【120冊目】自分を愛する力(乙武洋匡)

b120

”楽しく生きれるかどうかは、自分を肯定できるかどうかにかかっている”『五体不満足』の著者である乙武さんがたどりついた”自己肯定感”という考え方に触れよう!







==================
■本の概要
==================
【書籍名】自分を愛する力
【著者名】乙武洋匡
【出版社】講談社
【出版日】2013/3/15
【推薦度】★★★★☆
【目 次】
第1章 息子として
第2章 教師として
第3章 父親として
自分を愛せない人への処方箋―対談・乙武洋匡×泉谷閑示

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

本日ご紹介するのは、「自己肯定感の育み方」に関する一冊。

著者は、乙武洋匡さん。
『五体不満足』が500万部の空前の大ベストセラーとなり、多方面で活躍を続けられています。

本書は、そんな乙武さん待望の新刊です!
テーマは、【自分が明るく生きられている理由 = 自己肯定感】

この図式を、息子としての自分、教師としての自分、父親としての自分、この3つの視点から、如何に「自己肯定感は育むことができるのか」を考察していきます。

子どもとの向き合い方が分からなくなっているお父さんにお母さん
生まれたばかりの子どもの子育てに不安になっているパパにママ
教育に携わる先生に先生
自分の存在価値がわからなくなっている貴方に貴女

全ての人に必ず読んで頂きたい一冊です。
そして、”自己肯定感”を少しでも膨らませることが出来れば、社会全体が明るくなることでしょう!

最後に一点!涙腺を刺激されるところが随所に出てくるので、読む場所には注意してください♪♪

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
自己肯定感とは、
「自分が大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在だ」と、自分自身のことを認める気持ち。この”自分を愛する力”が、何より、僕自身の人生の支えになってきたように思うのだ。

 

◆第一章 息子として より

 
現在でも、出生前診断で生まれてくる子どもに障害があるとわかれば、中絶もやむなしと考える人が少なくない。障害者に対する世間の理解や意識は、いまでもその程度なのだ。それが、いまから四十年近くもさかのぼる時代。当時の人々の意識は、「見世物小屋」時代を引きずっていたとしてもおかしくない。
(中略)
そうした時代に、僕を積極的に外へと連れだし、ご近所さんに見せてまわり、少しずつ”応援団”を増やしてくれた母の勇気ある行動に、心から感謝している。こうして、僕は両親からだけでなく、地域の人々からも愛され、認められるようになっていった。

 
(学校が「”何か”あったときのため・・・」、三年半、母親が毎日付き添った時期を受け)
夏は暑かっただろう。冬は寒かっただろう。三年半ものあいだに読みおえた文庫本は、いったい何冊にのぼったのだろう。当時はあたりまえのこととして受けとめてしまった母の献身に、僕はどうやって報いることができるのだろうか。

 
「目に余る”強さ”を削り取り、謙虚な人間に育てていくのか」
「障害をものともしない”強さ”を尊重して育てていくのか」

 
出世が約束された道を、なぜ父は迷うことなく蹴ってしまうことができたのだろう。それは、おそらく自分が生きていくうえでの優先順位を、自分の人生において何が大切なことなのかを、しっかりと意識しながら生きてきたからではないだろうか。建築は楽しい。仕事も大事。でも、何より大切なのは家族だ、と-。

 
わが子が生まれてくるにあたって、ほとんどの親が願うことがある。
「五体満足でさえあってくれたら-」
そうした意味で言えば、僕は多くの親が抱く望みを満たすことなく生まれてきた。でも、いや、だからこそ、両親は僕の育ちをすべて前向きに受けとめ、肯定してくれた。僕は”五体不満足”で生まれてきたからこそ、「ほめる育児」を実践してもらえたのだ。

 
わが子が生まれてくるときに願った「元気に生まれてさえくれれば」「五体満足でさえあってくれたら」-ほとんどの命が、そうした親の願いを満たして生まれてくる。だが、たいていの親は、子どもが無事に生まれてきたことへの感謝を忘れ、いつしか、「あれができない」「これができない」と、わが子の”未熟探し”に没頭してしまう。親だって、自分だって、まだまだ未熟であることをすっかり棚に上げて。

 
周囲に「手も足もない子」などいなかったからこそ、僕はだれかと比べられることなく、あくまで、僕を基準に育ててもらうことができた。オリジナリティを大切にしてもらうことができた。
むずかしいことはわかっている。それでも、僕らが「平均」や「標準」というモノサシを捨て、その子なりの特性や発育のペースを尊重してあげることができたら-きっと、幸せな子どもが増えていくと思うのだ。

 
「まったく、うちの子は、やるまえからすぐにあきらめてしまうんだから・・・・・・」
わが子の消極的な態度に対して、思わずぼやいてしまう親も多い。だが、ひょっとすると、その消極性は、「どうせ、この子には無理だろう」という親の思いが伝染してしまっているだけなのかもしれない。

 
真の厳しさとは、真の愛である-。

 

◆第二章 教師として より

 
「君なら、どうする?」
そんな問いを意識的にぶつけていくことで、模範解答に頼らない「自分なりの答え」を生み出せる子どもに育てていくことができるかもしれない。

 
考えてみれば、僕ら大人と呼ばれる存在だって、けっして完璧ではない。
欠点もあれば、未熟さもある。でも、僕らはみな「完璧ではない自分」と折り合いをつけながら生きているのだ。そんなことは十二分にわかっているはずなのに、どうもわが子に対しては完璧を求めてしまう。それが、親というものなのだということがわかってきた。

 
「ねえ、『好き』って言ってよ・・・」
「バカ、そんなもん、言わなくたってわかるだろ!」
(中略)
「親が子どもを愛するのは、あたりまえ」
おそらくは、ほとんどの親がこうした思いである。だが、子どもの側でも、同じ思いを抱いてくれているかはわからない。何しろ、彼らには親になった経験などないのだ。親の言う「あたりまえ」が、彼らにも通用すると思ったら、大きなまちがいなのではないだろうか。

 
クラス文集のタイトル・・・・・「色えんぴつ」 ←深いエピソードでした

 

◆第三章 父親として より

 
(レールを敷く親に関するエピソードに対して)
この「ありがた迷惑」な状況は、なぜ起こってしまうのだろう。それは、多くの親が、「自分と子どもとは、けっして同じ人間ではない」という前提を忘れてしまっているからではないだろうか。自分の価値観における幸せが、きっと子どもにとっても幸せだろうと決めつけてしまうケースが、あまりにも多い気がするのだ。

 
父親として、息子たちには幸せになってもらいたい。だからと言って、彼らのためにレールを敷いたり、あらかじめ答えを用意したり、自分の幸福観を押しつけたりするつもりはない。それは彼を幸せにするどころか、かえって苦しめることがあることを知っているからだ。ただ愛を伝え、ありのままの彼らを受けいれる。このふたつができていれば、僕は父親としての自分に合格点を与えてやろうと思っている。

 
自分を愛することができれば、きっと人生における景色は大きく様変わりする。
もちろん、それが簡単でないことはわかっている。それでも、みなさんが「健全な自己愛」を育んでいくうえで、本書が少しでも役立つことを祈念して-。

 

==================
■実践ポイント
==================

●自分の人生の優先順位を、1日1回唱える

●他人に不満を抱く時、”自分も未熟”と心の中で唱える

●「自分ならどうする?」を常に意識して物事をみる

●「自分はかけがえのない存在なんだ」と1日1回朝唱える

 

==================
■まとめ
==================

自己肯定感をあなたはどれくらいもっているでしょうか?
自分の一番の応援団は自分だ、くらいに一緒に思ってみませんか?

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

最近、生活リズムを変えようと思考錯誤中。
何をしているかというと、
帰宅したら可能な限り早く寝る(22:30くらいをめど)。
そして、夜中の3時頃に起床。
3時から6時までのたっぷり3時間を自分の時間に充てる。

まだまだ不完全ですが、意外にいけそうです。

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る