「最高の自分」になるために、人と会おう!

manabi1213

【本からの学びシェア】「人間関係の99%はことばで変わる!(堀田秀吾)」を読み終えて、感じたことや考えたことをまとめる。人間は1人で生きられない。人と出会い続けることで「最高の自分」が手に入る。

今日のキーワード:堀田秀吾最高の自分人間関係ことばのチカラ

 

私たちは接する相手によって性格を変えます。
いろいろな人に会って、新しい自分を見つけることができます。
最高の自分を探せます。
人は経験によってのみ成長していきます。
一度しかない人生ですから面倒くさがりの自分を捨てて、
最高の自分を、そして最高の人生を見つけにいきませんか?
人間関係の99%はことばで変わる!(堀田秀吾)

 

家族に見せる顔

友達に見せる顔

配偶者やパートナーに見せる顔

上司に見せる顔

同僚に見せる顔

後輩に見せる顔

見知らぬ人に見せる顔

自分自身に見せる顔

あなたは、さまざまな顔を持っている。その1つ1つの顔すべてが、あなたを司っているのだ。上司にペコペコするのもあなた。配偶者やパートナーに優しく微笑むのもあなた。接客する店員についつい横柄な態度をとってしまうのもあなた。どれ1つとして欠けてはいけない、あなたを司る大切なカケラなのだ。

 

そして、カケラが多ければ多いほど、あなたは色鮮やかになり、人生を楽しみ、なりたいと思う「最高の自分」に近づいていくことができる。だから、あなたもわたしもカケラをどんどん増やす努力をしないといけないのだ。

 

人と会う。

 

会う人によってわたしたちは顔を変える。ならば、カケラを増やす方法は、さまざまな人に会うことしかない。人と会い、その都度違う顔をした自分をつくり出していくのだ。その数が触れるのに比例して、多面性を持った自分ができ上がり、あなたは一層魅力的な人間になっていくのだ。

 

あなたは今年、どれだけの人と出会っただろうか?

あなたは今年、どれだけの新しい人に出会いに行っただろうか?

 

今の人間関係が苦しいと思って人付き合いを敬遠しているのなら、その苦しみからあなたを解放してくれるのも、人間関係しかないのだ。今の人間関係が苦しいのなら、あなた自身が、それを癒してくれる新しい人間関係をつくり出すしかないのだ。ここは誰も助けてはくれない。踏ん張りどころだ。

 

頑張ってカケラを増やし多面性を高めていけば、きっとあなたの景色が一変する出会いにめぐり合うはずだ。どこにきっかけがあるかは誰にも分からない。あると信じて、進んでいくしかない。全人類60億人。あなたを笑顔にしてくれる人間関係の糸が、きっとどこかに垂れているはずだ。

 

あなたを笑顔にしてくれる人間関係の糸が、早くみつけられるかもしれない方法もある。

 

それは、「ことばのチカラ」を使うということだ。今の人間関係に苦しいと思っている人は、自分の普段のことばを書き留めてみて欲しい。きっと、ネガティブなことばが多く書き留められることだろう。「嫌いだ」「気に入らない」「ムカつく」などなど。

 

当然、これらの前には「あいつは」という主語が入るだろう。ただし、ここで注意しないといけないのが、脳は主語を認識できないということだ。つまり、あなたは「あいつ」に向けて「嫌いだ」と言っているつもりが、脳は「嫌いだ」の部分しか受け取らない。結果、外に向けて発したネガティブワードを、脳は同時に内に向けてあなたに対しても「嫌いだ」と言われたと捉えてしまうのだ。これが無意識のうちにあなたの心を支配してしまう、「ことばのチカラ」の恐ろしいところだ。

 

しかし、逆に「ことばのチカラ」を味方にすれば、あなたの心を自然と前向きにし、あなたを笑顔にしてくれる人間関係の糸を、グッと手繰りよせてくれるだろう。

 

わたしが「ことばのチカラ」で最近意識していることを最後に紹介させていただく。少しでもイメージが湧けば幸いだ。それは、感謝の意味で発している「すいません」を、きちんと「ありがとう」に置き換えて伝えるということだ。

 

照れくさいので、まだまだ「すいません」が出てしまうことも多いが、意識して「ありがとう」への置き換えを進めている。たったこれだけでも、日々「感謝に包まれて生活しているな」と前向きな気持ちになれる。顕著なのだがコンビニのレジだ。お釣りを受け取るときに「すいません」とでてしまっている時は店員も事務的な返答をすることが多い。これが「ありがとう」と言って受け取ると店員も笑顔になってくれることが多い。朝などは人によって「いってらっしゃい」と言ってくれることも増えた。

 

小さな変化だが、こうした小さな変化の連続が、徐々に「最高の自分」へと繋がる、笑顔にしてくれる人間関係の糸へと、自分を導いてくれると信じて実践している。

 

ぜひ、あなたもよく使うネガティブワードを1つ、ポジティブワードに変えることから始めてみて欲しい。照れ臭さを楽しみながら。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

↓気づきを与えてくれたのはこちらの一冊!(Amazonリンク)
b644

 

photo credit: Round Rainbow via photopin (license)

 

■【読者登録受付中】メルマガの配信を開始しました!■
登録はこちらから
※注意※
携帯アドレスで登録される方は、
「@sharedoku.com」のドメインを指定受信にして下さい。

 


 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る