【シェア読書:857冊目】思考は現実化する あきらめなかった人々(デニス・キンブロ/ナポレオン・ヒル)

【あきらめたらそこで終わり】
「思考は現実化する」のナポレオン・ヒルは1つの原稿を残しこの世を去る。黒人ライター・デニス・キンブロ氏がそれを復活させたのが本書。あきらめなかった人々の話で奮い立とう!

==================
この本の紹介文
==================

あなたは今、逆境に立っているだろうか?
あなたは今、人生が苦しいと感じているだろうか?
逆境・逆風に負けずに、前へ進む心を鍛える「あきらめない」ストーリー。

 

本書は、誰でも失敗や望まない状況に陥ることはあるが、そこであきらめてしまうかどうかが未来のあなたの運命を確実に決めると説き、あなたのあきらめない力を養う金言をまとめた一冊

 

差別的な発言になるのを先にお許しいただきたい。
「成功哲学の祖」とまで呼ばれるナポレオン・ヒルの最後の原稿を、なぜ「無名の黒人ライター」であるデニス・キンブロ氏が書くことになったのか。

 

それは、この原稿が、不遇の歴史を戦い跳ね返してきたアメリカの黒人たちに向けて、書いていたからである。
そのため、人種や身体障がい、その他さまざまなハンデを背負いながらも成功を勝ち取った黒人たちのエピソードがふんだんに出てくる。

 

こうした背景から、黒人ライターであるキンブロ氏に、ナポレオン・ヒル財団は原稿を任せたのだ。
そして、キンブロ氏は見事、あきらめずにこの本を完成させた。
まさにこの本が今ここにあることこそが、「あきらめなかった人々」の1つのエピソードになっているのだ。

 

二度とやってこない人生、落ち込んでいる暇はありません。
決して後退せず、前進あるのみ!

 

◆逆境をチャンスに変える。
b857

==================
本がわかる!15の要約ポイント
==================

目標が何であろうと、求める富がどんな形のものであろうと、そこへと続く道の出発点は間違いなく自分が今いる場所のどこかにあるのだ。

 

心理学者ウィリアム・ジェイムズの言葉には、深い含蓄がある。
「楽しいから歌うのではない。歌うから楽しいのだ」。
つまり、人の感情はかなりの程度、行動によって決まるということだ。

 

思考とは、人がコントロールできる唯一のものだ。
あなたが思考をコントロールしなければ、その人間最大の武器は他者に渡るまでだ。

 

人は本当の夢<今の自分ではなく、なりたい自分の姿>を描き始めたときに初めて、自分で課した制約から解放される。

 

行動を促す基本的動機というのはすべて、具体的な目標に対する願望が先にあるからこそ生まれる。
標準的な脳力の人が目覚ましい力を発揮するのは、願望に駆り立てられたとき、行動によって刺激されたときである。

 

何かを成し遂げるためには、それが何であろうと、まず成し遂げられると信じなければならない。

 

あらゆる逆境、あらゆる失望、あらゆる悲鳴の中には、同じだけの恵みの種子(タネ)が眠っている。
偉大な哲学者が述べたように、「神が人から何かを奪えば、代わりにそれ以上好ましいものを必ずお与えくださる」のだ。

 

19世紀アメリカの社会改革家であり作家だった、ジェイコブ・リースの次の言葉を覚えておいていただきたい。
「どうしていいかわからなくなったとき、私は根気よく石をたたき続ける石工を見に行く。彼はおそらく100回もたたいたが、それに見合うだけのひび割れは認められない。だが、101回目にようやく石は2つに割れる。それを成し遂げたのは、101回目の衝撃ではない。その前に振り下ろされた100回なのだ」

 

エイブラハム・リンカーンいわく、「私の歩みは遅い。しかし、決して後退はしない」。
皆さんも後ろに戻らないことだ。

 

自立というのは、他人に何をしてもらえるかという問題ではない。
あなたが自分のために何ができるか、ということである。
あなたは自分がすると決めたことは何でもできる。

 

マーティン・ルーサー・キングの言葉を聞くと、エンスージアズム(熱意)という概念が、自分の日常に即した形で理解できる。
キングはスピーチでこう述べた。
「掃除夫の仕事に就いたなら、ミケランジェロが絵を描くように、ベートーベンが曲を作るように、シェイクスピアが詩を書くように、掃除をしなければならない。天と地に住むあらゆる者が足を止め、ここに立派な仕事をする偉大なる掃除夫が住んでいた、と感心するほど見事に掃除をするのだ」

 

富は、自分は富を得られると思っている者の元にやって来る。

 

奉仕は、あなたが地上で占める空間に対して支払う賃貸料である。
人は他者の人生を豊かにすることなしに、豊かになることはできない。

 

積極的心構えとは、行動、感情、あるいは気分の面での正しい態度や姿勢、と定義できる。
われわれの行動、感情、気分こそ、われわれに対する他者の行動、感情、気分を決定づけるものだ。
そして、われわれの人生に対する姿勢こそが、人生のわれわれに対する姿勢を決定づける。

 

自分の姿勢をコントロールする最も現実的な方法は、自分の目標に集中する習慣をつけることである。

 

==================
これをやろう!3つの実践ポイント
==================

【857-1】夢を思いつくだけ書き出す

【857-2】夢実現のための目標を書き出す

【857-3】目標に向かって行動に集中する

 

==================
今回のまとめ
==================

逆境・逆風の先に目指すものがある!

 

==================
本日紹介した書籍情報
==================
【書籍名】思考は現実化する あきらめなかった人々
【著者名】デニス・キンブロナポレオン・ヒル
出版社きこ書房
【出版日】2016/10/5
オススメ度★★★★☆
【こんな時に】自分を見つめ直したいときに
【キーワード】引き寄せ最高の自分哲学
【頁 数】224ページ
【目 次】
第1章 内なる自分へー最後のフロンティア
第2章 どこまでも羽ばたく想像力
第3章 震えるような願望
第4章 心の壁を突き破る
第5章 何としても、粘り抜け
第6章 最大のチャンスは、常に自分自身の中にある
第7章 熱中したふりをする
第8章 ロックフェラーが本当に欲しかったもの
第9章 六文字の魔法の言葉

 

気になったら、今すぐお手元に!
b857

 

デニス・キンブロさん、ナポレオン・ヒルさん、
素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る