【233冊目】キャラクター・パワー(青木貞茂)

b233
【キャラブームは何故起きたのか?】白いお父さん犬、くまモン、ふなっしー、LINEのスタンプ・・・。日本は今空前のキャラブームに覆われている。その深層には何があるのか。現代日本の文化に切り込んだ一冊!!

 

 

==================
■本の概要
==================
【書籍名】キャラクター・パワー―ゆるキャラから国家ブランディングまで
【著者名】青木貞茂
【出版社】NHK出版
【出版日】2014/2/6
【推薦度】★★☆☆☆
【目 次】
第一章 キャラクターに依存する日本人
第二章 キャラクターが持つ力
第三章 「ゆるキャラ」の先祖たち
第四章 武器としてのキャラクター思考
第五章 ブランドの価値とは何か?
第六章 企業のブランドをキャラクター化する
第七章 国家ブランドをキャラクター化する

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介するのは、「キャラクタービジネス」に関する一冊。

 

著者は、青木貞茂さん。
自称「キャラクター依存症」という法政大学社会学部教授。

 

あなたへの質問です。
「キャラクターが日本中に溢れている理由ってなんだと思いますか?」

 

本書は、この日本における「キャラクター」人気の理由と、今後のキャラクタービジネスの可能性を考察した面白い一冊。

 

「ゆるキャラ」ブームの背景
キャラクタービジネスの可能性

 

ビジネス的な要素は少ないですが、広告論・ブランディング論などマーケティングのヒントもありますので、教養的な読みモノとして楽しめると思います!!

 

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
成熟を拒否するようになり、未熟が認められる現代のような社会では、人々は完全なものよりも不完全なものに魅力を感じる。

 

「物語」というのは、もともと「人はなぜ生まれ死ぬのか」「人はなぜ世界の中で意味ある存在なのか」をわからせるために作られたものです。それを「物の怪」、つまりモノが化けて主人公になって楽しく語っていく。モノが語るから物語なのです。

 

「くまモン」が有名になるきっかけとなったシンボル・ストーリーは、大阪でスタートしています。大阪プロレスとコラボし、「おばかタレント」のスザンヌを宣伝部長にして、一緒に吉本新喜劇に出演するなどしました。また、「くまモン」が、知名度アップのために大阪で名刺一万枚を配らなければならないノルマを課せられ、それを苦に失踪したと、熊本県知事が記者会見を行い、ネットで配信したりしました。

 

マスメディアでなくても情報発信ができる時代だからこそ、地方のご当地キャラクターが普及した。

 

今や私たち自身が情報を集め、キャラクターを発掘し、育てていく時代なのです。これは、一種の育成ゲームのようなものです。

 

現代日本においては、パリのルーブル美術館に匹敵するような、日本のサブカルチャーを集積したシンボリックな聖地が必要です。そういう聖地があれば、多くの外国人が聖地巡礼を果たすべく、日本にやってくるようになるでしょう。

 

==================
■実践ポイント
==================

●「なんで流行っているんだろうか?」を常に考察する

 

==================
■まとめ
==================

ブームを分析すれば、大きな潮流が見えてくる!!

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

 

年度末。。
二足のわらじはさすがにきついですね(~_~;)
もれなくプロの仕事に接したいと思います♪♪

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
b233

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る