【シェア読書:450冊目】毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法(樺沢紫苑)

b450
【ネットを有効活用できていますか?】ネット界のカリスマ・樺沢紫苑氏が「効率・情報・人脈」をキーワードに、ネットを”自分のため”に活用するコツを99の方法にまとめる。そのクリック何のためにしますか?









====================
書籍情報
====================
【書籍名】毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法
【著者名】樺沢紫苑
【出版社】東洋経済新報社
【出版日】2014/11/21
【推薦度】★★★☆☆
【頁 数】229ページ
【目 次】
第1部 デジタルツールの最適な使い方
第2部 デジタルテクニックを極める
第3部 デジタルとアナログを上手につなげる







====================
なぜこの本を選んだのか?
====================

 

・自分のSNSの運用のヒット探し

・Facebook上で紹介している人が多かったため

・東洋経済新報社が版元だったため

 

====================
なぜこの本を読むのか?
====================

 

・自分のSNSの運用で欠けている視点はないか

・自分のSNS作業を効率化できるものはないか









====================
1分間紹介文
====================

 

メール・ネット・SNSに、1日でどれくらいの時間を使っているか。
あなたはきちんと把握していますか?

 

Facebook14万人
Twitter12万人
メルマガ15万人
これだけの影響力を持つネット界のカリスマ・樺沢紫苑さん。

 

そんな樺沢さんがネットに関わるのは1日90分のみ。この圧倒的に少ない時間で、最大限に効率化し、最大限の効果を得るために日々意識していることの中から、今すぐ取り組むべきコツをまとめた一冊。

 

・迷惑メールのイライラを激減させるGmail活用術
・情報収集を自動化するキュレーターの見つけ方
・ネットはあくまでツール、リアルに繋がる人脈づくり
などを中心に、書かれていることは当たり前の内容がほとんだだが、改めて読むと自分の弱い部分が見つかる内容。デジタル活動のセルフチェックに有益。

 

・厳選と謳っているのに99個は多すぎる点
・最初から最後まで同じつくりのため、章の区切りが分かりづらく単調感が強い点
この2点が残念な点ではあるが、デジタル活動の見直しするきっかけに、おすすめの一冊。

 

そのクリック、あなたにとってどういう意味がありますか?

 

====================
Key Phrase(15の気に入った一文)
====================

 

スマホを使いこなしているのではなく、「スマホに使われている」
SNSを使いこなしているのではなく、「SNSに使われている」
あなたはそんな「スマホ奴隷」になっていないでしょうか。

 

仕事の「脇役」であるスマホで必要以上の仕事をやろうとするから、「ムダ」と「不便」が起きる

 

「あれもこれも」と欲張るほど、満足度は下がるいっぽう

 

「不便」は言い換えると「非効率」であり「ムダ」です。
解決法がないなら仕方ありませんが、パソコンやソフトウェアに関する不便や非効率はたいてい解決法があるもの

 

メールで最も喜ばれるのは返信が早いこと、メールでいちばん嫌われるのは何の音沙汰もないことです。返信のスピードが、相手に対する「好感度」の違いとなってあらわれます。

 

「既読」機能は、返信を省略するための機能

 

情報収集で漫然と「何か面白い情報」を求めるのは、何も求めないのと同じこと

 

フェイスブックのニュースフィード、ツイッターのタイムラインを見ていて、「この人、いい情報を発信しているな」「この人が紹介するニュースはハズレがないな」と思ったら、その人(キュレーター)をフォローすればいい

 

●SNSの5つの厳選ルール
(1)SNSに書く前に「この話を1000人の前で堂々とできるか?」を自問自答する
(2)SNSは「ガラス張り」だと心がける
(3)SNSは「情報収集」と「交流」の2つに使う
(4)SNSの拡散力を侮らない
(5)クリックする前に「この投稿は自分の信頼度」をアップするか?」を自問自答する

 

SNSでは想像力を働かせることが非常に重要です。「この投稿によって相手はどう思うか?」「読者はどう思うか?」

 

スマホ、タブレット、パソコンなどデジタル機器の最大の弱点は「一覧性が悪い」「全体を見渡せない」ことです。一方、「紙」の最大のメリットは「視認性がいい」「全体を一瞬で眺めてだいたいの内容を把握できる」ことです。

 

ToDoリストを線で消す瞬間に、幸福物質の「ドーパミン」が分泌され、強い達成感を味わうとともに、次の仕事のモチベーションが得られる

 

ネットで「失敗する人」は、ネットですべてを完結しようとする人です。一方、ネットで「成功する人」は、活動の範囲をネットだけに留めず、ネットで知り合った人と積極的にリアルで会い、リアルでの交流を活発にしていく人です。

 

自分にとって本当に貴重な情報をもたらしてくれるのは、じつは自分と同じステージにいる仲間

 

これからの世界は、仕事もプライベートも、ネットやモバイル機器なしでは考えられません。つまり、SNSやスマホを、上手に、そして効率的に活用できるかどうかが、私たちの将来、そして私たちが「幸福」に生きられるかどうかに関わっているといっても過言ではありません。

 

====================
Take Action(実践ポイント)
====================

 

●ネット上で自分をどう見せたいのか、書き出す

 

●PC・スマホを動かす時に「何をするのか?」を1週間自問自答してみる

 

●SNS上で繋がっている人を改めて見直してみる

 

====================
今日の一言
====================

 

その1クリック。時間の浪費ですか?将来への投資ですか?

 

====================
編集後記
====================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

昨日の衆議院選挙。
半分近い有権者が意思表示をせず、投票率が戦後最低とのこと。
ネット上では一般的ですが、リアルな社会でも日本人のサイレントマジョリティー化が進行している現れのような気がします。非常に重要な存在なのに、態度も意志も示さないので動向が見えない層が着実に増えている。彼らを無視するのではなく、動向をどうやって見極めるか。極めて重い課題だと感じます。

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

感謝!米山智裕

 

====================
今回紹介した本
====================
毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法
b450

樺沢紫苑さん、自己チェックに役立つ一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

====================
読了までの時間
====================

 

01時間20分。
通勤電車の行き帰りにて。

 








 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る