【シェア読書:1007冊目】先延ばしは1冊のノートでなくなる(大平信孝)

【先延ばしよ、さようなら!】
目標実現の専門家・大平信孝氏が、やりたいことを先延ばししない、「ぶっ飛んだ目標」と「10秒アクション」を活用した行動イノベーションメソッドを公開。1冊のノートで覚醒する!

■この本の紹介文

自分のやりたいこと。
先延ばしせずに、どこまでやれていますか?

 

本書は、自分の本当にやりたい「ぶっとんだ目標」と、確実に行動する「10秒アクション」をノートに書くだけの行動イノベーションメソッドを紹介する一冊。

 

この本でいう「先延ばし」とは、
あなたにとって重要な仕事・価値あることを後回しにすること』です。

 

そう、人生を左右するくらいに、重要で価値あることを先延ばししないことが目的です。
些細な先延ばしの話ではありません。

 

人生レベルのことですから、実現までには時間と労力を要します。
ですから、1日でも早く軌道に乗る必要があるのです。

 

この、1日でも早く軌道に乗せる有効な方法こそが、目標は情熱的でかぎりなく高い「ぶっとんだ目標」であり、その目標の達成に向かう「今すぐできる10秒アクション」なのです。

 

「本当にやりたいこと」
もう、先延ばしにするのはやめましょう。

 

「ぶっとんだ目標」と「10秒アクション」
この2つを使いこなすだけで、やりたいことをやっている人生の流れに乗れます。

 

◆やりたいことをやるための2本の剣を手に入れよう。

■本がわかる!15の要約ポイント

サッカーに目指すべき明確なゴールがあるように、あなたの目指すべき方向がはっきり明確に決まる「ぶっとんだ目標」があったら、あなたはどう変わるでしょうか?

 

先延ばしせずにうまくいっているときは、「積み上げ思考」と「逆算思考」の両方をやっている人が多いのです。

 

「本当はどうしたいか?」をいつも自分に問いかけているかどうかです。

 

●目標を書き出す際のポイント
その1:夢や目標の素に「ダメだし」しない
その2:欲望を思うがままに
その3:楽しく無責任でいい
その4:まずは、質より量を
その5:悩みや課題を書き出す

 

あなたが書き出した目標を、「ぶっとんだ目標」にするために最初にすることは、ゴールイメージを持つことです。

 

目標を立てた後に、
・その目標を達成することで、あなたはどんな未来を手にしたいのか?
・なぜ、その目標を達成したいのか?
を考えればいいだけです。

 

●ぶっとんだ目標 6つの分類
1.仕事・社会貢献
2.お金・モノ
3.時間
4.人間関係
5.心身の健康
6.学び・趣味

 

朝いちばんで行動イノベーションノートを書くことで、1日のすべり出しをクリエイティブな状態でスタートできるのです。
すると7万回の思考も「ぶっとんだ目標」の実現に近づく方向で統一されやすくなります。

 

目標はノートに書くことで、より「客観的」できるようになります。
文字化することで、自分自身と対話しやすくなるのです。
書く際のポイントは3つあります。
ポイント1:目標が偏りすぎないように6分野に分類する
ポイント2:あなたの価値観の優先順位を確認する
ポイント3:象徴する写真を貼るか、絵を描く

 

◆デイリーページの書き方
※1ページを4分割にします。
左上:昨日1日で、嬉しかったこと・感謝したいこと・よかったことを書く
右上:改めて、どう感じたかを書く
左下:今日1日、本当はどうしたいかを書く
右下:10秒アクションを書く

 

10秒アクションは、「パソコン上のファイルを開く」「資料を眺める」「音読する」など、行動の内容がわかる、箇条書きレベルの簡単な記入でOKです。

 

「できなかった自分」を責めても、できるようにはなりません。
ですから、行動イノベーションノートを書き忘れた、10秒アクションができなかったということがあっても、今日が終わったらそれは忘れてください。

 

自分のハードルを低くして、「行動」しやすくしてあげる配慮をすると、行動が加速化し、習慣化がうまくいきはじめると思います。

 

目標達成の速度を加速させる方法として、目標をもつ3人でバディを組み、定期的に「行動」結果を報告し合うのもオススメです。

 

続けていれば、小さな変化が必ず起こってきます。
とにかく毎日続ける。
そうすれば、
・気がつけばとんでもないところに来ていた
・先延ばしで悩まなくなった
・自分のやりたいことをサクサク実行できている
・いつの間にか夢が実現していた
ということが必ず起こります。
「継続は力なり」です。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1007-1】ぶっとんだ目標を作成する

【1007-2】10秒アクションを作成する

【1007-3】行動イノベーションノートをつくる

 

■ひと言まとめ

先延ばしより、やるほうが楽しい!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】先延ばしは1冊のノートでなくなる
【著者名】大平信孝
出版社大和書房
【出版日】2017/6/21
オススメ度★★★★☆
【こんな時に】自分を変えたいと思ったときに
【キーワード】引き寄せ次元上昇自己対話
【頁 数】208ページ
【目 次】
第1章 目標設定の仕方
第2章 行動イノベーションノートで大革新
第3章 行動イノベーションノートの3つの実例
第4章 行動イノベーションノートを楽しく続ける工夫

 

この本で、あなたは変わる。

 

大平信孝さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

【仲間大募集中!】101年倶楽部
大人の学び合いの場としてのコミュニティを運営しています(^^)
『学び』をキーワードに、お互い高め合いませんか?

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る