【シェア読書:1010冊目】一瞬で「自分の答え」を知る法(ゼン・クライア・デブラック)

【内なるガイドを呼び覚まそう!】
インスピレーションコーチ、ゼン・クライア・デブラック氏が、自分の答えを一瞬で知る方法を紹介する。思い込みや感情に流されず、進むべき道を示す内なるガイドを知る。

■この本の紹介文

物事を決めるとき。
どこまで自分の声に従っていますか?

 

本書は、人の身体には人生の誘導システムである”内なるガイド”が備わっていると提起し、”内なるガイド”の感じ方から活かし方までを、順を追って指南していく一冊。

 

内なるガイドとは、
あなた自身とあなたの人生を深く理解していて、どの方向に進めばいちばん幸せになれるか熟知する感覚。

 

直感や違和感など、理由は説明できないけどそうせざるを得ないような感情をもつことがありますよね。
これが”内なるガイド”の感覚です。

 

この本では、”内なるガイド”の話しを通じながら、感情が”開く感じ””閉じる感じ”という感覚を知ります。
この2つの感覚は非常に新鮮で、大切にしていこうと思うほど、ワクワクを覚えます。

 

ポジティブな感情にも、”ポジティブに開いた感じ”と”ポジティブに閉じた感じ”がある。
ネガティブな感情にも、”ネガティブに開いた感じ”と”ネガティブに閉じた感じ”がある。

 

”内なるガイド”をきちんと聞ける状態を整える。
言い換えれば、心にゆとり、余裕を育みましょうということです。

 

気をつけないと、心が荒れがちな現代社会。
”内なるガイド”を聞ける状態を整えるのは、とても有効に感じます。

 

◆”内なるガイド”は人生のGPS。

■本がわかる!15の要約ポイント

私たちの身体には生まれながらに人生の誘導システムがインストールされています。
車に備えつけられているGPSのようなものです。
このシステムをインターナル・ガイド・システム、本書では「内なるガイド」「心の声」「直感」などといいます。

 

心配、不安といった感情はあなたに発せられた警告です。
将来の希望や、将来の予測を今一度確認する時期だと知らせているのです。

 

内なるガイドに従って生きると、時がたつにつれて、コインシデンス(偶然の一致)やシンクロニシティ(意味ある偶然)、奇跡、そして普通に運がいいことが当たり前のように起こります。

 

内なるガイドは生まれながらに備わっているものですが、そこから送られてくるサインについて教わる機会はありません。
だから多くの人は「開く感じ」や「閉じる感じ」がサインとは考えず、無視するか、勝手に解釈しておしまいにしてしまうのです。

 

ネガティブな感覚は実は、「いったん立ち止まって、もう一度この状況について別の見方をしてみなさい」というメッセージであると気づくことが重要です。

 

「〜したほうがいい」「〜すべきだ」「〜することが重要だ」「〜しなければならない」の4つです。
これらの言葉は内なるガイドを通じてよく私たちを閉じさせます。

 

思いつくかぎり「したほうがいいこと」「しなくてはいけないこと」「する必要があること」「しなければならないこと」を書き出してください。
書き出しましたら、ひとつひとつ、本当にそれはやらなくてはいけないことか、瞑想して確認していってください。

 

いちばん恐れていることを表に出さなければ、それと対になる願望も見つけられず、最悪のシナリオが心の中に残り続けることになります。

 

人が「コントロールする」という行動に出るのは、恐怖があるからです。

 

次の4つの質問をすることで、ストレスや「閉じる考え」を抱く頻度を減らすことができます。
・これは自分がすべきことだろうか?
・この考えは正しいだろうか?
・今すぐやらなければいけないことはあるだろうか?
・今すぐ行動するために必要な情報はすべてそろっているだろうか?

 

思考がハイジャックされるとき、内なるガイドは「閉じる感じ」を送って「その考えは正しくない」と知らせてくれます。

 

覚えておいていただきたいのは、内なるガイドは「イエス」「ノー」を判定するシステムではなく、どちらかといえばコンパスのようなものだということです。

 

あなたが思っていることすべてが、最終的な決断や状況を左右する材料になるのです。
望んでいるものに近づけば近づくほど、さらに完璧に近い選択肢が浮上してきます。

 

どうするべきか決められないときは、とにかく動いてみることです!

 

内なるガイドに従うと、内なるガイドが人生をうまく整理してくれるので、物事が楽に運んでいくようになるのです。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1010-1】心配・不安を感じたら、立ち止まって自分の声を聞くように心がける

【1010-2】やりたいことを書き出し、「本当にやりたいか?」と瞑想しながら自問する

【1010-3】どうすべきか決められない時は、とりあえず動く

 

■ひと言まとめ

感情が開く方へ、進んでいこう!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】一瞬で「自分の答え」を知る法
【著者名】ゼン・クライア・デブラック
出版社徳間書店
【出版日】2017/6/23
オススメ度★★★☆☆
【こんな時に】自分を見つめ直したいときに
【キーワード】マインド自己対話次元上昇
【頁 数】255ページ
【目 次】
第1章 自分だけのガイドとつながるとうまくいく
第2章 思い込みや感情に流されない決め方
第3章 選択と行動のレッスン
第4章 コントロールをほぐす方法
第5章 内なる声を正確に聴く
終章 最高のタイミングで動き出す

 

この本で、あなたは変わる。

 

ゼン・クライア・デブラックさん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

【仲間大募集中!】101年倶楽部
大人の学び合いの場としてのコミュニティを運営しています(^^)
『学び』をキーワードに、お互い高め合いませんか?

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
一瞬で「自分の答え」を知る法(ゼン・クライア・デブラック)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る