【085冊目】金持ち男になる93の方法(スティーブ・チャンドラー、サム・ベックフォード)

110

”お金持ち 口癖習慣 皆真似る”人生のどん底から億万長者になった著者が送るお金をみるみる引き寄せるための「口癖」「習慣」「考え方」をあなたに伝授!







==================
■本の概要
==================
【書籍名】金持ち男になる93の方法
【著者名】スティーブ・チャンドラー、サム・ベックフォード
【出版社】サンマーク出版
【出版日】2013-01-09
【推薦度】★★★☆☆
【対象者】
・お金持ちになりたい人
・自分を変えたい人
・お金持ちと自分の違いを知りたい人

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

本日ご紹介するのは、「お金との付き合い方」に関する一冊。

お金持ちにはお金持ちの口癖がある
お金持ちにはお金持ちの習慣がある
お金持ちにはお金持ちの考え方がある

言われれば納得することができますよね?

でもよく見てください。この3つというのは、
学ぶことができて、真似ることができることに気がつきませんか?

お金を引き寄せる方法をぜひ学びましょう!!

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
財産を築く究極の目的は、自由を手に入れることだ。自由とは「行きたいところに行き、したいことをし、快適な暮らしをすること」だ。財産を築けば、他の方法では得られない自由を謳歌できる。

 
まず、資産形成は心の中から始まる。常に、偏見を排除するべきだ。「金持ちは浅ましい拝金主義者だ」という固定観念を打破し、清廉潔白なイメージを抱くことが重要だ。

 
お金はクリーンなエネルギーをもっている。それが理解できれば、お金を稼いで活用することが楽しくなる。実際、お金でしか解決できない問題はたくさんあるのだ。

 
お金には流れがある。それは心理的な要因と、深くかかわっている。お金が自分に流れるように、心のあり方を工夫すれば、富は自然に引き寄せられるようになる。

 
ポジティブな口ぐせから始まったことは、強烈な信念になる。やがて、それが大きな推進力となり、人生を成功に導く。それが富を引き寄せるチャンスになり、やがて資産形成が現実のものになるのだ。

 
金持ち男は、自分と前向きな対話をする。「景気が悪いから稼げない」などと言ってはいけない。代わりに「どんな時代でも稼ぐことができる」と自分に絶えず言い聞かせるべきだ。

 
多くの人にとって、資産形成とは「どれだけお金を受け取るか」ということだ。しかし、財産を築きたいなら、そういう自己中心的な考え方は改めるべきだ。

 
お金を与えることに意識を向けると、成功を阻んでいる無意識の抵抗を取り除くことができる。その結果、お金に対する意識がレベルアップする。

 
金持ち男は、汗水たらさずお金を稼ぐ。想像力を駆使すれば、お金を稼ぐ方法はいくらでもある。たとえば、素晴らしいアイデアがあれば、著作権や特許料などで、長期にわたりお金が入ってくる。

 
資産形成では「ゲーム感覚で大好きなことに熱中する」ことだ。お金は、好きなことに熱中している人に流れる。楽しみながら仕事をすると、エネルギーと創造性が高まって、業績につながるからだ。

 
あなたが提示する料金を払えない顧客とは取引すべきでない。「お金が必要だから」という理由で、値引き交渉に応じてはいけない。自分を安売りすると、それだけの価値になり下がってしまうからだ。

 
金持ち男は、本当の自分を見極めるために、自己発見の旅に出かける。本当の自分を見極めることで、より早くお金を引き寄せることができるからだ。

 
資産形成に励むなら体を鍛えることだ。人間は、心と体と魂から成り立っている。そのことを肝に銘じるべきだ。体がより強くなると、心も強くなり、より多くの財産を築くことができる。

 
また、資産形成する上で最高の方法は、自己啓発書を読むことだ。異業種の人の成功体験でも、考え方を学べば自分の仕事に生かせる。うまく応用すれば、同業者がしていないことができる。

 
お金は頑迷な人には流れない。だから、新しいものを愛し、ハイテクをどんどん取り入れるべきだ。ITの新しい枠組みに親しめば、富に対する心の受容性を広げることができるはずだ。

 

==================
■実践ポイント
==================
●一人旅の計画を立てる

●自分が好きなものを書き出す

 

==================
■まとめ
==================
目指せ、経済的自由人!

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

今日は朝晩とウォーキング日和だったので、
家から最寄り駅まで25分くらいかけてウォーキング出勤しました。
毎日歩き慣れた道も、日々の意識で景色が違って見えるから面白いですね♪

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る