出して、自分の欠点、嫌いなところを書き出してみましょう。
そしてどんどん変換していくのです。
それがコンプレックスを乗り越えるチャンスになるかもしれません。

 

大事なことは「続けること」に労力をかけず、挫折しないようにすること。
そしてコツコツ習慣にしていくことだと、リーダーの皆さんは口を揃えて言っていました。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1163-1】報連相は、ソラ・アメ・カサの3点セットで伝える

【1163-2】文章をチェックするときは、音読チェックを実施する

【1163-3】感謝を積極的に言葉に出して伝える

 

■ひと言まとめ

速く終われば、それだけ可能性は広がる!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】「ラクして速い」が一番すごい
【著者名】松本利明
出版社ダイヤモンド社
【出版日】2018/1/18
オススメ度★★★★☆
こんな時に明日の仕事力を磨きたいときに
キーワード働き方問題解決交渉術
【頁 数】224ページ
【目 次】
第1章 一発で決める
第2章 スパッと割り切る
第3章 抱え込まない
第4章 組織の「壁」を利用する
第5章 自分で「できる」ようになる

 

この本が、あなたを変える!

 

松本利明さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1163冊目】ラクして速いが一番すごい(松本利明)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る