【シェア読書:090冊目】変われる人 8000人のキーパーソンと会食してわかったこと(鮒谷周史)

【変わることの意味を知る】
「平成進化論」発行人・鮒谷周史氏が、8000人のキーパーソンと会食してわかった「自分の殻の破り方」をまとめ上げる。「変われる人」が身につけている共通点を理解し、活かそう!

==================
1分間紹介文
==================

 

本日ご紹介するのは、「人生観」に関する一冊。

 

著者は、鮒谷周史さん。
個人としては日本最大級のビジネスメルマガ「平成進化論」の発行人として有名。

 

本書は、約8000人のキーパーソンと会食してきた著者が、自らをつくり替え、変化し続けて自分らしく生きている人の共通点をまとめた一冊

 

人との巡り合いがどれだけ自分の成長に欠かせないか
このことを考察していくことで、自分の可能性に気づき殻を破る方法がわかる。

 

最近、今の生活にはそこそこ満足はしているが、「何か物足りないな」「自分の人生こんなものなのかな」と思っているのなら、この本は大きな気づきを与えてくれる。

 

b090

==================
本がわかる!要約ポイント
==================

 

人は「感情」が伴わない限り、行動できない生き物

 

「何が正しくて、何が正しくない」とか「かく生きるべき」という絶対的なものはないのですから、自分が没頭できるものに時間と労力を投じるとよい

 

「これだ!」と思うものが見つかれば二倍の時間を投入できるし、学びの密度は五倍にもなります。
その結果、十倍の速度で自分を進化させることができるのです。

 

理動や知動という言葉はなくても、感動という言葉はある

 

スポーツ競技にルールがあるように、実社会でも、結果を残すルール(方法)がある(高収入を得て、資産を残すためには、お金を「稼ぐ」「守る」「殖やす」方法を知らなければ結果が残せない)

 

没入×組み合わせが、独壇場を作り出す

 

「賢者は他人の経験に学び、愚者は自分の経験に学ぶ」(ビスマルク)

 

「ミクロからマクロへ、そしてミクロへ戻る」

 

(悪循環をプラスに変える時)若干のパワーが必要になります。自転車のペダルをこぐことをイメージしてください。(最初はかなりの不可→徐々に軽くなり→勢いもつく)

 

==================
これをやろう!3つの実践ポイント
==================

【090-1】「いいな」と思ったことを書きとめる

【090-2】1日3人の心にプラスの痕跡を残すよう努力する

【090-3】著者に出逢うこと(謦咳に接する)を心掛ける

 

==================
今回のまとめ
==================

自分のココロが動く場所に積極的に身を置こう!

 

==================
本日紹介した書籍情報
==================
【書籍名】変われる人 8000人のキーパーソンと会食してわかったこと
【著者名】鮒谷周史
出版社かんき出版
【出版日】2012/1/8
オススメ度★★★☆☆
【こんな時に】自分を変えたいと思ったときに
【キーワード】引き寄せ人脈術マインド
【頁 数】224ページ
【目 次】
第1部 出会いが人生を変える
第2部 人との出会いでわかった成長する人の考え方

 

気になったら、今すぐお手元に!
b090

 

鮒谷周史さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】
メルマガの配信を開始しました!■

登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る