【シェア読書:926冊目】ヒット商品を生み出す最良最短の方法(濱畠太)

【ヒット商品に偶然なし】
会員1000名超の「商品開発の会」幹事・濱畠太氏が、どうすればヒットを生み出すことができるのか、実践事例から24の法則にまとめる。最良最短の方法を知るとき、ビジネスが変わる!

■この本の紹介文

ヒット商品。
なぜ、一部の商品だけがヒットするのでしょうか?

 

本書は、ヒット商品を生み出す方法を「24の法則」にまとめて紹介する一冊。
1000人以上の商品開発者が在籍する「商品開発の会」での実例に基づいているため、1つ1つの法則は、無駄なく力強い

 

自分で切り拓いていこう!
この覚悟さえ持つことができれば、素晴らしい商品を生み出す力が手に入ります。
力の身につけ方は、この本の中に書かれています。

 

方法を学ぶことはできますが、熱意を学ぶことができません
熱意は、あなた自身が燃やすしかないのです。

 

熱意」と「方法」が合わさったとき。
あなたは、ヒット商品の生みの親になる!

 

◆熱意+方法=ヒット商品!

■本がわかる!15の要約ポイント

『上質な価値観を手に入れようとするならば、日々を大切に、上質な経験を積み重ねるしかない』

 

権威や地位、知名度に惑わされることなく「自分の心はどう感じているか」をまずは見つめ、自らのインスピレーションを優先して判断していきたい。

 

なぜ?
何がすごいの?
と追求していくと、メディアや噂によって聞こえる情報を越えた、ヒットの「本質」にたどり着く。

 

「どうすればイノベーションを起こせるか」ではなく、「当社や自分たちは、仕事に熱意を持ち、夢中になっているか」こそ考え、重視するべきなのだ。

 

人がお金を使うとき、その人には必ず何らかの欲望を満たそうとする目的がある。
その欲望が何なのかを見極めないことには、本心は聞こえてこないのだ。

 

ターゲットをある程度絞り明確にすることで、「自分ごと」、つまり「自分のための商品」として受け取ってもらえる可能性が高まる。

 

自らの商品を手に取り、「これも情報洪水の水の一部だ」と、過酷な現実を直視してから、冷静に対策を練ることのほうが正しい。

 

十人ではなく、”一人十色”とでも言っておこう。
今の日本人はシーンによってキャラクターを使い分けている。
一人の消費者は、数多くのフィールドに別人格として存在するのだ。

 

独自化を進めるとき、すべての人に愛される優等生商品ではなく、ある一部の人たちに支持される商品でありたいという視点で考えると、ことがうまく運ぶ。
競争ではなく、創造を追求していくところに、独自化による商品開発のポイントがある。

 

消費者の価値観が多種多様、複数であるのに対して、競争に勝つ方法が明確な一つであるはずがない。

 

あくまでも模倣は創造に至る出発点である。

 

以下の4点を意識してみれば、発見に至る可能性が高まる。
1.「出来事のつながりから発見する」
2.「出来事の偶然の一致から発見する」
3.「好奇心から発見する」
4.「出来事の矛盾から発見する」
これらを駆使して、嗅覚ではなく「論理的に」発見することも可能である。

 

イノベーションと呼ぶにふさわしい要件を3つ定めておく。
1.初めてのもの(見たことがない)
2.商品化ができるもの(夢物語ではない)
3.賛否両論あるもの(良いか悪いか、よくわからない)

 

「失敗したこと」よりも、「不実行の後悔」のほうが、重く肩にのしかかり、忘れられずに引きずり続ける

 

街を歩きながらちょっと変わったものをみつけたら、必ずストックしておくことだ。
(略)
時代の移り変わりを感じ取って、観察した年月日や場所をメモすると、自分の中の情報量が格段に増え、いつしか断片的な記憶と記憶がつながり、大きなアイデアに育つ瞬間が訪れるかもしれない。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【926-1】お金を使うとき、どんな欲望を満たそうとしているのか記録する

【926-2】どうすれば「自分ごと」だと、相手が思ってくれるかを常に考える

【926-3】「不実行の後悔」は重しになると心得る

 

■ひと言まとめ

ヒット商品は、偶然に生まれない!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】ヒット商品を生み出す最良最短の方法
【著者名】濱畠太
出版社こう書房
【出版日】2016/12/16
オススメ度★★☆☆☆
【こんな時に】明日のマーケティング力を磨きたいときに
【キーワード】発想力問題解決ビジネスモデル
【頁 数】184ページ
【目 次】
第1章 ぶれない自分を作り出す
第2章 アイデアを生み出すための環境を整える
第3章 外してはならない商品開発ポイント
第4章 新しい商品のヒントを探しだす
第5章 イノベーションが起こる確率を上げる

 

気になったら、今すぐお手元に!

 

濱畠太さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る