【シェア読書:321冊目】「できる店長」と「ダメ店長」の習慣(植竹剛)

b321

【店長を鏡で写したのが店舗】11店舗の店長経験を有する植竹剛氏が、店長としての様々な心構えをまとめた一冊。良くも悪くも店長の表情が現れるのが店舗。良い習慣を身につけ、素晴らしい店作りをしませんか?

===================
書籍情報
===================
【書籍名】「できる店長」と「ダメ店長」の習慣
【著者名】植竹剛
【出版社】明日香出版社
【出版日】2014/4/14
【推薦度】★★★★☆
【対象者】明日のリーダー力を磨きたいときに
【頁 数】235ページ
【目 次】
第1章 心得編
第2章 行動編
第3章 スタッフを育てる編
第4章 チームビルド・マネジメント編
第5章 店舗を整える編
第6章 対本部・本社とのコミュニケーション編
第7章 お店の数字編
第8章 クレーム・接客対応編

 

===================
こんな時に読みたい!
===================

 

・自分のお店を繁盛させたい!と願っているとき

 

・頑張って働くスタッフに報いたいと思っているとき

 

・どうすればもっとスタッフが気持ち良く働いてくれるか悩んでいるとき

 

===================
1分間紹介文
===================

 

あなたは、日々どれだけお店のことを考えていますか?

 

著者は、植竹剛さん。
(株)チームのちから代表取締役。
長年の店長経験を元にした、現場改善コンサルタントとしてご活躍。
これまで直接関わったアルバイト採用は延べ2万人以上。店長の経験は11店舗に及ぶ。

 

いつも考えているよ!でも結果が出ないんだ。と悩んでいる方へオススメ。

 

本書は、売上を上げる責任を負う店長はどういうことに気を配ればいいのか。チームマネジメント、アルバイト育成、店長としての接客心得、お店の数字管理など、特別な技能などなくても実践しやすいポイントを50項目紹介している、まさに店長の”強化書”と言える一冊。

 

「お店の集客力と売上は、店長の力量に比例する。」
良く聞くフレーズですね。しかし、店長というのは店に1人しかいません。集客や売上というプレッシャーのかかる存在なのに、気軽に相談できる相手がいない孤独な存在でもあります。

 

そんな店長の心を癒し、奮い立たせてくれる言葉が随所に散りばめられた内容。ぜひデスクの片隅に置いて、心が折れそうなときに読み返したい。

 

その言葉は、魂を前面に出した現場叩き上げの著者らしい熱気がにじみ出ており、店長なら誰もが共感されること間違いなし。店長がよく遭遇するであろう、それぞれのエピソードはどれもイメージしやすく、店長の職業を理解するに最適な構成。

 

店長が輝けば、スタッフが輝く!
スタッフが輝けば、店が光り輝く!!

 

 

===================
押さえておきたい15のポイント(引用)
===================

 

「できる店長」と「ダメな店長」との違いは?
そんなご質問にお答えする言葉は「結果に真摯かどうかです」のたった一つです。

 

できる店長はお客さまが求めるニーズである「新鮮さ」「新しさ」は何だろうと考えています。
言い換えれば「本当にこれ以上できることはないのか」を探し続けているのです。

 

できる店長は否決された理由探し自体を楽しんで、改良版もしくは新しい提案を起こすことに情熱を注ぐということです。

 

部下への甘さは、ときに組織を崩壊させます。個人の指導や教育の場面では甘さは妥協になります。甘さは「逃げ」なのです。

 

店長のあなたには、厳しいことを言わなくていけない、あるいはせざるをえないときが訪れるかもしれません。
しかし、断固として店長はお客様にサービスや商品をご提供する場所(店舗)を守らなければならないのです。

 

「不平等」と「不公平」は似て非なる言葉

 

どんなに話し方が流暢でわかりやすくても、伝わらなければ何の意味もない

 

できる店長はコミュニケーションの量をみて、ダメな店長は質を問う

 

100%のシンクロはプロセスではありえずに、目的に向かっての100%シンクロがあるのが正解

 

時代は日々変化し、文化は次第に成熟していきます。過去のよき習慣や原理原則は残しつつも新しい情報にも積極的に関与していくことを求められます。

 

「できない」と言うことはカンタンですが、できない理由をしっかりあぶり出してほしい

 

●売上アップの6大要因
①外部環境
②商品
③QSC
④人材
⑤設備
⑥販売促進

 

守/マニュアル・ルール通り、忠実に業務を行う
破/マニュアル・ルールを超えた内容の改善提案を行い、実施する
離/他の仕事でも素晴らしいパフォーマンスを発揮する

 

「言いたいことを言う」

 

「店長が成長した分だけ、店舗の業績は向上する」

 

===================
これをやってみよう!3つの実践ポイント
===================

 

【321-1】「本当にこれ以上できないのか?」を考え仕事をする

 

【321-2】言いたいことは言う

 

【321-3】できないと思ったら、できない理由をあぶり出す

 

===================
今回のまとめ
===================

店長は、苦しくも楽しい!

 

===================
編集後記
===================

本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

横浜は、今日も引き続き清々しい1日でした♪
日本初戦は残念ながら敗戦!
次に期待しつつ、結果の前に最善の準備はできたのか?
ということをちょっと考えさせられました。

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

「できる店長」と「ダメ店長」の習慣

b321

植竹剛さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

===================
読了までの時間
===================

01時間05分
通勤時間にて。

 

■【読者登録受付中】メルマガの配信を開始しました!■
登録はこちらから
※注意※
携帯アドレスで登録される方は、
「@sharedoku.com」のドメインを指定受信にして下さい。

 


 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る