【シェア読書:466冊目】ビジネス版「風姿花伝」の教え(森澤勇司)

b466
【現代版・世阿弥の教え】能楽師・森澤勇司氏が、能楽の大成者・世阿弥が仕事と人生の極意を説いた「風姿花伝」を現代ビジネスシーンに即した形でまとめた一冊。400年以上秘匿された言葉が持つ力を体感せよ!




===================
書籍情報
===================
【書籍名】ビジネス版「風姿花伝」の教え
【著者名】森澤勇司
【出版社】マイナビ
【出版日】2014/12/25
【推薦度】★★★★☆
【頁 数】208ページ
【目 次】
第1章 成長に必要なこと
第2章 思い通りにならない時
第3章 仕事の意義と結果の出し方
第4章 勝負の極意
第5章 人間的魅力の作り方
第6章 部下の育て方
第7章 商談という舞台の極意


===================
なぜこの本を選んだのか?
===================

・昨年末、森澤さんとご縁をいただいたため

・「風姿花伝」の教えを分かりやすく学べそうだったため

 

===================
この本で得たいこととは?
===================

・風姿花伝の教えの空気感

・自分の刺激になる言葉


===================
1分間紹介文
===================

 

「風姿花伝」
能楽者の大成者・世阿弥が後継者のために書き遺した経営バイブル。

 

「秘すれば花」
「上手は下手の手本、下手は上手の手本」
「初心忘るべからず」
これら有名な慣用句はすべて世阿弥の教えであることをご存知でしょうか。

 

「風姿花伝」に触れて、個人的に一番興味を惹かれたのが、
『徳川幕府が終わるまで、将軍家と能楽の伝承者のみに伝えられた、秘匿の書だった』
ということ。家康がそう命じたということは、それだけの引力が「風姿花伝」にはあることの証左だと思います。あの戦乱の世を治め、300年近く続く太平の世を成し得たわけですから、ロマンを感じますよね(^^)

 

本書は、そんな「風姿花伝」を現代の能楽師・森澤勇司さんが、現代のビジネスシーンに当てはめて意訳をした非常に読みやすい一冊。

 

古典と聞くと”読みづらい””難解”というイメージを持つ方が多いですが、本書においてその心配は一切ありません。難しい口語表現は一切なく、世阿弥の教えに触れられる点が一番の価値。

 

能の世界に足を運んでみたくなる、そんな一冊でオススメ!!

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

ピークになれば、上はないのです。自分の実力が頂点であると思うことはすなわち、これから下り坂に向かうことに他なりません。一時的にうまくいったことを、人生最大のピークとしてしまうのは、やがて衰えることの準備ができていない状態です。

 

対極にあるものにあえて取り組むことで、求めているものの本質を知ることができる

 

相手の願望を実現するために自分のできる限りの力を注ぐ、そのような姿勢に人々は誠意を感じるもの

 

自分の正しさよりも、実績のある人の意見を受け入れられる寛容さが人間の器を大きくします。矛盾した意見は、自分の視点を変え成長する良い機会なのです。矛盾を受け入れてみることは自己成長につながります。

 

ファインプレーは、準備不足の証拠

 

パターン化した人間の仕事はどんどんと機械に変わってきています。これからの時代はどんな仕事においても人間にしかできないことを極めていくことが重要です。笑顔や挨拶の仕方、話し方や声の調子、姿勢の美しさなど人間にしかできないことをおろそかにすれば機械のほうが良いということになっていきます。

 

マイナスの結果やうまくいかないイメージが多く出てくる時、こうした兆候は予期せぬ事柄への対策を立てるのにはとても役立ちます。
本番前に不安感があったり、平均的にうまくいかない兆候が感じられるならば、根本的な準備不足

 

勝ち目のない実力差でも、一点に集中すればどこか勝つポイントがある

 

自然に動作が似てしまうほど相手の心に共感して寄り添うこと

 

言葉とは脳の働きが表面化したものなのです。言葉を変えずに動きを変えることは一時的にできたとしても、不自然な状態です。長く続けることは精神にも負荷がかかります。動きを変えたければ動きに意識を向けるより先に、自分の思い描いた言葉を使ってみてください。そうすれば体は素直に反応してくる

 

基本を繰り返し考えていくのもアイデアの浮かびやすくなる行動習慣

 

変えられないものを嘆くことにエネルギーを費やすのではなく、変えられるものに一〇〇パーセントのエネルギーを注ぐことで人の評価は変えられます。

 

物事は掛け算で成り立っています。どこかがゼロになれば一気にパフォーマンスが下がり、マイナスになればさらに悪い結果になります。

 

言葉のコミュニケーションは七パーセント、非言語コミュニケーションが九三パーセントといわれています。この七パーセントと九三パーセントに統一感があれば、あなたは一〇〇%の統一感をもって人に記憶され、統一感を通して信頼感を得ることができます。

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【15-0019】自分で変えられるものだけに全力を尽くす

 

【15-0020】理想の自分を書き出し、それを表す言葉を書き出す

 

【15-0021】能の舞台を観に行く

 

===================
今日の一言
===================

「風姿花伝」興味が尽きない。

 

===================
編集後記
===================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

2015年、早くも7日目。
自分が今できることを黙々と。
頑張りましょう(*^^*)

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

感謝!米山智裕

 

===================
今回紹介した本
===================
ビジネス版「風姿花伝」の教え
b466

森澤勇司さん、興味深い一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

01時間30分。
通勤電車で黙々と。

 


 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ購読受付中!

【メルマガ版】Share読書.Com
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

PR

ページ上部へ戻る