【210冊目】うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ(平康慶浩)

b210
【あなたの会社は年収が増えますか?】羨む年収を手に入れる人と、300万円にも届かず苦しい生活を強いられる人。厳しい世の中をいかにして渡り歩いてよりよい人生を手に入れるか。社会人としての処世術として、参考になる一冊です。

 

 

==================
■本の概要
==================
【書籍名】うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ
【著者名】平康慶浩
【出版社】東洋経済新報社
【出版日】2012/10
【推薦度】★★☆☆☆
【目 次】
第1章 給与が増えなくなったのは君だけじゃない
第2章 君の給与を増やすための基本ルール
第3章 業種別の給与の増やし方
第4章 職種別の給与の増やし方
第5章 二重苦企業から脱出したい君へ
第6章 希望は人事制度の中に必ずある
第7章 ハケン・アルバイトから抜け出せない君へ

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介するのは、「処世術」に関する一冊。

 

あらゆる分野で二極化というのが顕著な気がします。
タイトルのように年収300万円にさえ届かない人が増え続けている中、
逆に羨むような年収を得ている人も増えているのもまた事実。

 

本書ではこのあたりを、優秀である必要はない、できる人である必要がある』とキーワードを元に、如何に年収を増やすかのルールを伝授しております。

 

タイトルにちょっとでも反応した人、是非お読むください。

 

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
君の給与は、今年増えただろうか。もし、5000円以上増えたなら、とても良い会社で働いている。なるべくその会社で働き続けることだ。できれば定年まで働くべきだ。

 

給与を増やす方法は、基本的に3つある。「定期昇給」「昇進」「配置転換」だ。ただし、そのために取るべき行動は、会社の組織風土によって異なってくる。

 

会社の組織風土には4種類ある。「普通の企業」「業績悪化型企業」「ブラック型企業」、そして「業績悪化型」と「ブラック型」の両方に当てはまる「二重苦企業」だ。

 

●定期昇給
「普通の企業」で働いているなら「定期昇給で給与を増やす」方法を徹底して実践すればいい。これは、言い換えれば「日々の仕事ぶりを上司に認められる」という、いわば正攻法だ。

 

ポイントは3つある。「できるだけ誰かと一緒に仕事をする」「君の評価をする人に直接、報連相をする」「品質よりもスピードを重視して仕事をする」だ。

 

●昇進
しかし「それでは増えない」と感じるなら、第二の方法、すなわち「昇進で給与を増やす」を使うべきだ。この方法は、言い換えれば「使われる側」から「使う側」に立場を変更する方法だ。

 

ポイントは3つだ。すなわち「自分の給与を含めたコストの減らし方を考える」「売上を増やす活動に力を注ぐ」「上司の仕事を真似る」だ。

 

この3つのポイントのうち、1つだけを独立して実現してもダメだ。3つすべてを実践することが必要だ。これにより、初めて昇進が実現し、君の給与が増えるのだ。それも大幅に増えるはずだ。

 

●配置転換
配置転換を実現するということは、目指す部署の業務に君が適任だと思われるということだ。そのために行動すべきポイントは、3つある。

 

すなわち「武器をつくる」「スポンサーをつくる」「社外の知人や友人を増やす」の三つだ。もちろん、その前に、どこを目指すべきかを決めておく必要がある。

 

配置転換に成功すれば、その組織に合せて、第1または第2の方法を適用しながら、定期昇給や昇進ができる。それにより給与を高めることができるはずだ。

 

転職に際して断言できることは「入りたい会社」は決めないほうがいいということだ。なぜなら、入りたい会社にうまく採用されないと、やる気が失せるからだ。

 

職務経歴書の書き方は簡単だ。職務経歴書をストーリーにするのだ。ついつい、あれもこれも書きたくなるが、その衝動を抑える。それができるからこそ、魅力的な職務経歴書が書けるのだ。

 

中途採用時は、新卒とは別の判断基準がある。もっとも重要なことは「経験」と「能力」だ。面接官は、これを、行動実績を聞くことで判断する。すなわち「行動実績インタビュー」という手法だ。

 

「何を感じたか」ではなく「何をしたか」をはっきりと答えるのだ。実際、このタイプの質問は、チャンスだ。はっきりした行動を答えさえすれば、それだけでプラスのイメージが高まるからだ。

 

人事制度の活用法を知っておくべきだ。たとえば、人事制度が変わる時には、必ず従業員向けに説明会が開催されるはずだ。
この時、必ずメモを持っておくべきだ。当日配られる資料は、持ち帰れないことが多いからだ。

 

説明会のメモをもとに、上司に話をするのだ。「新しい評価制度だと、私の行動はどう評価されるのでしょうか」という具合だ。君の意見は不要だ。上司の意見を聞く質問をするべきだ。

 

これを2カ月に1度行う。なぜなら、評価するのは上司だからだ。そして、上司にとっての気苦労や不安を解消することこそが、君の評価につながるからだ。

 

評価というのは、上司にとって気苦労の種だ。評価である以上、どんな仕組みでも必ず差が表れるものだ。繊細な上司にとって、それは誰かに○、誰かに×をつける作業に思え、精神的に厳しい。

 

だから、上司は、日常の中で評価をあえて忘れるようになる。そして、期末の作業として無難な評価を行おうとする。だが、上司に評価制度について質問すれば、上司はプレッシャー受ける。

 

その結果、上司は2つの感情を持つ。一つは「制度をちゃんと使わなければ」という義務感だ。改めて資料に目を通したり、評価シートを確認するはずだ。

 

これにより、部下であるあなたが、会社の評価制度運用に上司を巻き込むのだ。

 

もう1つの感情は「こいつには、適当な評価はできないな」というゆるやかな恐怖心だ。この感情は、行きすぎると反感になる。だから、上司への質問は1~2カ月に1度だけにすべきなのだ。

 

それも正論を真っ向から振りかざして、議論を吹っ掛けたりしたら、恐怖心は、支配欲に変わる。「可愛げのないヤツだから、評価はC、評価基準は関係ない」となりかねない。気を付けて欲しい。

 

==================
■実践ポイント
==================

●現在の職務経歴書をストーリー仕立てで書く

 

==================
■まとめ
==================

漠然と仕事をしても扉は開かない。
開く扉はないか、扉を開ける鍵を持っている人間は誰か、
常に注意を払おう!!

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

春が一歩ずつ近づいてくる時期になってもいいのに、
依然として寒い日が続きますね(・_・;)
体調に気をつけないと・・・。

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
b210

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る