【シェア読書:817冊目】最強の働き方(ムーギー・キム)

【仕事のIQという武器】
年間3000万PVを集める超人気コラム「グローバルエリートは見た!」のムーギー・キム氏が、誰もが天才やエリートに勝てる最強の働き方=仕事のIQを高める77カ条の教訓を紹介。

==================
1分間紹介文
==================

仕事は一生懸命やっていると自負している。
でも、フッとした瞬間に「もっとできないか?」と声がする。
自分の仕事を見つめ直したいときに、読みたい。

 

著者は、ムーギー・キムさん。
世界最大級の外資系資産運用会社を経たのち、香港に移住してプライベート・エクイティ・ファンドへの投資業務に転身。
英語・中国語・韓国語・日本語を操る。
フランス・シンガポール・上海での生活を書き綴った、「東洋経済オンライン」での連載「グローバルエリートは見た!」は年間3000万PVを集める超人気コラムに。

 

本書は、「学業のIQ」ではなく「仕事のIQ」という考え方を提起し、自分らしい仕事を選び、最高水準の仕事をするための「仕事の教科書」として、「仕事のIQ」を高める77カ条の教訓を紹介した一冊

 

(1)最強の働き方を紹介
 ↓
(2)(1)にまつわる著者自身のエピソードを披露
 ↓
(3)仕事に生きる教訓として締めくくる
このフレームで構成されており、各教訓が理解しやすくまとめられている。

 

学べるテーマも、ストレス対策・人間関係・時間管理・学習習慣・信頼・部下育成・自己実現・エリートの陥りやすい落とし穴までと非常に多岐にわたる。

 

誰でも実践可能なスキル・考え方・心構えを体系的に学べるので、自分の現在地を把握するのに役立つ
そして、自分が目指す姿に近づくにはどこを伸ばせばいいか、その指針を立てるのにも非常に有用。

 

あなたにとっての「最強の働き方」がわかる!

b817

==================
本がわかる!15の要約ポイント
==================

「勉強ができるかどうか」を示すIQと「仕事ができるかどうか」を示す「仕事のIQ」は違う。
仕事で成功したいなら「仕事のIQ」を高めるべきだ。
自分が選んだ道で、最高水準の仕事をすることだ。

 

「基本を徹底的に大切にする姿勢」は、どんな業界の一流にも共通している。
職業問わず、一流の仕事とは、つまるところ、一流の基本の積み重ねなのだ。

 

誰にでも当てはまる仕事の基本とは「書く」「話す」「整理する」のこと

 

既知の基本の一つひとつの達成度に、大きな差がついている

 

結局「いい人」でいられるかどうかが、業界やキャリアステージを問わず、非常に重要

 

IQや学歴は、今さら変えられない。
だが「自己管理」なら、今からでもできる。
それなのに「自己管理」をなんとかしようと思わない人が多い。

 

自己管理は「時間管理」「外見管理」「健康管理」「内面管理」「成長管理」に整理できる。

 

一流の人は、やるべきことは自分で決め、上司にも「これもやったほうがいいんじゃないですか」と提案する。
一方、二流の人は、部下から「これ、やらなくていいんでしたっけ」と突き上げられる。

 

一流と二流のマインドセットの差は「主体的に最高水準の仕事を目指せているか」どうかの違い

 

一流のリーダーの共通点は、誰から見ても、自分の役職で世界最高水準の仕事をすることに誰よりもこだわっていること

 

競争が激しくなれば、優秀な人がしのぎを削り、勝負は個人的な仕事の質よりも、どれだけ周りの人に支えてもらえるかで決まる。
個人の頭脳やスキルの差は知れているが、人徳や人脈の差は常に、天と地以上の差がつくものだ。

 

「まわりの人がサポートしてくれない」と嘆く前に、自問すべきは、「自分は周りの人に、一体全体、どんな得をさせただろうか」と自問してみること

 

一流のリーダーは、四方八方から支えてもらえる。
彼らは、人として魅力的で、多くの人から尊敬され、憧れの対象になっている。
反対に、二流の人は、人に疎まれ、四方八方から引きずり降ろされる。

 

「好きなことをする」とは、好きな仕事を全部すること・強みを活かすこと・使命感を活かすこと
「周囲を巻き込む」とは、ビジョンを掲げ組織を作りこむこと
「自由に生きる」とは、捨てる勇気をもつこと・自由に挑戦すること

 

「将来、何をやりたいのか」という問いに、力強く即答できる人などいない。
やっていることに悩みがないと断言できる人もほぼいない。
人生は悩み事の連続なのだ。

 

==================
これをやろう!3つの実践ポイント
==================

【817-1】「書く」「話す」「整理する」の3つにこだわる

【817-2】今の自分の仕事を、世界最高水準にこなすという視点で点検する

【817-3】どれだけ他人に徳(得)を与えているかを常に考える

 

==================
今回のまとめ
==================

1日1日、世界最高水準の働きを目指す!

 

==================
本日紹介した書籍情報
==================
【書籍名】最強の働き方
【著者名】ムーギー・キム
出版社東洋経済新報社
【出版日】2016/7/29
オススメ度★★★★☆
【こんな時に】明日の仕事力を磨きたいときに
【キーワード】働き方リーダーグローバル
【頁 数】376ページ
【目 次】
第1章 一流への道は一流の基本から
第2章 一流の自己管理
第3章 一流の心構え(マインドセット)
第4章 一流のリーダーシップ
第5章 一流の自己実現

 

気になったら、今すぐお手元に!
b817

 

ムーギー・キムさん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】
メルマガの配信を開始しました!■

登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る