人生で競い合うべきは、たった一人だけ!

■今日の一言

昨日の自分に克てるのは、
今日の自分しかいない。

 

人生は、競争であるという捉え方があります。
「切磋琢磨」や「ライバル」など、それを示唆する言葉がたくさんあります。

 

しかし、注意しなければいけないことがあります。
それは、競争相手は自分であるという意識をきちんと持つことです。

 

お互いに切磋琢磨する、
良きライバル関係、
これらはあくまで、自分が昨日の自分に克つための発奮材料なのです。

 

「ライバルに勝った!」
「一緒に頑張ったけど自分の方がいい結果だった」
こんな風に捉えることに、なんの価値もないのです。

 

「ライバルの存在がいたから、以前の自分に克てた」
「一緒に頑張れたから、弱かった自分に克てた」
このように捉えることが、正しい競争だと考えます。

 

比較するのは、昨日の自分。
克つべき相手は、昨日の自分。

 

この意識を、しっかり持つことが大切です。
人生で競い合うべきは、たった一人、自分だけなのです。

 

昨日の自分に克てるのは、
今日の自分しかいない。

 

了。

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

【仲間大募集中!】101年倶楽部
大人の学び合いの場としてのコミュニティを運営しています(^^)
『学び』をキーワードに、お互い高め合いませんか?

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る