線を引いているのは、自分という事実。

■今日の一言

可能性も限界も
決めているのは、自分なのだ。

 

もうこれ以上は、無理です。
このあたりが、限界かな。

 

こうした線引きは、誰がしているのでしょうか。
そう、他の誰でもなく、自分自身なのです。

 

まずは、この事実をきちんと認識することが大切です。
ここを間違えると、小さくまとまった人間になってしまいます。

 

きちんと認識することができたら、やることは1つです。
線をひくタイミングを、一歩一歩遅くしていくだけです。

 

線を引きたくなっても、もう一歩我慢するのです。
いつもより線引きを遅らせることができたら、そこを新しい基準にします。

 

そして、また一歩、線をひくタイミングを遅らせるのです。
これを繰り返すことで、可能性や限界の位置が、どんどん高みになっていきます。

 

その結果、自分でも驚くくらいのことを、成し遂げられるようになるのです。
可能性も限界も、線を引いているのは自分自身です。

 

今日よりも、1ミリでも遠くに線を引きましょう。
それが成長するということでもあるのです。

 

可能性も限界も
決めているのは、自分なのだ。

 

了。

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

【仲間大募集中!】101年倶楽部
大人の学び合いの場としてのコミュニティを運営しています(^^)
『学び』をキーワードに、お互い高め合いませんか?

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る