【322冊目】「気がきく人」の習慣(上田比呂志)

b322
【決定版!気づかいの極意とは。】料亭・三越・ディズニーと三者三様の舞台で磨かれてきた「気づかいの精神」をまとめた一冊。上田比呂志氏があなたにこそ身につけてほしい厳選した20個の気づかい習慣をぜひ。

 

 

==================
■書籍情報
==================
【書籍名】「気がきく人」の習慣
【著者名】上田比呂志
【出版社】アスコム
【出版日】2014/5/24
【推薦度】★★★★★
【目 次】
序幕 うな重は奥から食べなさい
第1幕 「料亭」に学ぶ、気がきく人の習慣―迎え、送るときに感動を与える
第2幕 「三越」に学ぶ、気がきく人の習慣―しっかり身につけたい「気づかい七則」
第3幕 「ディズニー」に学ぶ、気がきく人の習慣―人を喜ばせる「仕組み」の作り方
第4幕 「気がきく人」実践編―もしも、あなたが○○だったら…
終幕 気がきく人は、心が潤っている

 

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介する一冊は【「気がきく人」の習慣

 

著者は、上田比呂志さん。
料亭の気づかいの心やおもてなし精神、ディズニーメソッドを取り入れたコーチングスタイルを確立し、国内外で精力的に活躍中。ベストセラー作家としても有名。

 

あなたへの質問です。
「あなたは、胸を張って気づかいが出来る人間だと、自分のことを言えますか?」

 

本書は、料亭・三越・ディズニーで培われてきた気づかいの精神をまとめた一冊。

料亭・・・日本伝統のきめ細やかな気づかい
三越・・・礼節をわきまえた商人の気づかい
ディズニー・・・ホスピタリティ・サービス精神としての気づかい

まさに三者三様。それぞれが独特な「気づかいの精神」、またそれを具現化するためのさまざまな習慣が脈々と受け継がれる場所だと、イメージされますよね。

 

著者は、この3つの空間で「気づかいとは何か」を日々修練し、独自のメソッドとして確立をしていらっしゃいます。
本書では誰でも意識すれば身につけられる20個の気づかいに関する習慣を収録。どなたでも実践可能なもののみですので、非常に学びやすいつくりになっています。

 

「自己中心的」「自己責任」など、自分さえ良ければという風潮がある現代社会に生きるすべての人に、今一度「気づかいとは何ぞや」という部分を学んでほしい。
そんな一冊です。わたしも学び実践します。

 

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■本の抜粋ポイント
==================
気づかいは、日常における相手を思いやる心であり、おもてなしの基本だ。しかし、数値にできず、流派もなく、決まった型があるわけでもない。それでも、とても大切なことだ。

 

「もし、自分が相手の立場だったらどう感じるか」相手を喜ばせるために、自分の軸を持ちながら、相手の側に立って物事を見つめることが大切なのだ。

 

明日から「おはよう」「さようなら」「お疲れさま」といった挨拶に、一層の心を込めて欲しい。それだけで“軽快な重み”が、相手に伝わるはずだ。

 

「私たちはこんなサービスを提供しています」と提示しているのが、洋のサービスなら、和の気づかいは、コミュニケーションの中から育まれる。

 

相手が何を望んでいるのかを事前に確認し、どんな場を提供すべきかを考え、それを実践してみる。これこそが、和のおもてなしの基本なのだ。

 

「働く」とは「かたわらを楽にしてあげること」だ。かたわら(傍)とは、周りのことだ。周りを楽にできていないうちは、仕事をしているとは言えない。

 

大切なことは、小さな気づかいを積み重ね、感動してもらうことだ。始まりと終わりの気づかいを大切にすることで「また、あなたに会いたい」と思ってもらえるのだ。

 

「語りかけるだけが気づかいではない」ということだ。相手の言葉に耳をかたむけることそのものが、気づかいや、おもてなしになるのだ。

 

「お客様が、本当は何を欲しているか」を想像し感じ取る。売ることだけを考えるのでなく「本当にお客様のためになることは何か」を考えることで、どんな仕事もうまくいくものなのだ。

 

お客様を「神様」と捉え、ただ言うことを聴く姿勢ではダメだ。「子ども」と捉え「いかに遊んでもらい、喜んでもらえるか」を考え抜かなければ、本当のおもてなしとは言えないのだ。

 

和の気づかいが、相手に合わせて自在に変化させるものなら、洋の気づかいは、すばらしい仕組みを作り上げて、相手を満足させるものだった。

 

ディズニーの研修では「決して物を売ろうとしないでください」と指導される。では、ディズニーは店で何を売ろうとしているのかというと、答えは「ストーリー」だ。

 

ディズニーのキャストたちが高い意識で仕事に取り組めるのは、仕組みがあるからだ。たとえば、キャスト同士が褒め合い、一番、褒められた数が多い人が、代表として表彰台に乗る制度がある。

 

周囲を「気づかった人」を表彰する。こうすることで、職場の人たちにも「縁の下の力持ち」的な気づかいの大切さが伝わっていくのだ。

 

「自分の仕事を見てくれている人がいる」という安心感は、大きなモチベーションだ。人は自分のことを意識してもらった時に喜びを感じるのだ。「見ているよ、ありがとう」と伝えることが大切だ。

 

==================
■実践する効果があると感じたポイント
==================

●「相手がどうすれば喜ぶか」に思いを巡らせる

●挨拶を一層心を込めて行う

●「何をして欲しいのか」に集中する

 

==================
■本のひと言まとめ
==================

相手が笑顔になれば、自分も笑顔になれる。

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

 

ワールドカップ寝不足その2。
放送時間が絶妙というか、頑張れば観れてしまう時間帯にやられております(笑)
仕事はきちんとこなしつつ、昼休憩で仮眠するなど調整して楽しみます♪

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
「気がきく人」の習慣(上田比呂志)
b322

上田比呂志さん、素晴らしい本をありがとうございました\(^0^)/

 

★1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m>★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る