【363冊目】世界と闘う「読書術」(佐高信、佐藤優)

b363
【読書1000本ノック!】言論界の武闘派コンビ・佐高信×佐藤優の両氏が贈る、生き残る為の読書術をまとめた一冊。「自分の言葉で世界を捉え直し、思考を鍛えるには読書しかない。」という読書武装論の書!!

 

 

==================
■書籍情報
==================
【書籍名】世界と闘う「読書術」 思想を鍛える一〇〇〇冊
【著者名】佐高信、佐藤優
【出版社】集英社
【出版日】2013/11/15
【推薦度】★★★☆☆
【目 次】
第1章 宗教・民族と国家
第2章 家族と国家
第3章 戦争・組織
第4章 日本とアメリカ
第5章 沖縄・差別の構造
第6章 日本・日本人
第7章 文学・評伝・文芸批評
第8章 社畜とブラック企業
第9章 未来を読む

 

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介する一冊は【世界と闘う「読書術」 思想を鍛える一〇〇〇冊

 

著者は、佐高信さんと佐藤優さん。
説明不要の言論界の武闘派コンビでいらっしゃる2人です。

 

あなたへの質問です。
「あなたは、普段から頭に負荷をかけて読書をしていますか?」

 

本書は、世界は激変している。こんな時代に思想のないまま世界に対峙して生きていくことはできない。自分の言葉で世界をとらえ直し、みずからの思想を鍛えるのは読書しかない。ふたりの知の巨人が実体験をひきながら、読書を武器にする方法を説き明かした一冊。

 

非常に頭に負荷がかかる本であり、人によっては読むのも苦労するかもしれない本ですが、じっくり読むと知的好奇心をこの上なく刺激される良書。

 

頭に負荷をかけて、知的好奇心を刺激してみませんか?

 

それでは、本編をはじめます。

 


 

==================
■本の抜粋ポイント
==================
嫌な雰囲気が蔓延している。
国際政治ではシリア内戦が大規模な戦争につながる危険がある。
尖閣諸島をめぐる日中間の緊張が武力衝突に発展する可能性も排除されない。
日本国内では、雇用に対する規制が緩和され、格差がますます拡大していくであろう。
ひと言でいうと、現在は悪の力が強まりつつある時代なのである。

 

日本人は疑うことより信ずることを尊ぶ。それで疑問によって鍛えられていない軽信がはびこる。それが宗教への理解を遠ざけている

 

実は理科系でも文科系でも哲学でも何でも、一番てっとり早いのは放送大学の教材

 

われわれは自分たちが経験しているところの鏡を通して過去を見るわけですよ。同年代の人間しか知らないとなると、価値観が固まってしまう。

 

人間は、極度に異質なところで長い間生きていくことはできません。
軍隊もこの世の生き地獄というわけでもなくて、軍隊は軍隊なりの楽しさがあり、その中にいじめもあるということです。

 

映画で大づかみに流れをつかんで、そのあとで原作を丁寧に読むのがいいですね。

 

帝国主義のゲームのルールというのは簡単なんですよね。
まず自国の権益を相手のことを考えないで最大限に主張する。
それで相手が黙って怯んでいると、国際社会が黙っている間はそれで権益を拡大するわけですよ。
相手が必死になって抵抗して国際社会がいかがなものかということなったときには、適宜妥協して国際協調に転じる。
これが帝国主義のゲームのルールなんです。外交官というのは、それをやる人たちなんですよ。

 

交渉というのはどんな状況でも可能です。どんな状況でも、交渉が妥結するということは、こちらの立場が少しは反映されますから。

 

君主や官僚層、軍産複合体は、自分たちの利益のために戦争をやっている。
しかし、そのゲームの中で、あくまで自国のためだからというかたちにして、民衆の中には全体像はよく見えている人もいるんだけれども、
それを止める方向には絶対に動かないわけでしょう。

 

時代状況が変わったことで、解釈の基準が変わってきた

 

日本には沖縄に対する根深い差別の問題がありますが、本土の人間の無意識に根づいた、沖縄への理解の浅さを一番よく表しているのが、
二○一三年四月二八日に日本政府が主催して行った「主権回復の日」の記念式典です。

 

作家というのは、基本的にテキストだけで判断されますから。人間が腐っていても、書いているものがよければ何でもいいんですから。
そういう意味では、最近はいい人が増えてきたから作品の質も落ちているのかもしれないですね。

 

客観的に絶対に正しいものはない。

 

人は本当に好きなことをやっていれば絶対に食っていけるし、その本を出すことはできるし、その分野で認知されるという一つの例ですよね。
ただ、中途半端に好きではダメで、本当に好きなことをやっていないといけませんが。

 

公権力にとって都合の悪い、目障りな人間のスキャンダルはリークされ公開されて、結果、激しい批判や中傷にさらされる。
一方、権力側の人間のスキャンダルは永遠に秘匿される。それが現実ですよ。

 

==================
■実践する効果があると感じたポイント
==================

●読書リストの中で気になった本を読んでみる

●放送大学のカリキュラムも調べてみる

 

==================
■本のひと言まとめ
==================

自分の考えを確立するには、本を読むべし!

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

今日は無難な一日(^^;
気がついたら一日が終わっておりました(笑)

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
世界と闘う「読書術」 思想を鍛える一〇〇〇冊
b363

頭に汗をかく一冊をどうぞ\(^0^)/

 

==================
■インフォメーション
==================
■書評記事のメルマガ配信を開始しています(*^^*)
購読登録をこちらからお願いします!
http://actionforlive.com/mailmag

 

★1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m>★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る