【シェア読書:899冊目】結果を出し続けている人が朝やること(後藤勇人)

【朝の過ごし方で人生は決まる】
ブランディングプロデューサー・後藤勇人氏が、朝やることで効果を発揮しやすい50の行動を公開する。
結果を出し続けている人が、朝の過ごし方にどれだけ力を注いでいるかを知る。

■この本の紹介文

朝、目が覚めました。
あなたは、ここからどう行動していますか?

 

本書は、朝を意識的に過ごすことが、結果を出すために一番効果的な手段であると説き、著者がみてきた成功者達の行動の中から、実践しやすい50個の行動を紹介する一冊。

 

朝は可能性の宝庫
この本に書かれている1つ1つの行動をゆっくり読んでいくと、こう思えてきます。

 

そして、こうも思えます。
人生は、自分のちょっとした決断1つで変わる」と。

 

あなたの人生が変わるかもしれない「可能性」が50個示されています。
あとは、あなたがそれをやるかやらないか「決断」するだけです。

 

朝を意識的に過ごせば、あなたは変われます。
決断するかしないかは、あなた次第です。

 

◆朝は、可能性の宝庫!

■本がわかる!15の要約ポイント

ベッドの中からなかなか起き出せないとき、うつらうつらしながら、なんとなくいろいろなことを考えていたりしませんか?
その「いろいろなこと」を「仕事のこと」や「プライベートな予定」にするだけでOKです。

 

理想の自分像を10個、書き出しましょう。
このとき、理想の自分を想像し、実際にその姿になるにはどのような道を歩むべきか、つまり、どうしたらその成功ストーリーが成り立つかを考え、具体的にイメージしてから書いてください。

 

ストレッチをすると、どの部分に痛みがあるのか、違和感があるのかをしっかり確認することができます。

 

その日やるべき目標を、3つだけ設定することです。

 

仕事をうまく回すために、毎朝必ずデスクを片づけましょう。
毎日、整えていれば1分ですむはずです。
その姿勢が、素晴らしい現実の成果を呼び込みます。

 

朝であれば、よほどのことがない限り、相手も自分も万全な状態で顔を合わせることができます。
また、人の心理として、わざわざ朝早い時間に会うのだからムダな時間にはしたくないと考えるものです。

 

電車の中は、自分の考えをまとめるのに、とても適している

 

何も考えずシャワーに打たれていると、不思議と心が落ち着き、ビジネスアイデアが浮かんでくることがしばしばあります。

 

朝の思いつきは可能性のタマゴ。
必ず書き残しておきましょう。

 

必ず一度は、日中に外に出て深呼吸をすることです。

 

「今」がどんなによくても、「次」の瞬間どうなるのかはわかりません。
だから、新しいビジネスを考え続ける必要があるのです。

 

怒りの感情を手放すのは、朝が適しています。

 

挨拶は、もちろん相手に伝えるものですが、挨拶を誰よりも近くで聞いているのは、ほかならぬあなた自身。

 

起きたらまず、手帳を眺め、その日一日の進行をイメージします。
車のナビゲーションと同じ要領です。
そうすることで、1日の流れが読めるので、時間を自分主導で動かすことができるようになります。

 

毎朝、数ページでいいので、心の朝食のつもりでお気に入りの古典を読んでみてください。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【899-1】その日の目標を、朝3つ書き出す

【899-2】ベットサイドにメモを置き、寝起きに思いついたことを書き出す

【899-3】目に止まった古典を毎日数ページ読む

 

■ひと言まとめ

朝は、人生の可能性を開く時間!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】結果を出し続けている人が朝やること
【著者名】後藤勇人
出版社あさ出版
【出版日】2016/11/28
オススメ度★★★☆☆
【こんな時に】自分を変えたいと思ったときに
【キーワード】朝活用習慣術次元上昇
【頁 数】198ページ
【目 次】
第1章 最高の自分であり続ける朝のワーク
第2章 仕事で効率よく結果を出す朝のワーク
第3章 チームで結果を出す朝のワーク
第4章 アイデアが高まる朝のワーク
第5章 人との関係が劇的によくなる朝のワーク
第6章 将来の夢を実現する朝のワーク

 

気になったら、今すぐお手元に!

 

後藤勇人さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る